2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」 | トップページ | 「ダーク・シャドウ」 »

2012年5月18日 (金)

「KOTOKO」

Kotoko 「鉄男」の塚本晋也が監督。
 シンガーソングライターのCocco主演。
 子供を守りたい と強く思うあまり精神の均衡を失っていく女性と、彼女の歌に魅了され、彼女を 献身的に支えようとする小説家の行く末を映画化。
 え、第68回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門最高賞(グランプリ)受賞っすか?
 ふ~ん、すいません、そんな凄い賞をもらった作品なのに、自分には全く合わなかった。
 激しく動き回るカメラとか大音響も、確かにヒロインの心理状況を描いているのはわかるのだけど不愉快極まりなく、特に大音響は耳が痛い。
 物理的な効果で体感させるにしても、健康を害するようなものは良いとは思えない。
 もっといえば、塚本氏晋也っていつまでこんなことやってるの?
 Coccoは「大丈夫であるように -Cocco 終らない旅‐」を観た時に、痛い感じがして今一つ好きになれない。
 さらに今回は役柄とはいえ、さらに痛々しいものがあった。
 映画としてはわかるのだけど、根本的に自分には合わないっつうことで。
 

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」 | トップページ | 「ダーク・シャドウ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/54737147

この記事へのトラックバック一覧です: 「KOTOKO」:

» KOTOKO [LOVE Cinemas 調布]
我が子を愛するが故に精神のバランスを崩してしまった母親、そしてその母親の歌う唄に魅せられてひたすら献身的に愛を捧げる男の2人を描いた人間ドラマ。大人気シンガーソングライターのCoccoと鬼才・塚本晋也監督がタッグを組み、出演もこの2人が務めている。他にもプロデュース・企画・脚本・撮影・編集を塚本晋也、企画・原案・美術・音楽をCoccoが担当した。... [続きを読む]

« 「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」 | トップページ | 「ダーク・シャドウ」 »