2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「人生の特等席」 | トップページ | 「綱引いちゃった!」 »

2012年11月26日 (月)

「花の詩女 ゴティックメード」

Gothic そういえば、「ファイブスター物語」が月刊ニュータイプに連載されていて、確か映画化もしたんだよなあ。
 同時上映が「宇宙皇子」だったっけ。
 その「ファイブスター物語」の作者・永野護が原作・監督・脚本・絵コンテ・レイアウト・原画を手がける劇場版アニメ。

 増加する人類の受け皿であり、列強国の資源調達の場所でもある小さな惑星。
 人々の心の支え は、 記憶を代々受け継ぎ、預言を発する「詩女」の存在だった。
 新しく詩女となった少女ベリンは、任地先である聖都ハ・リへ旅立つ。
 護衛につくのは軍事超大国ドナウ帝国のトリハロン皇子だ。
 反目している二人だが、旅の途中でお互いの考え方がわかってくる。
 一方、裏では巨大な陰謀が蠢いていた…。

 王道と言えば聞こえはいいが、そんな今更な話展開でどうするよ?…と思っていたが、実はこれが思った以上に面白い。
 懐かしい「エルガイム」の雰囲気もあって、個人的には満足!
 アニメとしての動きも滑らかで、ゴティックメードと呼ばれる巨大人型兵器も迫力があって良い。
 ゴティックメードと聞いただけで、「お帰りなさいませ、ご主人様」のメイドの一種かと思ってしまったことを深く反省!
 それにどういうわけか、声優も大物が多数起用されている。
 実は意外に拾い物なのだが、地道な小規模公開しかされていない。
 ましてや、某アニメが目立ちすぎて、すっかり話題にもなっていないが、できればもっと注目されてほしい。
 

人気ブログランキングへ   

« 「人生の特等席」 | トップページ | 「綱引いちゃった!」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/56193408

この記事へのトラックバック一覧です: 「花の詩女 ゴティックメード」:

« 「人生の特等席」 | トップページ | 「綱引いちゃった!」 »