2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ジェーン・エア」 | トップページ | 「バッド・ティーチャー」 »

2012年6月 5日 (火)

「ファイナル・ジャッジメント」

Photo 忘れた頃に公開される幸福の科学の映画。
 いつもは、東映のそれ系の枠で公開だったが、今回は日活で配給となっている。

 2009年、アジアの大国オウランの軍事的拡張に危機感を抱いた青年・鷲尾正悟は衆議院選に立候補するも大敗。
 その数年後、正悟の予想通り、日本はオウラン軍に襲撃され、占領されてしまう。
 独裁体制をにより言論と宗教の自由は奪われ、批判する者は粛正されてしまう。
 そんな中、正悟は地下抵抗組織 ROLEと合流し、日本の未来のためにオウラン軍と戦う決心をする…。

 この映画を観にいく人は関係者かネタで観にいくかのどちらかだろう。
 もちろん、自分は後者なのだが、基本的に映画が面白ければ誰がどう関係していようが関係ない。
 自分は映画無差別主義者なのだ。
 アジアの大国オウランがどこの国をモデルにしているかは、ちょっと想像すればわかるし、2009年の衆議院選に大敗も当然モデルがあることは想像に難しくない。
 それらを踏まえて将来を見越して、映画で警鐘しているのかもしれない。
 今回、アニメではなく実写というのに、リアルさを出したかったのかもしれない。
 ところが、残念なことにそれが裏目に出てしまい、安っぽいところはとことん安っぽい。
 いきなり戦闘機やヘリコプターが街中にやってくるのは絵的に面白く迫力があったし、劇場の音響設備だと腹に響いて良かったのだが、セットがテレビの特撮物っぽい感じだったり、オウラン軍が意外に少なかったりして、そこらへんが極めて微妙。
 演技が妙に演劇っぽいのも残念。
 しかし、一番厳しいのは、2時間近い上映時間がもつ程、話がないことで、途中でダレてしまうのだ。
 その割には最後はいきなり終わってしまう。
 やっぱり実写よりもアニメの方が良かったかもしれない。
 出演は三浦孝太、海東健、宍戸錠。
 ヒロイン役がスリランカのウマリ・ティラカラトナ(B82-W72-H94)
 何故、彼女が起用されているかよくわからないが、浮いていることだけは確かだ。
 監督は「あかね空」の浜本正機。
 エンドロールの監督の名前の後の協賛企業の羅列はお約束っつうことで。
 10月のアニメに期待!

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ジェーン・エア」 | トップページ | 「バッド・ティーチャー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/54878576

この記事へのトラックバック一覧です: 「ファイナル・ジャッジメント」:

» 映画「ファイナル・ジャッジメント」@109シネマズ川崎 [新・辛口映画館]
 公開から4日目の平日昼間。上映館のシアター4には30名弱くらいの寂しい客入りだ。本作の画面サイズはビスタなのだが、何故か予告編用に使ったシネスコサイズのまま、ビスタ作品を上映する一流劇場とは思えない怠慢ぶりである。     映画の話  アジアの大国、オウランの軍事的拡張を脅威に感じた26歳の青年、鷲尾正悟(三浦孝太)は、2009年の衆議院議員選挙に立候補するも落選。しかしそれから数年後、正悟の予測は的中し、日本はオウランに占領され、言論や信教の自由が弾圧される事態に。正悟は地下組織...... [続きを読む]

» 映画「ファイナル・ジャッジメント」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ファイナル・ジャッジメント」観に行ってきました。宗教団体である「幸福の科学」の大川隆法が製作総指揮を手掛ける、近未来の日本を舞台に繰り広げられる近未来予言?作品。... [続きを読む]

» ファイナル・ジャッジメント [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
2009年、アジアの大国オウランの軍事的拡張に危機感を覚えた青年、鷲尾正悟は友人の中岸憲三らと共に「未来維新党」を立党し、衆院選に立候補する。オウラン人女性のリンらの協力者 ... [続きを読む]

« 「ジェーン・エア」 | トップページ | 「バッド・ティーチャー」 »