2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」 | トップページ | 「名探偵コナン 11人目のストライカー」 »

2012年4月17日 (火)

「ももへの手紙」

MomoMomo_2 父を亡くし、母と2人で東京から瀬戸内の小さな島へとやって来た11歳のもも。
 彼女の手には、「ももへ」とだけ書かれた父からの書きかけの手紙が遺されていたが、その後何と書きたかったかはわからない。
 仲直りできないまま逝ってしまった父親のことで胸がいっぱいで、慣れない場所での新しい生活にも馴染めずにいた。
 しかし、不思議な妖怪達と出会うことにより、生活が変化していく。
 さらに妖怪達にはある使命があった…。

 良く言えば優等生的、悪く言えば当たり障りのない映画だった。
 妖怪が出てきたり、その妖怪達の後半の公道が「千と千尋の神隠し」や「となりのトトロ」を思わせるところがあり、どうしても比較してしまうのが、この映画の不利なところだ。
 自分はすっかり荒んだ大人なので、主人公のももよりも、彼女の母親の方に共感してしまう。
 いきなり夫に死なれ、難しい年頃の娘を抱えながら、郷里に戻り、働きながら資格を取る。
 喘息持ちであり、さらに女盛りとくれば、並大抵の苦労ではない。
 それに比べたら、娘の苦労なんかと思ってしまいそうだが、転校がかなり辛いことを知っている自分としては、彼女の不安定な気持ちは痛い程わかってしまう。
 妖怪の行動が若干不自然というか、変なのだが、少々筋が通ってなくても仕方ない。
 だって人間じゃなくて妖怪なんだから、何を考えているかわからないし、人間と思考や行動が違うのは当然だろう。
 実は、主人公だけでなく脇に至るまでの登場人物の描写が細かく、生々しい。
 特に笑うと口元にしわができるのだけど、それが「桃太郎・海の神兵」に近いものを感じたんだけど、それってやっぱ自分だけっすか?
  肝心の父親の手紙の内容だが・・・・・・これはちょっと泣けたよ。
 監督は「人狼 JIN-ROH」以来12年ぶりの沖浦啓之。
 7年の製作期間をかけて完成させたらしい。
 「スチームボーイ」みたいにいつのまにか最新映像が古くならなくて良かった。
 声の出演は、ももを美山加恋(B79-W65-H85)、ももの母親を優香(B87-W59-H85)が演じている。
 優香は言われないと気付かないし、思った以上に悪くない…って優香の声って全く覚えがない。
 多くの人は覚えているのは豊満な胸くらいじゃない?

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」 | トップページ | 「名探偵コナン 11人目のストライカー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/54490026

この記事へのトラックバック一覧です: 「ももへの手紙」:

» ももへの手紙 [LOVE Cinemas 調布]
父を亡くした母と娘が瀬戸内海の島へと移り住む。そこで少女は不思議な妖怪3人組と出逢うのだった…。『人狼 JIN-ROH』の沖浦啓之監督が7年の歳月をかけて完成させた長編アニメーション。作画監督に『千と千尋の神隠し』の安藤雅司、作画を『AKIRA』の井上俊之や『猫の恩返し』の井上鋭らが担当する。声優は美山加恋、優香、西田敏行、山寺宏一、チョーらが務める。... [続きを読む]

» 映画「ももへの手紙」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ももへの手紙」観に行ってきました。沖浦啓之監督が7年の製作期間をかけて完成させた、120分長編アニメーション作品。今作は本来、2012年4月21日に劇場公開される... [続きを読む]

» 『ももへの手紙』 [こねたみっくす]
こうなったらヤケクソでござる!の見守り組がいいんだなぁ〜。 あの大傑作『人狼 JIN-ROU』以来となる沖浦啓之監督の最新作は、まさにProductionI.G.版『となりのトトロ』なんですけど、 ... [続きを読む]

» 『ももへの手紙』| 派手さはないけれど、ていねいに作られた良品でした。 [23:30の雑記帳]
(ネタバレあります!) 観終わったとき、温かな感動がこみあげてきました。 瀬戸内海の小島に、母親(優香)と共に移り住んできた少女もも(美山加恋)と、 島の人たちとの交流 ... [続きを読む]

» 映画『ももへの手紙』観てきたよ~~ [よくばりアンテナ]
予告編を見て、あの妖怪たちがなんとも愛嬌があって面白そうだと思って みたくなっちゃったのでした。ジブリっぽい気がしたんだもんね。 劇場にひとりぼっちかと思ったら、男性2人組が入ってきたので...... [続きを読む]

» 「ももへの手紙」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「人狼 JIN-ROH」のProduction I.G製作、沖浦啓之監督、脚本、原案。  父の死をきっかけに、母親とともに瀬戸内海へと引っ越してきた少女・ももが、そこで出逢った妖怪達との交流を経て成長していく姿を描くハートフルファンタジーアニメ。  昨年、一昨年と不... [続きを読む]

» 「ももへの手紙」 手描きアニメーションについて考えた [はらやんの映画徒然草]
アニメーションというのは不思議な表現形態だと思います。 まさに画が動くというのが [続きを読む]

» 『ももへの手紙』 [こねたみっくす]
こうなったらヤケクソでござる!の見守り組がいいんだなぁ〜。 あの大傑作『人狼 JIN-ROU』以来となる沖浦啓之監督の最新作は、まさにProductionI.G.版『となりのトトロ』なんですけど、 ... [続きを読む]

» 『ももへの手紙』 [こねたみっくす]
こうなったらヤケクソでござる!の見守り組がいいんだなぁ〜。 あの大傑作『人狼 JIN-ROU』以来となる沖浦啓之監督の最新作は、まさにProductionI.G.版『となりのトトロ』なんですけど、 ... [続きを読む]

» 「ももへの手紙」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2012年・日本/配給:角川映画 監督:沖浦啓之 原案:沖浦啓之 脚本:沖浦啓之 脚本協力:藤咲淳一、長谷川菜穂子 キャラクターデザイン:安藤雅司、沖浦啓之 作画監督:安藤雅司 企画:石川光久、池田宏... [続きを読む]

» 『ももへの手紙』 [こねたみっくす]
こうなったらヤケクソでござる!の見守り組がいいんだなぁ〜。 あの大傑作『人狼 JIN-ROU』以来となる沖浦啓之監督の最新作は、まさにProductionI.G.版『となりのトトロ』なんですけど、 ... [続きを読む]

» 「ももへの手紙」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2012年・日本/配給:角川映画 監督:沖浦啓之 原案:沖浦啓之 脚本:沖浦啓之 脚本協力:藤咲淳一、長谷川菜穂子 キャラクターデザイン:安藤雅司、沖浦啓之 作画監督:安藤雅司 企画:石川光久、池田宏... [続きを読む]

« 「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」 | トップページ | 「名探偵コナン 11人目のストライカー」 »