2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ソウル・サーファー」 | トップページ | 「シグナル~月曜日のルカ~」 »

2012年6月18日 (月)

「愛と誠」

Aitomakoto 「天才バカボン」目当てで読んでいた週刊少年マガジンだが、そのうちに他の漫画も読むようになってきた。
 その中には「愛と誠」も入っているのだが、やたらめったら熱い話で、結構グロいシーンもあったりして衝撃的だった。
 一方では少年漫画とはいえ、あまりにも壮大でベタな恋愛劇に、女性のファンも多かったように思う。
 それだけの人気作であれば、映画やテレビドラマになっても当然で、自分が観たのは西城秀樹と今は亡き早乙女愛(B85-W58-H85)だった。
 当時、秀樹はどうよ?と思ったが、当時の彼の人気は凄まじいものがあったので、この起用は成功だと言える。
 早乙女愛は当時は清純路線であり、まさか「女猫」でヌードになるとは当時誰も思わなかっただろう。
 と、まあこれが1970年代の話であって、まさか21世紀に映画化されるとは誰も考えもしなかっただろう。
 もはや、物語や時代があまりにも古くなりすぎて時代劇の域に突入しつつあるわけだが、一方では「あしたのジョー」さえも実写映画化しているくらいなので、何でもありなのかもしれない。
 ところが、実際に観てみると21世紀の「愛と誠」は意外にも真面目に作ってあるのに驚いてしまう。
 予告篇を見ると、正月に放送している「かくし芸大会」の中の劇や、懐かしの「月曜ドラマランド」のように思えるのだが、実際にはそうではなかった。
 賛否両論に分かれるミュージカルも、今や古典となりつつある原作を21世紀に映画化するにおいては極めて有効的であり、例えば真面目に実写化しても1970年代に作られた松竹版の焼き直しでしかなく、それこそ失笑物である。
 例えば「ロミオとジュリエット」を映像化するにしても色々な方法があるわけで、今回の「愛と誠」はバズ・ラーマンが監督したレオナルド・ディカプリオ主演の「ロミオ+ジュリエット」と同じようなものだと思えば納得できてしまうのだ。
 そう考えると最初に西城秀樹の「やめろと言われても、今では遅すぎる」という歌は正にその言葉通りで、やめるわけにはいかない。
 つまりあの歌が、この映画の世界観を説明しており、ここでいくら抵抗したところで、「やめろと言われても、今では遅すぎる」のだ。
 また、この歌は何気に西城秀樹の歌であることで、松竹版の方に敬意を払っていると思うのは考えすぎか。
 漫画の映画化というとどうしてもキャスティングが気になるところ。
 太賀誠を演じているのが妻夫木聡って、彼の学生役は30回ってもありなのか?


Aitomakoto1_2


 早乙女愛役の武井咲(B76-W58-H82)は髪形のせいか、原作の雰囲気を掴んでいたと思う。
 むしろ、この役を30過ぎの女優が演じていたら、それは昔のエロ映画になってしまう。

Aitomakoto2_2

 しかし、主演の2人があまり目立たないのは脇役にキャラの濃い役者が配置されているからで、特に岩清水弘を演じる斎藤工とガムコを演じている安藤サクラ(B83-W58H80)、さらには座王権太役の伊原剛志のハイテンションな怪演はあまりにも目立ちすぎ。
 特に斉藤工は岩清水のうざいくらいの熱いキャラを演じきっている。

Aitomakoto4_2


 今考えると、岩清水のキャラって単なるストーカーでしかない。
 ちなみに今更だけど「1・2の三四郎」の岩清水健太郎は彼のパロディということは今更説明するまでもない。
 安藤サクラはパンツまで見せての熱演だが、残念なことに微塵も色気を感じない。

Aitomakoto6_3

 まさか原作の逆さ吊りが再現されるとは思わなかった。
 あれって、連載で読んでいた時はかなりショッキングだったので、ちょっとトラウマが甦ってきたですよ。
 原作の座王権太は、不細工&太っているというイメージなので伊原はちょっと違う感じがしたが、おっさんにしか見えん病と悩んでいる設定で許せた(笑)

Aitomakoto3
 実は趣味が鉄ちゃんという設定は映画では当然触れていない。
 高原由紀役が大野いと(B80-W59-H85)ってどうよ?と思った。

Aitomakoto5
 何しろ原作は寂しい大人の色気が漂っていたからだ。
 しかし、それよりも大野いとが「高校デビュー」の時よりも痩せていて誰かすぐにわからなかった。
 演技は相変わらずなのだが…。
 個人的には砂土谷峻が出てこなかったのが残念。
 監督が「クローズZERO」「ヤッターマン」の三池崇史なので、手堅くまとめてあるし、笑いも適度に入っており、皆がツッコむようなところも劇中でツッコんでいるので、確信犯的にやっていることがわかる。
 幼少の頃をアニメで見せているのだが、ここはやっぱり、ながやす巧先生の絵を使うべきだったと思う。
 しかし、今回は角川映画で講談社が関係していないのは何故?
 ただ、異色かつ意欲的な作品だけど、上映時間が長すぎる。
 ミュージカルのシーンがあるので、そうなってしまうのは仕方ないかもしれないが、ここは2時間以内でまとめるべきだろう。
 ちなみに観客は異常に少なく、興行的に失敗している感じは否めない。
 将来的にはカルト扱いになってしまうだろうなあ。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ソウル・サーファー」 | トップページ | 「シグナル~月曜日のルカ~」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは『愛と誠』関係のブログをネットサーフィンしている者です。
 今回の映画化は原作好きの者にとっては喜ばしいかぎりです。
 もしよろしければこちらのサイトにも一度遊びに来てください。『愛と誠』関係に関する出演者ブログやニュース、他の方の感想ブログのリンク一覧にまとめており、また『愛と誠』に関する書き込みならなんでも書き込んでください。
・ 映画『愛と誠』ネタバレ掲示板 http://aimako.bbs.fc2.com/
他にも
・ 『愛と誠』覚え書き      http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/201X.html
・ 梶原一騎ファンサイト『一騎に読め!』 http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/54988902

