2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ロボット」 | トップページ | 「キラー・エリート」 »

2012年5月14日 (月)

「貞子3D」

Sadakod 「リング」は確かに怖かった。
 演出もさることながら、呪いのビデオの映像が感覚的に怖いものがあった。
 劇場で叫び声が響き、へたするとそっちの方が怖かった。
 さらには物語も面白く、助かるための時間との競争や愛する者のため、何が何でもやらなくてはいけない状況が緊迫感を生み、稀にみるホラーの傑作であり、その後の日本映画のホラーの形を作ったと言っても過言ではない。
 当然、ヒットしたら続編ができるのは当たり前だが、残念なことに続編を作れば作る程面白くなくなっていくのも当たり前で、新作ごとにどうしようもない完成度になっていく。
 これはハリウッドリメイクも同様で、どうしても日本独自のねっとりした感じが出ないのだ。
 今回は3Dという新しいアイテムが出てきたので久しぶりにシリーズ復活!
 21世紀なので、さすがにVHSの呪いのビデオではなく、ネットの動画になっている。
 その動画もニコニコ動画というのが今風だ。
 ニコニコ動画のある生放送を見た人間が全員、同じ時刻に死亡し、サイトの管理者も死亡。
 放送終了後も、その動画がウェブ上にアップロードされ続け、見た人は謎の死を遂げてしまうという話で、テレビからPCのモニター、果てはスマホからも貞子が出てくるというもの。
 そういえば、ハリウッドリメイクの「リング」の続編が、あらゆるモニターから大量の貞子が出てくる企画があったらしいが、それに近いものがある。
 さらには3Dにすることにより劇場のスクリーンから貞子が飛び出すことにより、物語を体感してもらおうという企画だ。
 ところが、残念なことに見事につまらない。
 自分は怖い映画は苦手だが、つまらない映画はもっと苦手だ。
 何が残念かというと、呪いの動画が全く怖くない。
 やっぱりあの何かよくわからないが怖いと思わせる映像くらいの怖さがないとダメだ。
 それにニコニコ動画を見て死んだ人が5人って、どんだけ少ない閲覧数なんだよ。
 そして肝心の貞子も「スターシップトルーパーズ」のバグみたいになっているし、最後のオチもなんだかなあだし、そもそもヒロインが狙われる理由があまりにも唐突というか説得力がないし、あまりにも都合が良い。
 ご都合主義は色々なところに出ていて、ヒロインがいつのまにか棒術の達人になっているとか、言い出したらきりがないくらいツッコミ所満載!
 何よりも致命的なのはホラーなのに失笑する箇所は多いのに、怖いところが何もない。
 怖いと思われる箇所も音で驚かせているだけなのだ。
 見所が主演の石原さとみ(B82W58-H82)がかわいいだけであり、これは「プリンセストヨトミ」の見所が綾瀬はるか(B88-W61-H91)の乳揺れだけなのと同じくらい少ない。
 監督が「ハンサム★スーツ」「高校デビュー」の英勉なので笑えるのは当然なのか?
 3Dは思った以上に立体感はあったが、話がつまらないとどうしようもない。
 そう考えると昔の方が今より技術は劣るけど遥かに怖かったことを思い知らされた。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ロボット」 | トップページ | 「キラー・エリート」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「リング」の怖さは奇跡的だったのか・・・。

きっと使いこなした2Dで、限界まで考えた怖さと、
使いこなしてない3Dで、出来る事をってみた怖さ、

どっちがコワイか。そんな技術的側面もあるのかな。
3Dという表現方法は、意外に難しいんだなぁ~、
そんな感想をしみじみ感じてしまいました。


ただね、残念な記事も見つけちゃったりして。
http://www.birthday-energy.co.jp/
なんでも鈴木先生、いまが仕上げの時期。
これを過ぎたら下がり目に入ってゆくとな。

もし本当だったら、こっちも怖いな・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/54705343

この記事へのトラックバック一覧です: 「貞子3D」:

» 貞子3D [LOVE Cinemas 調布]
1988年に映画化されて大ヒットした『リング』が3Dで復活!鈴木光司書き下ろしのシリーズ第5弾『エス』が原作だ。今回は観ると死ぬといわれるネット動画を基点に物語が展開されている。主演は『漫才ギャング』の石原さとみ。共演に『ランウェイ☆ビート』の瀬戸康史、山本裕典、田山涼成らが出演している。監督は『ハンサム★スーツ』、『高校デビュー』などの英勉。... [続きを読む]

» 貞子3D [だらだら無気力ブログ!]
もうタイトルからして・・・どんな程度なものか推測できる・・・。 [続きを読む]

» 貞子3D  監督/英 勉 [西京極 紫の館]
【出演】  石原さとみ  瀬戸 康史  田山 涼成 【ストーリー】 鮎川茜が教師を勤める女子高で、動画サイトに投稿された、自殺を生中継した映像が噂となる。しかも、その生中継を偶然見ていた人も死んでしまったという。茜の教え子・典子が不可解な死を遂げ、さらに時を...... [続きを読む]

« 「ロボット」 | トップページ | 「キラー・エリート」 »