2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「バトルシップ 」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」 »

2012年4月15日 (日)

「ジョン・カーター」

Photo 学生時代にSF小説を読み倒していた自分にとって、エドガー・ライス・バローズの火星シリーズはスペースオペラのバイブルの一つだ。
 当然、映画化となれな観にいかないわけにはいかない。
 たとえ、本国で思いっきりこけたとしても、せめて死に水を取るのがせめてものファンの仕事だ。
 映画化されたのはシリーズ1作目の「火星のプリンセス」を基本としている。
 本国でコケたと言われているのを聞いて、ハードルを低くしていたせいか、思った以上に面白い!
 予告編を観ていると、火星を前面に出していないので、どこか別の惑星を舞台にしているのかと諦めていたら、ちゃんと原作通り火星が舞台だった。
 「スター・ウォーズ」と「デューン/砂の惑星」、「フラッシュ・ゴードン」それにちょっぴり「スーパーマン」の要素を入れたような感じだった。
 やっぱり自分の中には視覚的に武部本一郎画伯の絵がベースにあるんだよね~。
 そんなわけで、自分なりの雑感。

 ジョン・カーター

同じ日に「バトルシップ」が公開されているテイラー・キッチュが演じているが、ちょっとヤサ男っぽいけど、不満はなし。

 デジャー・ソリス

絶世の美女の設定なんだけど、演じているリン・コリンズが微妙。
「フラッシュ・ゴードン」に出演していた演じているオネムラ・ムーティを思い出させる。

  緑色人。

もっとマッチョなイメージだったのだけど、火星での独自の発達した種族と考えればOKなのかも。

 ウーラ 

  ジャバ・ザ・ハットの子供みたいな感じだけど、物凄く速く動けるのにお驚き!

 火星にどうして来ることができたかを小説は結構軽く流していたが、映画の方はそれなりに理由付けをしており、それが最後のオチにつながるようになっている。 
 火星の言葉を覚えるのが小説では、数ページだったが、映像化するとかったるいだろうなあと思ったが、映画はあっという間に解決。
 実はこの手のもたつきそうなところを、さっさと処理してテンポが良い。
 卵の話や大白猿をうまく入れているのもファンサービスかな。
 ジョン・カーターの過去の妻子の話は不要。
 但し、バロウズを物語に入れ込んだのは深みが増して良い。
 最後のオチは映画の方が面白いかな。
 監督は「ファインディング・ニモ」「ウォーリー」のアンドリュー・スタ ントン。
 これが実写初監督らしい。
 世間的な評価はともかく、自分は嫌いじゃないし、むしろ好きかもしれない。
 できれば、続編希望!
 タイトルは小説に合わせてくれると嬉しいのだけど。
 おそらく原作ファンの動員もできるのではないのかなと思ってしまう。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「バトルシップ 」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
続編を作って欲しいですね!
すでに『John Carter: The Gods of Mars』という仮題も決まっているのに。
ウーラが可愛くて気に入りました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/54473966

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジョン・カーター」:

» ジョン・カーター/John Carter [LOVE Cinemas 調布]
エドガー・ライス・バローズの小説「火星」シリーズの「火星のプリンセス」を映画化。地球から火星へと転送された主人公が、現地で恋した女性のために戦う姿を描いたファンtナジーアドベンチャーだ。主演は『バトルシップ』のテイラー・キッチュ。日本では本作と2作同時に主演作が公開である。共演にリン・コリンズとウィレム・デフォーらが出演。監督は『ウォーリー』のアンドリュー・スタントン。... [続きを読む]

» 映画「ジョン・カーター(3D版)」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ジョン・カーター(3D版)」観に行ってきました。 ジョージ・ルーカス監督の「スターウォーズ」シリーズや、ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」の原点になったとされる、エドガー・ライス・バローズの小説「火星」シリーズの最初の作品「火星のプリンセス」を映画化したファンタジー・アドベンチャー大作。... [続きを読む]

» 『ジョン・カーター』 原作に反するピクサーの流儀 [映画のブログ]
 トム・クルーズが主演する!  大好きな小説の映画化には懐疑的な私が、『火星のプリンセス』の映画を観てみたいと思ったのは、『ダイ・ハード』のジョン・マクティアナンが監督し、主人公ジョン・カーター...... [続きを読む]

» ジョン・カーター (試写会) [風に吹かれて]
ブサカワ犬 ウーラ公式サイト http://www.disney.co.jp/johncarter4月13日公開原作: 火星のプリンセス (エドガー・ライス・バローズ著/創元社文庫)監督: アンドリュ [続きを読む]

» 「ジョン・カーター」 [大吉!]
<火曜日> (4月16日・ユナイテッドシネマ・ポイント鑑賞・2D吹替版・15時15分〜) 1881年、エドガー・ライス・バローズは叔父ジョン・カーターから急を知らせる電報を受け取り駆けつけるが、すでに叔父は帰らぬ人となっていた。莫大な遺産と共にエドガーに遺された...... [続きを読む]

» 「ジョン・カーター」 ジョブズが観たらなんて言う? [はらやんの映画徒然草]
エドガー・ライス・バローズの「火星のプリンセス」の映画化作品です。 「火星のプリ [続きを読む]

» 「ジョン・カーター」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 ウォルト・ディズニー生誕110年記念作。「ターザン」の著者として知られるエドガー・ライス・バローズ原作の古典SF小説「火星のプリンセス」を、「ファインディング・ニモ」のアンドリュー・スタントン監督、「バトルシップ」のテイラー・キッチュ主演で3D映画化。... [続きを読む]

» ジョン・カーター [だらだら無気力ブログ!]
タイトルは原作のままで行ったほうが良かったんじゃない? [続きを読む]

» 『ジョン・カーター』(2012) [【徒然なるままに・・・】]
<ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品>でありながら、映画史上最大の赤字映画などという不名誉な記録を打ち立てそうだということで、どれだけつまらない作品なのだろうと戦々恐々としていたのですが、なんだ、普通に面白いじゃないの。 原作は<地底世界(ペルシダー)>シリーズ、<ターザン>シリーズなどで知られるエドガー・ライス・バローズの『火星のプリンセス』。 読んだことはありませんが、大まかなストーリーは知ってます。ちょっと前にはアサイラムが『アバター・オブ・マーズ』として映画化もしていますしね... [続きを読む]

» 映画『ジョン・カーター』 観てきた(*^。^*) [よくばりアンテナ]
やっと観てきました(^^)V なかなか面白かったですよ~~ ジョージ・ルーカスの『スター・ウォーズ』シリーズ、 ジェームズ・キャメロンの『アバター』に影響を与えたという エドガー・ライス・バロ...... [続きを読む]

» 映画「ジョン・カーター」面白いけど散漫な印象、せっかくの巨大予算に命が吹き込まれていない [soramove]
「ジョン・カーター」★★★☆ テイラー・キッチュ、リン・コリンズ、ウィレム・デフォー、 サマンサ・モートン、マーク・ストロング、 キアラン・ハインズ、ドミニク・ウェスト、 ジェームズ・ピュアフォイ、ダリル・サバラ出演 アンドリュー・スタントン監督、 133分、2012年4月13日公開 2012,アメリカ,ディズニー (原題:John Carter ) 人気ブログランキングへ">>→ ... [続きを読む]

« 「バトルシップ 」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」 »