2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「タイタンの逆襲」 | トップページ | 「超能力者」 »

2012年4月30日 (月)

「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」

Legendary_amazons 人前でスピルバーグやら黒澤やら言っていても、本当に好きな映画人はジャッキー・チェンだけだ。
 そりゃあ確かに最近はアクションのキレはなくなっているが、年齢的に仕方ないし、逆にあの年齢であそこまで動ける人はそうそういない。
 アクション俳優が年を取ると、今後どうしていくかを決めなくてはいけない。
 引退する、もしくは演技派になる、制作側になるなどの選択肢があるが、ジャッキーは一応、演技派っぽいのを狙っているところもあるのだが、正直イマイチ。
 これは、観る側がジャッキーが出てくるだけで、条件反射的に物凄いアクションを期待するから仕方ない。
 そうなると、制作側に回るのもありといえばありかもしれない。
 いや、むしろ、彼のキャリアからは正しい選択だ。
 この映画は、1972年に香港のショウ・ブラザーズが人気女優陣の豪華競演で製作した武侠アクション「14アマゾネス 王女の剣」をリメイクしたもので、ジャッキー・チェンが製作となっている。
 正直、製作と言われても、目に見えるものではないので、実際は何やているかわからないし、単なる名前貸しだけかもしれない。
 だけど、ジャッキーのファンとしては、彼が関係しているとなれば、迷わず観にいく。
 それがファンの心意気というものだ。
 敵国との戦闘で男達が全滅する中、一族最後の男子となった亡き将軍の息子を守るため、未亡人たちが自ら戦地で戦いに挑む…という話で、ツッコミ所は満載だが、正統派香港武侠映画なので細かいところを気にしてはいけない。
 深く考えずに、その時その時のアクションを堪能するのが正解。
 出演はセシリア・チャン、リッチー・レン。
 監督はフランキー・チェン。
 結局、ジャッキーがどう関わっているかわからないが、最後のNG集に彼の片鱗を感じた。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「タイタンの逆襲」 | トップページ | 「超能力者」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/54591185

この記事へのトラックバック一覧です: 「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」:

» 女ドラゴンと怒りの未亡人軍団/楊門女將/楊門女將のアクションを見るべし! [LOVE Cinemas 調布]
1972年製作の武侠アクション『14アマゾネス 王女の剣』をジャッキー・チェン製作でリメイクしたアクションエンタテインメントだ。宋の時代、戦死した将軍一族の未亡人と女たちが将軍の仇を討つべく戦いを繰り広げる。出演は『PROMISE プロミス』のセシリア・チャン、『アクシデント』のリッキー・レンら。中国版ラジー賞の「金箒賞」ノミネート作品。... [続きを読む]

» 女ドラゴンと怒りの未亡人軍団 [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 中国  アクション&格闘技  監督:フランキー・チェン  出演:セシリア・チャン      リッチー・レン      リウ・シャオチン      チェン・ペイペイ 【物語】 ... [続きを読む]

» 女ドラゴンと怒りの未亡人軍団 [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 中国  アクション&格闘技  監督:フランキー・チェン  出演:セシリア・チャン      リッチー・レン      リウ・シャオチン      チェン・ペイペイ 【物 ... [続きを読む]

» 女ドラゴンと怒りの未亡人軍団 / LEGENDARY AMAZONS [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ずっと待ってたセシリアの新作hearts; セシリア・チャンtimes;リッチー・レン、「星願」以来の再共演&ジャッキー・チェン製作 中国のラジー賞と呼ばれる「金のほうき賞」で作品賞、監督賞、男優...... [続きを読む]

» 女ドラゴンと怒りの未亡人軍団 [だらだら無気力ブログ!]
セシリア・チャン、久しぶりに見た! [続きを読む]

« 「タイタンの逆襲」 | トップページ | 「超能力者」 »