2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「スノーホワイト」 | トップページ | 「私が、生きる肌」 »

2012年6月22日 (金)

「アーティスト」

Artist 21世紀になってサイレント映画がアカデミー賞作品賞をもらうとは!!
 いや21世紀だからこそ、逆に新鮮なのかもしれない。
 もっというと、米国アカデミーなのにフランス人監督でフランス人俳優が出演だそうな。
 ある意味、米国アカデミー賞の懐の深さを感じる。
 もちろん、裏にどんな事情があろうともだ。
 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターのジョージ・ヴァレンティンは、新新人女優ペピーと出会う。
 ジョージのアドヴァイスをきっかけに出演作が増えていったペピーは、やがてトーキー映画のスターへと駆け上がっていく。
 一方、サイレントにこだわるジョージの人気はめきめきと陰りを見せていく……。
 昔からハリウッド映画は映画創世記あたりのネタは評判が良い。
 同じ時期にアカデミーの候補になったスコセッシの「ヒューゴの不思議な発明」も映画初期のネタだったしね。
 サイレント&白黒映画であるだけに、あまり複雑な話は難しい。
 いやだからこそ、脚本と演出に相当の技量がいるのだ。
 しかし、この映画は見事それらをやりとげてしまった。
 あまりにもシンプルであるのに、いやシンプルであるからこそ登場人物の気持ちがストレートで伝わってくる。
 古典的な映画だが、撮影技術は最新であり、今の技術でモノクロ&サイレント映画を作るとこんな風になりますよという例でもあるのだ。
 いやはや、これは素晴らしい。
 アカデミー賞を受賞できたのも当然だといえる。
 出演はジャン・デュジャルダンベレニス・ベジョ。
 そうはいいながら一番凄いのは劇中で主人公の愛犬を演じたタレント犬アギーの名演だな。
 監督は「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のジャン・デュジャル
 えええ、OSS117ってまだ映画化してたことに驚き!
 でも日本では全国公開してないんだよなあ。

人気ブログランキングへ   

« 「スノーホワイト」 | トップページ | 「私が、生きる肌」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/55021722

この記事へのトラックバック一覧です: 「アーティスト」:

» アーティスト/The Artist [LOVE Cinemas 調布]
新しい時代に対応できないサイレント映画のスター俳優と、その彼に見出されトーキー映画のスターへと上り詰める女優、2人のロマンスをモノクロ映像で描いたサイレント映画だ。『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』の監督ミシェル・アザナヴィシウスが脚本と編集も務め、主演の俳優も同作品のジャン・デュジャルダン、ヒロインをベレニス・ベジョが演じている。古きよき映画の時代が偲ばれる作品だ。... [続きを読む]

» アーティスト/ THE ARTIST [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳...... [続きを読む]

» 「アーティスト」 映画の進化 [はらやんの映画徒然草]
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する [続きを読む]

» 映画『アーティスト』を観て〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
12-36.アーティスト■原題:The Artist■製作国・年:フランス、2011年■上映時間:101分■字幕:寺尾次郎■観賞日:5月12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・脚本・編集:ミシェル・アザナヴィシウス◆ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)◆ベレニ...... [続きを読む]

« 「スノーホワイト」 | トップページ | 「私が、生きる肌」 »