2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「UVERworld DOCUMENTARY THE SONG」 | トップページ | 「闇金ウシジマくん」 »

2012年8月29日 (水)

「ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-」

United 1956年に起こった、マンチェスター・ユナイテッドのチャーター機の航空事故の映画化。
 といっても事件究明をするわけではなく、この事故で主力選手を亡くしたサッカーの世界的名門クラブであるイングランドのマンチェスター・ユナイテッドが、クラブ閉鎖の危機から奇跡の復活を遂げるまでを描いている。
 自分はとりたててサッカーファンではないので、マンUに対しての思い入れもないのだが、歴史物の映画は好きなので、真実の事件を元にどう描くかが興味があった。
 よく事故に遭うと「日常生活には支障はない」と言われる時があるが、スポーツ選手の場合、試合に出て活躍することが「日常」なので、相手によっては無責任な発言になるのかもしれない。
 この映画に出てくる選手も怪我で再起不能の選手もいたので、それが見ていて痛々しい。
 しかし、命あってナンボのものと考えればまた別なのかもしれない。
 仕方ないとはいえ、このような悲劇は後で考えれば色々な要素があり、偶然的でありだからこそ運命だとしかいいようがない。
 映画は淡々と進んでいくが、逆に史実がわかっているので、事故が発生するまでは怖いものを感じた。
 一方では、今までのスポーツものとは違い、選手調達から始まるチーム再生がいかに大変かがひしひしと伝わってくる。
 出演はデヴィッド・テナント、ジャック・オコンネル、ダグレイ・スコット。
 監督はジェームズ・ストロング。
 調べたらイギリスではテレビ放送らしい。
 びっちり史実を予習していくと、もっと面白いが、サッカーファンは必見かも。

人気ブログランキングへ   

« 「UVERworld DOCUMENTARY THE SONG」 | トップページ | 「闇金ウシジマくん」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/55531913

この記事へのトラックバック一覧です: 「ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-」:

« 「UVERworld DOCUMENTARY THE SONG」 | トップページ | 「闇金ウシジマくん」 »