2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 | トップページ | 「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」 »

2012年7月25日 (水)

「おおかみこどもの雨と雪」

Ookami 今でこそ宮崎駿のように名前だけで観客を動員できるまでのアニメ映画監督になってしまった細田守監督。
 一応、自分は映画のデジモンもワンピも観ていて、特に「オマツリ男爵」はそれまでの劇場版とは違う面白さがあって、あっちこっちで布教活動をしたのだけど、所詮子供の映画ということでスルーされてしまった。
 ちなみにこの時は監督の名前を全く意識していなかった。
 結局、細田守の名前を確実に覚えたのは多くの人と同じ「時をかける少女」からだった。
 大林宣彦の映画を頂点とし、それ以外は駄作と言われた「時かけ」だが、まさかアニメ映画で肩を並べる作品が出てくるとは思わなかった。
 その後、細田監督の名前は多くの人に知られるようになり、「サマーウォーズ」も比較的大きな規模で公開され、今回の映画でめでたく東宝系で全国拡大公開となった。
 おおかみおとこと恋に落ちた女性と、生まれてきた2人のおおかみこどもの絆と成長の物語だ。
 生まれてきた子どもは雨の日に生まれたから雨、雪の日に生まれたから雪というネーミングが若干DQNネーム(今はより優雅にキラキラネームと言うらしいが)っぽいが、まあそれは二人の性格を表す記号的意味も含めているということで。
 実は予告編以外の情報を入れてなかったので、どういう話か全くわからず、何となくおおかみこどもが巻き起こすコメディ色の強い映画かと思っていた。
 その要素はないわけでもないが、どちらかというと、極めて真っ当な家族の映画だった。
 ただ唯一違うのは、娘と息子がおおかみこどもであるくらいだ。
 女子大生の花は、学生ではないが講義を聞きにきている男(名前は出てこない)と知り合い恋に落ちる。
 彼には秘密があって、実はおおかみ男だった。
 しかし、花はその事実を受け入れ、二人の間にはおおかみこどもの雪と雨が生まれる。
 二人の子供は普通ではなく、人間からおおかみに変身ぢてしまうのだ。
 花とおおかみおことこが知り合い恋仲になる様子が懇切丁寧に描かれており、見ていて微笑ましく、若い時代の恋愛はそんな感じだと妙に納得してしまう。
 しかし、突然におおかみおとこは死んでしまい、花は子ども二人と途方に暮れてしまう。
 花は田舎で暮らすことを決意する。
 「ルックルックこんにちは」のドキュメント女ののど自慢に出てきても不思議ではない花の境遇は、何も特別ではなく、子どもがおおかみこどもでなかったら、身近に転がっていそうな話だ。
 そう、この作品はどこまでいっても、家族の映画であり、娘と息子がおおかみこどもであろうが、個性の一種位の軽い流され方をしている。
 娘である雪は思春期を迎え、〈人間〉としての自覚が出てくる。
 一方、雨は〈おおかみ〉であることを選択しつつある。
 子どもたちの成長の様子も丁寧に描かれ、特に雪の女性としての自覚や、淡い恋心に近いものは見ている方にガンガン伝わってくる。
 特に台風のエピソードは「台風クラブ」を思わせるものがあり懐かしいものがあった。
 「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」を思わせるところは、岩井俊二の映画の方を先に観ると二番煎じ感があるのは仕方ないっつうことで。
 ファンタジーであるのだが、妙に生活感が漂っているところもあり、逆にそこらへんがツッコまれるところでもある。
 特に子ども達の戸籍どうするの?とか、色々あるのだが、ここらへんは制作側もわかってやっているに違いない。
 極めて地味な展開っぽく見えるが、実は盛り沢山であり、どちらかといえば、大人が感じいるものがあるかもしれない。
 かなり演出的に冒険した作品であり、少なくとも自分は大絶賛ではないけど嫌いじゃないし、どちらかといえば好きな部類だ。
 声の出演は宮崎あおい(B77-W57-H82)と大沢たかお、菅原文太。
 但し大沢は早々といなくなるので、過度な期待をすると肩透かしだ。
 菅原の演じる爺さんのツンデレぶり最強!

人気ブログランキングへ   

« 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 | トップページ | 「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/55273368

この記事へのトラックバック一覧です: 「おおかみこどもの雨と雪」:

» おおかみこどもの雨と雪 [LOVE Cinemas 調布]
『時をかける少女』、『サマーウォーズ』の細田守監督と脚本の奥寺佐渡子のコンビが送る最新作。ヒロインとおおかみ男の恋愛、結婚、そしておおかみこどもの出産とその成長を描きだしている。声優には宮崎あおい、大沢たかお、菅原文太といった実力派俳優が揃った。キャラクターデザインは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの貞本義行が手がけている。... [続きを読む]

» おおかみこども。 [The Remedy]
『おおかみこどもの雨と雪』ネタバレあるかもなので未見の方は注意です。今日のお仕事は健康診断でした。もちろん受ける方。健康診断って良いですよね、ほとんど休みみたいなもん ... [続きを読む]

» [映画]「おおかみこどもの雨と雪」(細田守) [タニプロダクション]
ユナイテッドシネマとしまえん 評点・・・☆☆☆☆★(ダンゼン優秀!) Twitterより転載 素晴らしい!傑作「時をかける少女」にあって、前作「サマーウォーズ」に無かった細田守監督の魅力、センチメンタルな香りが戻ってきた。あの2人きりの教室のシーンのような。「もも... [続きを読む]

» 映画「おおかみこどもの雨と雪」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「おおかみこどもの雨と雪」観に行ってきました。「時をかける少女」「サマーウォーズ」などの作品を手掛けてきた細田守監督の新作アニメーション。なお、今作は映画「メリダと... [続きを読む]

« 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 | トップページ | 「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」 »