2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「私が、生きる肌」 | トップページ | 「ヴィダル・サスーン」 »

2012年6月24日 (日)

「アメイジング・スパイダーマン」

The_amazing_spiderman サム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演で4作目を作ると思ったスパイダーマンだが、キャストとスタッフを一新して映画化。
 いわゆるリブートというらしい。
 そして昨今の波に乗って3Dだ。
 日本の特撮物だと、色々な種類を制作していくのだが、アメコミの場合はどちらかというと古典に近いものがあり、新しい解釈や表現でリセットして制作されることが多い。
 今回もサム・ライミのスパイダーマン3部作はそれはそれで作品として認めながら、新しく作っている。
 まあぶっちゃけハリウッド映画も企画がないってことだろう。
 しかし、サム・ライミ版の記憶がまだ新しいので、どうしても比較してしまう。
 スパイダーマン=ピーター・パーカーを演じるのは「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド。
 正直、トビー・マグワイアとどちらがいいかは、どっちでもいいんだけど、アンドリュー・ガーフィールドは少し線が細いかな。
 ヒロインはキルスティン・ダンストが有無を言わせない不細工なので、今回のヒロインであるエマ・ストーンの方がかわいい。
 しかし、残念なことにそのエマ・ストーンでさえも脇役のメガネっ娘にはかなわないのだった。
 話の基本ラインは変わらないのだが、とにかく展開が遅い。
 ピーターが蜘蛛に噛まれるまで→ベン叔父さんが死ぬまで→ピーターがスパイダーマンの完成するまでに1時間近くかかっているのだ。
 そもそもアメコミのヒーローは漫画だと軽く流れていくが、現実世界にいたらかなり異常で、あんな派手なコスチュームを着て動いている理由がよくわからない。
 そのため、アメコミのヒーローの実写化は、コスチュームを着る理由付けを明確にしなくてはならない。
 スパイダーマンの場合、ベン叔父さんの死が色々な意味でのきっかけであり、ピーターが大いなる力をどう使っていくか決心する重要なところでもある。
 しかし、今回の場合、その描き方があまりにも弱く説得力に乏しい。
 正直言うとサム・ライミ版の方はベン叔父さんの死ぬエピソードは文字通り泣けるものがあった。
 ところが今回の場合はそうでもなく、いくらリブートしたから新鮮味はないとしても、一番重要なところがイマイチなのが残念。
 結局、今回の映画は語り口が悪く、全体的にもたついているのは否めない。
 そう考えるとサム・ライミの演出はかなりテンポがよく、語り口がうまかったことを改めて実感した。
 1時間くらい経過して、やっとスパイダーマンとしての活躍が始まる。
 アクションシーンは3Dということも生かしたものとなっており迫力満だ。
 しかし、せっかくの迫力あるアクションもそこに至るまでの動機付けが弱いために生きていない。
 クライマックスの現場のおじさん連中によるクレーンのエピソードは、もっと感動するものがあるはずなのだが、そこに至るまでを描き足らないため、ちょっと不発気味なのだ。
 やたらと長い上映時間なのに肝心の謎が解決していないのも残念なところで、昨今は続編のために色々な謎や伏線が投げっぱなしなのだが、それにも限度があるわけで、ある程度の収拾は必要だ。
 とりあえず、原作の要素は無理っぽいところもあるけど、適当に入れており、ひょっとしてこれも続編と総合して観ていくと面白くなっていくのかもしれない。
 監督は「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ。
 それ故か、日常生活の描き方は青春物を見ているような感じがして悪くない。
 ただ配分が悪いだけなのだ。
 エンドロールで日本語の歌に差し替えがあったのはがっかり。
 映画のエンドロールを日本語のイメージソングと差し替えるのは、過去のどれをとっても評判が悪くなるだけなのに、映画会社は何故同じことを繰り返すのだろう?
 本編前か後にPVを上映しておけば誰も文句を言わないはずなのに、そんなことさえわからないのかな。

人気ブログランキングへ   

« 「私が、生きる肌」 | トップページ | 「ヴィダル・サスーン」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/55040204

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメイジング・スパイダーマン」:

» アメイジング・スパイダーマン/The Amazing Spider-Man [LOVE Cinemas 調布]
サム・ライミ監督がメガホンを取った『スパイダーマン』シリーズ3部作を新シリーズとしてリブート。今回は『(500)日のサマー』のマーク・ウェブが監督を、『ソーシャル・ネットワーク』のアンドリュー・ガーフィールドが主演を務める。共演は『ヘルプ 心がつなぐストーリー』のエマ・ストーン、『星の旅人たち』のマーティン・シーン、 リス・エヴァンスらが出演している。... [続きを読む]

» 『アメイジング・スパイダーマン』(2012) [【徒然なるままに・・・】]
新生スパイダーマン映画を時間の都合がついたので先行公開で見てきました。パート4として立ち上がったものがリブート企画に転じたので、今更スパイダーマンの誕生物語を最初からやらんでも、と期待も何もしていなかったのですが、これはサム・ライミ監督&トビー・マグワイヤ主演の『スパイダーマン』より好きかも。 ピーター・パーカーの家族構成、交友関係、それにスパイダーマンになる経緯などは随分と違っているので、「どうせ前と同じだろ」と構えていると「あれれれれ?」となりかねないくらいリニューアルされてます。 ... [続きを読む]

» 「アメイジング・スパイダーマン」 アメイジングな感じがしないぞ [はらやんの映画徒然草]
クリストファー・ノーランの「ダークナイト」があたったからか、「スパイダーマン」も [続きを読む]

» 「アメイジング・スパイダーマン」 アメイジングな感じがしないぞ [はらやんの映画徒然草]
クリストファー・ノーランの「ダークナイト」があたったからか、「スパイダーマン」も [続きを読む]

» No.318 アメイジング・スパイダーマン [気ままな映画生活]
サム・ライミ監督が手がけた「スパイダーマン」3部作(2002、04、07)からリブートされる新シリーズ。「(500)日のサマー」の新鋭マーク・ウェブがメガホンをとり、「ソーシャル・ネ ... [続きを読む]

» 「アメイジング・スパイダーマン」自らの能力を知った先にみた助けた人たちによるスパイダーマンへのサポート [オールマイティにコメンテート]
「アメイジング・スパイダーマン」は人気シリーズスパイダーマンのリブート版となる新作で、少年が小さい時に研究者の父親が失踪し、10年後に青年となった少年が研究者の父が研究 ... [続きを読む]

» 『アメイジング・スパイダーマン 2D字幕版』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アメイジング・スパイダーマン」□監督 マーク・ウェブ□脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト、アルヴィン・サージェント、スティーヴ・クローヴス□キャスト アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、マーティン・シーン、サリー・...... [続きを読む]

» 【映画】アメイジング・スパイダーマン…2012年12月鑑賞分(ヤッツケ17) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
実に久しぶりの(比較的まともな)更新です。 10月は忙しかったのもありますが、なかなか気乗りせず、ブログに手が出ませんでした …同僚だった人が亡くなったりもした月でもあったので、気持ちも落ち込んでいたのかも知れません 9月の終わりにも少し書きましたが、当ブ...... [続きを読む]

« 「私が、生きる肌」 | トップページ | 「ヴィダル・サスーン」 »