2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」 | トップページ | 「おとなのけんか」 »

2012年3月12日 (月)

「おかえり、はやぶさ」

Okaeri_hayabusa さすがに、何度も同じネタの映画を見せられたら食傷気味。
 最後に公開される映画はかなり不利だ。
 この映画の最大の売りは3Dだ。
 予告編でも「かなり飛び出す!」という文字が目立つ。
 こんな宣伝文句にひょいひょいと乗せられていった自分がバカだと思っている。
 いや、バカみたいに何本も公開される<はやぶさ>映画で、一番最後に公開されるのなら、それなりの売りがないとダメだし、今回3Dが売りなら、それなりに気合を入れて作っているはずである。
 ところが、この映画、「かなり飛び出す!」どころか「あまり飛び出さない」。
 3Dを感じるところは解説のCGや、宇宙でのシーンという極めてわかりやすいところで使用されており、それ以外の実写パートは全く普通の2Dの構図であり、3Dを意識した絵作りはしていない。
 「ヒューゴの不思議な発明」を観た後は、この手の考えていない3Dは辛い。
 話は今更感が強く、目新しいものはない。
 解説は子供にもわかりやすいが、一方では無駄にエピソードを詰め込みすぎている。
 まあタイミングが悪いというか、さすがにもうどうでもよくなってきた。
 主演の藤原竜也は悪くなかった。
 監督は「釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!」の本木克英。
 申し訳ないけど、「おかえり、はやぶさ」というより「また来たの?、はやぶさ」の気分だ。

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」 | トップページ | 「おとなのけんか」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/54200048

この記事へのトラックバック一覧です: 「おかえり、はやぶさ」:

» おかえり、はやぶさ [あーうぃ だにぇっと]
おかえり、はやぶさ@なかのZERO [続きを読む]

» 『おかえり、はやぶさ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「おかえり、はやぶさ」□監督 本木克英 □脚本 金子ありさ □キャスト 藤原竜也、杏、三浦友和、前田旺志郎、森口瑤子、田中直樹、       宮崎美子、豊原功補、大杉 漣、中村梅雀■鑑賞日 3月11日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの...... [続きを読む]

» おかえり、はやぶさ [だらだら無気力ブログ!]
はやぶさ3作の中でダントツのつまんなさ。 [続きを読む]

» 『おかえり、はやぶさ』 [シチュー鍋の中の混沌の弐]
『はやぶさ』映画マラソン最後の一本、松竹版です。 2Dレディースディで観てきました。3Dはいらないし、安く観たいと思ってたので。 一言で言えば 「なんだ、普通に楽しめたじゃん」。 やっぱり予告編が悪いな!w 『子供がはやぶさに乗ってる』ヴィジュアルへのマイナスイメージは、相当キてますね(笑)。でも何も知らず、本編でいきなり見せられてもにょるよりマシかと! ... [続きを読む]

» 『おかえり、はやぶさ』(2012) [【徒然なるままに・・・】]
小惑星探査機<はやぶさ>を題材にした3本目の実写映画。 真打ち登場、と言いたいところだけど、こういうものは旬が大事、早い者勝ちって部分が少なからずあると思う。 3本の中で一番フィクション要素が強いのかな、もはや<はやぶさ>じゃなくても良くなってきてる。 主人公がプロジェクトの中心人物ではなく、かといって他所者でもないという中途半端さは、他の2本との差別化の意味では面白いのだけど、自信過剰で大言壮語する嫌なヤツで、確かに能力はあるんだろうけど一緒のチームで仕事はしたくないよな、というタイプ。... [続きを読む]

» 「おかえり、はやぶさ」 着眼大局、着手小局 [はらやんの映画徒然草]
「はやぶさ」のエピソードの映画化作品、こちらは松竹版になります。 結果から言って [続きを読む]

» 映画:おかえり、はやぶさ [よしなしごと]
 3つの制作会社がそれぞれの視点と思いで惑星探査機・はやぶさを映画化し、今回は松竹が描いた作品、唯一3Dで作られたおかえり、はやぶさのレビュー記事です。ただし鑑賞は2Dで。... [続きを読む]

« 「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」 | トップページ | 「おとなのけんか」 »