2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ストライクウィッチーズ 劇場版」 | トップページ | 「マシンガン・プリーチャー」 »

2012年3月28日 (水)

「マリリン 7日間の恋」

Marilyn 世の中には存在そのものがエロい困った女性がいる。
 その代表はマリリン・モンロー(B94-W61-H86)であることに賛同する人は多いだろう。
 今も変わらぬ時代を越えたセックス・シンボルである。
 さらに謎めいた生い立ちや死に方などネタも多く提供している。
 当然、彼女を題材にした映画も多い。
 この映画は、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画「王子と踊り子」に出演したマリリン・モンローについて、当時助監督だったコリン・クラークが、これまで秘密にしてきた撮影の舞台裏を綴った回顧録を基に映画化している。
 セックス・シンボルの彼女の神経質な裏側と、徐々に距離を縮めていく2人の儚いロマンスが中心となっている。
 まあ男子たるもの美人とお知り合いになりたいし、当然、そうなったら誰かに語りたいだろう。
 ましてや、マリリン・モンローなら尚更だ。
 「俺、仕事でマリリンと一緒に働いたことがあるんだけど、実はさあ…」
 と語れたらもう勝ち組だ。
 コリン・クラークがどんな人物かはよくわからないが、そんな気持ちがなかったとは言わせない(キリっ)
 冗談はともかく、マリリン・モンロー本人がいない今となっては真実はわからないが、逆に事実を元に色々想像するのが歴史物の醍醐味だったりする。
 さすがに30回ったので、演技派に転身したいという彼女の気持ちと、そんな彼女の演技を否定するローレンス・オリヴィエ。
 プレッシャーを感じ遅刻の常習犯になっていくモンローの不安定な心理状態がひしひしと伝わってくる。
 彼女は誉めて伸びるタイプなのかも。
 宣伝だと7日間の恋愛を売りにしているが、実は彼女の心理的描写の方がメインだと思うし、そっちの方が絶対的に面白い。
 そして、マリリン・モンローネタで一番気になるのは誰が彼女の役をやるか?であるが、この映画では ミシェル・ウィリアムズが演じている。
 似てるかどうかは微妙だが、雰囲気は掴んでいる。
 基本的に物真似やそっくりさんではないので問題なし。
 アカデミーでは実在する人演技対決で、メリル・ストリープに負けてしまったのが惜しい。
 監督はこれが長編映画デヴューのサイモン・カーティス。
 とりあえず、先に「王子と踊り子」を観ておくと、映画がもっと理解できること間違いなし。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ストライクウィッチーズ 劇場版」 | トップページ | 「マシンガン・プリーチャー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/54327015

この記事へのトラックバック一覧です: 「マリリン 7日間の恋」:

» マリリン 7日間の恋/My Week with Marilyn [LOVE Cinemas 調布]
現在に至るまでアメリカのセックスシンボル、永遠のアイドルとして輝くマリリン・モンローがイギリスに渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』に出演した時の逸話を描いた作品。主演はミシェル・ウィリアムズ。共演にケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ジュディ・デンチ、ドミニク・クーパーといった英国俳優が揃う。監督はサイモン・カーティス。... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [風に吹かれて]
マリリンに恋をして [E:kissmark]公式サイト http://marilyn-7days-love.jpコリン・クラークの二冊の回顧録を基にした物語1956年、初の製作兼主演作「王子と踊り子」 [続きを読む]

» 『マリリン 7日間の恋』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マリリン 7日間の恋」□監督 サイモン・カーティス □脚本 エイドリアン・ホッジス□キャスト ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、      ジュリア・オーモンド、ゾー・ワナメイ...... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 / My Week With Marilyn (2度鑑賞) [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click NYで観て来た映画つづき 2012年はマリリン没後50年 ミシェル・ウィリアムズがマリリンになり切った話題作で日本では2012/3月公開。 当時オリヴィエの監督助手を務めていたコリン・クラーク自身による...... [続きを読む]

» 「マリリン 7日間の恋」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 1957年公開の映画「王子と踊り子」の舞台裏を描いたコリン・クラークの著書を基にした、伝説の大女優マリリン・モンローと著者との淡く短いラブロマンスを映画化。  コリン氏の体験談が原作という事もあり、主観的過ぎるように思われる部分も多々見受けられるが、そ... [続きを読む]

» 映画:マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn これまた「映画愛」に溢れることに驚きつつ しみじみ。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑) 個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。 ただ、 「しみじみ度」でいうと、3つの中でトップかも! エンドロールの...... [続きを読む]

» 「マリリン 7日間の恋」 マリリンというキャラクター [はらやんの映画徒然草]
惜しくもオスカーを逃したミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じる「マリ [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [映画 K'z films 2]
Data 原題 MY WEEK WITH MARILYN 監督 サイモン・カーティス 出演 ミシェル・ウィリアムズ  ケネス・ブラナー  エディ・レッドメイン  ジュディ・デンチ  エマ・ワトソン 公開 2012年 3月... [続きを読む]

» 映画「マリリン 7日間の恋」予告の印象と中身は随分違って見えた [soramove]
「マリリン 7日間の恋」★★★★ ミシェル・ウィリアムズ、エディ・レッドメイン、ケネス・ブラナー、 エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ出演 サイモン・カーティス監督、 100分、2012年3月24日公開 2011,アメリカ,日活 (原題:MY WEEK WITH MARILYN ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ミシェル・ウィリ... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [to Heart]
メイクを落として、 ヒールを脱いで、 それから―― 秘密の恋におちた。 原題 MY WEEK WITH MARILYN 製作年度 2011年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 100分 原作 コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』(新潮文庫刊) 監督 サイモン・カーティス ...... [続きを読む]

» マリリン [映画的・絵画的・音楽的]
 『マリリン 7日間の恋』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)この映画は、原題が「My Week with Marilyn」であり、邦題だとマリリン・モンローが主体の恋物語のように思われてしまうところ、実は「My」とは、マリリン・モンローが出演する映画の助監督コリン・...... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [食はすべての源なり。]
マリリン 7日間の恋 ★★★☆☆(★3つ) 7日間の恋って・・・、男側からみたらだよね。 目の前に全力投球な恋愛体質な人だと、こんな男日常茶飯事じゃなんじゃない?... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [映画、言いたい放題!]
もし、アカデミー賞にノミネートされなかったら 観なかったかもしれません。 1956年。 コリン・クラークは恵まれた富裕の家に育ったが、 映画業界への憧れを捨てられないでいた。 機転のきく性格をかわれ、 ローレンス・オリヴィエが監督と主演を務める「王子と踊り子... [続きを読む]

« 「ストライクウィッチーズ 劇場版」 | トップページ | 「マシンガン・プリーチャー」 »