2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「メリダとおそろしの森」 | トップページ | 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 »

2012年7月23日 (月)

「ラム・ダイアリー」

The_rum_diary こ、これは真剣つまらない。
 伝説のジャーナリスト、故ハンター・S・トンプソンの自伝的同名小説を、親友でもあったジョニー・デップが自ら製作・主演で映画化。
 ジョニデは前にもトンプソンのドキュメンタリーのナレーションをしていたので、よっぽど仲良しだったんだろうなあと言うことは想像できてしまう。
 だけど、仲良しだったら、せめて故人のためにも面白く作ってあげようよ!
 
 1960年、南米プエルトリコにやってきた新進ジャーナリストのポール・ケンプは、地元の新聞社に就職するが、そこの新聞社は潰れる寸前で、仲間の記者も仕事もせず、昼間っからラム酒を飲んでいるような状態だ。
 ところが、そんな状況にも溶け込んでしまうケンプ。
 ある日、不正な土地取引で金儲けを企むアメリカ人実業家サンダーソンと知り合ったケンプは、彼の婚約者のシュノーと出会い、恋に落ちてしまう。
 しかし、いつの間にかサンダーソンの策略にも巻き込まれていく。
 果たしてケンプの恋と記者としての明日はどっちだ……という話なのだが、色々盛りあがる要素はあるのに、全くそれを生かしきれず、ダラダラと盛り上がらずに終わってしまうのだ。
 いや、もちろん原作がそんなものかどうかは知らないが、せめて映画的メリハリは欲しいわけで、ほとんど酒飲んでいるばっかりで、そりゃあ飲んでいる人はご機嫌かもしれないけど、見ている方は面白いわけではない。
 というより、酒じゃなくて、ジョニデが自分に酔っているだけじゃないの?
 監督はブルース・ロビンソンなんだけど、どっちかといえばジョニデの意向が強いんだろうと思われる。
 久しぶりに素顔のジョニデを見たが、基本的にメイクせずに出ている映画はつまらないことがよくわかった。
 とりあえず、ジョニデ大好きな人で、彼の顔さえ見ていれば幸せという人は大丈夫だろう。

人気ブログランキングへ   

« 「メリダとおそろしの森」 | トップページ | 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/55247914

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラム・ダイアリー」:

» ラム・ダイアリー/The Rum Diary [LOVE Cinemas 調布]
主演のジョニー・デップの親友にして異端のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの同名小説をそのジョニーが製作・主演で映画化。プエルトリコでの破天荒な毎日を描いた文字通りダイアリーだ。共演にアーロン・エッカート、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキンスらが出演。監督・脚本は『キリング・フィールド』の脚本を担当したブルース・ロビンソン。... [続きを読む]

» ラム・ダイアリー / THE RUM DIARY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 『ラスベガスをやっつけろ』の脚本家を担当、親友で自殺してしまった ハンター・S・トンプソン(1937-2005)の自伝的小説を、ジョニー・デップ 自らの企画で映画化し、製作・主演した作品。 6月公開、マ...... [続きを読む]

» 「ラム・ダイアリー」 酔いどれ日記 [はらやんの映画徒然草]
ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの原作を、親友であったジョニー・デップが [続きを読む]

» ラム・ダイアリー [風に吹かれて]
美しい若手女優アンバー・ハード公式サイト http://rum-diary.jp原作: ラム・ダイアリー (ハンター・S・トンプソン著/朝日新聞出版) 1960年、ジャーナリストのポール・ケンプ(ジョ [続きを読む]

« 「メリダとおそろしの森」 | トップページ | 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 »