2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ウルトラマンサーガ 」 | トップページ | 「スクライド オルタレイション 前編 TAO 」 »

2012年4月11日 (水)

「宇宙戦艦ヤマト2199 」第一章「遥かなる旅立ち」

21991 かつては熱く熱中していたことが恥ずかしいことに思えていた「宇宙戦艦ヤマト」だが、あれから30年以上経過し、それもまた懐かしい想い出として語ることができるようになってきた。
 それこそ「何もかも皆懐かしい」というやつだ。
 ここ最近、再び色々な形で「宇宙戦艦ヤマト」が映像化されている。
 それらに対しては色々な意見があると思うが、さすがにオリジナルが古典の領域に突入しつつあるので怒ったりすることもなく、冷静にむしろそれはそれで楽しむことができるようになってきた。
 むしろ、どうアレンジしたかが楽しみだったりするのだ。
 世間的に評判の芳しくない実写映画も、同人誌的な見方をすれば、これはこれでありだと思えてくるのだった。
 むしろ、オリジナルをいじくりまわしているジョージ・ルーカスのスター・ウォーズよりも遙かにましだ。
 「宇宙戦艦2199」は、1974年にTV放映された「宇宙戦艦ヤマト」第1作をベースに、新たなスタッフで製作するTVアニメで、第1話・第2話を第1章として 2012年4月7日より全国10館でイベント上映されることになている。
 結論から言えば、ここ最近色々出てきた宇宙戦艦ヤマトの中では一番できがよく正統派。
 かつてのファンが今作ったらこんな感じになるだろうなあという感じで、往年のファンにはたまらないものがあるかもしれない。
 若い人はネタとしてか思っていないかもしれないが、今でも十分通じるし恥ずかしいものはない。
 戦闘シーンは迫力満点!
 とにかくいままではゆっくり動くと思われていた戦艦が物凄く速く動いている。
 設定も単純ではなく、ヤマトの前に移住計画を立てていたとか、各地で暴動が起きているとか、情勢も複雑だし、ガミラスもいきなり日本語を話しているわけではなく、ガミラス言語を話し字幕がついている徹底ぶり。
 ガミラスが遊星爆弾を仕掛ける理由付けとかも面白い。
 キャラクターデザインは松本先生の絵を今風にした感じで、往年のファンには賛否両論かもしれないが、自分はありだと思っている。
 さらには本来なら2作目に出てくる登場人物もさりげなく出てきて、伏線っぽくしている。
 一番感動したのは音楽の使い方で、ここぞとばかりに懐かしい音楽が流れる心憎さ。
 久しぶりに昔の熱いものを取り戻してしまった。
 これだったら絶対に観る。
 まだデスラーが出てきてないので若干の不安はあるが大丈夫でしょ。
 総監督は出渕裕。
 声の出演は、菅生隆之、小野大輔、鈴村健一、桑島法子。
 個人的にはビーメラ星人をどう扱うかが楽しみ!

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ウルトラマンサーガ 」 | トップページ | 「スクライド オルタレイション 前編 TAO 」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/54444260

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙戦艦ヤマト2199 」第一章「遥かなる旅立ち」:

» 『宇宙戦艦ヤマト2199 第一章/遥かなる旅立ち』(2012) [【徒然なるままに・・・】]
『宇宙戦艦ヤマト』パート1のリメイクとなる新作『宇宙戦艦ヤマト2199』の第1話「イスカンダルの使者」と第2話「我が赴くは星の海原」を、DVD&Blu-ray発売に先駆け、劇場でイベント上映。 最終的には全26話のTVシリーズとしてオンエアーすることを目的に製作されているが、その前にDVD&Blu-rayとして発売し、尚且つその前に劇場公開ということで、はたしてこの作品をTVアニメに分類すべきか、OVA扱いにすべきか、それとも劇場映画として遇するべきか悩むのだが、一応は独立した一本の映画として... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第一章 遥かなる旅立ち [だらだら無気力ブログ!]
これは素晴らしい。大満足。 [続きを読む]

» [『宇宙戦艦ヤマト2199 第一章/遥かなる旅立ち』を観た(超々短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆すまん、忙しいので、一言コメントです。  本職を残業した後、近所で彼女を拾い、八王子から、中央高速と首都高速を飛ばし<新宿ピカデリー>で観てきました。  ずっと、念願しておりました。  ほぼ完璧なフォーマットを、現代的にアレンジした「ヤマト」のリメイ...... [続きを読む]

» 『宇宙戦艦ヤマト2199』 変貌した古代守問題 [映画のブログ]
 『宇宙戦艦ヤマト』のファンに求められるのは、何よりも忍耐強さだろう。  作る作ると云われながらいつまでも世に出てこない長い時間を耐え忍ぶことはもとより、できたらできたでトホホな内容でも我慢する...... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第1話の感想 [人気萌えアニメブログ]
イスカンダルの使者 旗艦キリシマで指揮を執っている、沖田十三艦長。 「バカめ」と言ってやれ という指示を出したときには、思わず笑ってしまったw まあでも、すごい指揮官だなとは思っているけどね(^_^) ただ・・・・・ 相手のほうがえらい頑丈みたいだけど・・・(^_^;) 実際、古代守のユキカゼが撃沈されてしまった!(≧∧≦) まさに、お先真っ暗、っていう状況。 地球のあの様子からして、今の日本そのもの、っていう感じだよね(^_^;) ただし、”アマノイワトヒラク”。 ガミラス帝国が偵察しに来ていたよ... [続きを読む]

» 『宇宙戦艦ヤマト2199 第一章』を新宿ピカデリー5で観て、リメイク心に打たれっぱなしふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★みんなが正しい作品を作らんとしているその熱意に打たれる】 「いいらしい」という噂は聞いていたが、あまり信用はしていなかった。 それはヤマトという ... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第一章  総監督/出渕 裕 [西京極 紫の館]
【声の出演】  菅生隆之(沖田十三)  小野大輔(古代 進)  鈴村健一(島 大介)  桑島法子(森 雪)  ちょっと今風になった雪(左)と島(中央奥)と古代(右) 【ストーリー】 西暦2199年。謎に包まれた星間国家“ガミラス”との交戦で、人類の滅亡がすぐそこ...... [続きを読む]

« 「ウルトラマンサーガ 」 | トップページ | 「スクライド オルタレイション 前編 TAO 」 »