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛と誠」:

» 愛と誠 [LOVE Cinemas 調布]
梶原一騎原作、ながやす巧作画の同盟漫画を映画化。両家のお嬢様と不良の青年の数奇な運命と恋を描いている。主演は『悪人』の妻夫木聡と武井咲。共演に斎藤工、加藤清史郎、余貴美子、市村正親らが出演している。監督は『一命』などヒット作多数の三池崇史。音楽・小林武史、振付・パパイヤ鈴木が担当するミュージカルシーンにも注目だ。... [続きを読む]

» 「愛と誠」 ひたむきにまっすぐに [はらやんの映画徒然草]
梶原一騎さん原作の純愛マンガの三池崇史監督による映画化作品です。 「愛と誠」は今 [続きを読む]

» [映画『愛と誠』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・素晴らしかったですね^^  この作品、凄く見たかったのですが、昨夜は、彼女との口喧嘩で帰宅が遅く、  今日はバイトを終えて、どうにも、私の行動範囲のいつもの映画館(ワーナーマイカル・日の出/武蔵村山/多摩センター。MOVIX・昭島/橋本)は間に合い...... [続きを読む]

» 映画『愛と誠』 観てきましたよ~~♪ [よくばりアンテナ]
今日こそ『ホタルノヒカリ』観ようって思って映画館行ったはずなのに、 なんか急に、やっぱこっちみようって気が変わった。 三池監督作品、実は初めてなのです。 食わず嫌いだったかも(*^。^*)意外と...... [続きを読む]

» 「愛と誠」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
インドなんか行かなくても三池崇史はしっかり仕事してるでしょ。 俺が「ロボット」の感想で「三池崇史も、インド行きゃあ、やりたい放題できるんじゃないか」って口走ったのをまだ根に持っているのか。 根に持っているんじゃなくて、日本にいたって工夫次第じゃ、こうい...... [続きを読む]

» 映画:「愛と誠」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成24年6月24日(日)。 映画:「愛と誠」。 監  督: 三池崇史 原  作: 梶原一騎 / ながやす巧 脚  本: 宅間孝行 音  楽: 小林武史 振  付: パパイヤ鈴木 キャスト: 妻夫木聡 (太賀誠)・ 武井咲 (早乙女愛)・ 斎藤工 (岩清水弘) 大野…... [続きを読む]

» 「愛と誠」 (2012) [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2012年・日本/配給:角川映画=東映監督:三池崇史原作:梶原一騎、ながやす巧 脚本:宅間孝行撮影:北 信康音楽:小林武史振付:パパイヤ鈴木特別協力:真樹日佐夫企画:土川 勉、伊藤秀裕エグゼクティブプ... [続きを読む]

» 「愛と誠」喧嘩の死闘の末にみた愛の命を救ってくれた恩人の誠意 [オールマイティにコメンテート]
「愛と誠」は1974年に公開された「愛と誠」をリメークした作品で、舞台は1970年代で境遇の違う不良にお嬢様が恋をした事から2人は次第に運命に引き込まれていき、壮絶な ... [続きを読む]

» 「愛と誠」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
自分(giants−55)が属する世代を「〜で育った世代」という表現で表すならば、「アニメで育った世代」や「特撮で育った世代」、「歌謡曲で育った世代」等が挙げられる。そして「梶原一騎作品で育った世代」というのも、忘れてはいけないだろう。 漫画原作者と...... [続きを読む]

» 『愛と誠』 メタメタな大傑作 [映画のブログ]
 奇才アレハンドロ・ホドロフスキーはDVD-BOX収録のインタビューにて、注目する映画監督を尋ねられ、三池崇史監督の名を挙げている。  そのホドロフスキーの代表作『エル・トポ』は、「もしフェリーニが西...... [続きを読む]

» 衝撃映像!!!!!武井咲 永久保存版お宝放送事故動画 ヤンキー時代の写真 [乳首が丸見えになってしまった『武井咲』の放送事故]
武井咲・永久保存版お宝放送事故動画 [続きを読む]

» 衝撃映像!!!!!武井咲 永久保存版お宝放送事故動画 ヤンキー時代の写真 [乳首が丸見えになってしまった『武井咲』の放送事故]
武井咲・永久保存版お宝放送事故動画 [続きを読む]

» 毒物のような純愛、殺陣のような歌劇 『愛と誠』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:三池崇史出演:妻夫木聡、武井咲、斉藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親日本映画 2012年 ・・・・・・ 7点 [続きを読む]

« 「ソウル・サーファー」 | トップページ | 「シグナル~月曜日のルカ~」 »