2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ビーストリー」 | トップページ | 「ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-」 »

2012年2月16日 (木)

「はやぶさ 遥かなる帰還」

Hayabusa ちょっと前にFOXのはやぶさ映画を観て、今回は東映版、この後には松竹版が控えている。
 同じネタだが、それぞれ違うアプローチをしているは予告編からもよくわかる。
 しかし、果たしてわざわざ劇場に行って金払って同じネタを観る奇特な人は果たしてどれくらいいるだろうか?
 極めて少ないはず。
 観るのは映画ファンか、はやぶさファンだろう。
 一般的な感覚なら、どの作品も観ない。
 もしくはどれか1本だけになるだろう。
 昔に比べて映画制作が早くなったとはいえ、当然、企画から公開までの時間はかかるわけで、当然、はやぶさが戻ってきた時のリアルタイムには敵わないわけで、すっかり盛り下がった状況で、映画が公開されても困ってしまう。
 そりゃあ、リアルタイムでネットで参加しながら盛り上がったことを考えると、一方的に見せられる映画は、余程面白くないと厳しい。
 しかし、残念なことに、事実を元にしている映画はそれ以上のものはない。
 もちろん、はやぶさのサンプルリターンで持ってきた中に人類を全滅させるウィルスが入っていたとか、公になっていない情報の中に宇宙人に関するものがある等のネタがあったら、それはそれで絶対に観たい。
 FOX版が子供向きだと考えたら、こちらの東映版は大人向きと言っていいかもしれない。
 宇宙関係のプロジェクトは一般人、特に子供にとっては夢とロマンにあふれるものかもしれないが、関係者はそういうわけにもいかない。
 プロジェクトには技術者、学者、民間企業の色々な思惑が絡んでおり、失敗するとその被害は計り知れない。
 特に民間企業は、成功すれば実績を作ることになる。
 そういう目線で観ると、違う意味で面白い。
 自分はメーカーの気持ちがよくわかる(涙)
 どちらかというと、この映画ははやぶさに関係する人間ドラマになるかもしれない。
 主演は渡辺謙。
 監督は「星守る犬」の瀧本智行。
 とりあえず、松竹版もつきあいで観るかな。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ビーストリー」 | トップページ | 「ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/53995721

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ 遥かなる帰還」:

» はやぶさ 遥かなる帰還 [LOVE Cinemas 調布]
2010年6月13日に約7年の期間を経て地球へと戻ってきた小惑星探査機<はやぶさ>プロジェクトの道のりを描いた作品。主演を務めるのは日本が誇る世界の渡辺謙だ。共演に江口洋介、夏川結衣、小澤征悦といった実力派が顔を揃えている。監督は『星守る犬』の滝本智行。多くの困難を知恵と勇気で乗り切るスタッフたちの姿に感動と元気を貰える作品だ。... [続きを読む]

» 『はやぶさ 遥かなる帰還』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「はやぶさ 遥かなる帰還」□監督 瀧本智行□脚本 西岡琢也□原作 山根一眞(「小惑星探査機はやぶさの大冒険」)□キャスト 渡辺 謙、江口洋介、夏川結衣、小澤征悦、中村ゆり、吉岡秀隆、石橋蓮司、       藤 竜也、山崎 努、嶋田...... [続きを読む]

» はやぶさ 遥かなる帰還 [だらだら無気力ブログ!]
個人的には、『はやぶさ/HAYABUSA』 > 『はやぶさ 遥かなる帰還』かな。 [続きを読む]

» 映画『はやぶさ 遥かなる帰還』 観てきた〜♪ [よくばりアンテナ]
はやぶさを映画にした3本のうち、 2本目の観賞。 1本目『はやぶさ/HAYABUSA』を観たから、別にいいかって思っていたのですが、 ま、監督も俳優陣も視点も違うかなと思って、 たまってたポイントを...... [続きを読む]

» 「はやぶさ 遥かなる帰還」多くの困難を最後まで諦めず乗り越えた技術者たちの決断と勇気 [オールマイティにコメンテート]
「はやぶさ 遥かなる帰還」は2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げから2010年6月の帰還までの技術者たちの葛藤と勇気ある決断を描いたストーリー ... [続きを読む]

» 「はやぶさ 遥かなる帰還」 淡々としてる [はらやんの映画徒然草]
日本中が熱狂した「はやぶさ」プロジェクトの映画化作品です。 本作は東映作品ですが [続きを読む]

» はやぶさ 遙かなる帰還 [充実した毎日を送るための独り言]
・はやぶさ 遙かなる帰還(2月11日より公開 渡辺謙・江口洋介・吉岡秀隆等出演)映画制作大手3社がそろって題材にしている小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げから帰還にかかわるまで、7年間のプロジェクトチームの活躍を描いたもの。ハリウッド映画に何度か出てい...... [続きを読む]

» 『はやぶさ 遥かなる帰還』(2012) [【徒然なるままに・・・】]
東映60周年記念作品。 小惑星探査機「はやぶさ」を題材にした映画としては、CGを使ったプラネタリウム作品『はやぶさ/HAYABUSA BACK TO THE EARTH』を別にすると、20世紀フォックスの『はやぶさ/HAYABUSA』に次ぐ2本目の映画で、来月には3Dで描く松竹作品『おかえり、はやぶさ』も公開になります。 20世紀フォックス版では竹内結子扮する架空の女性スタッフを中心に描いていましたが、この作品の主人公は「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーの渡辺謙です。 同じ題材を違う角... [続きを読む]

» はやぶさ 遥かなる帰還 [花ごよみ]
地球から3億キロ離れた、 小惑星「イトカワ」の地表に着陸し 岩石サンプルを地球に持ち帰るという 小惑星探査機「はやぶさ」に、 課せられたミッション。 約7年の期間、総距離60億キロに及ぶ プロジェクトを終えて 2010年6月13日、 「はやぶさ」の宇宙からの帰還。 そ...... [続きを読む]

» 『はやぶさ 遥かなる帰還』 [シチュー鍋の中の混沌の弐]
『はやぶさ』映画第三弾。渡辺謙のアレです。 小惑星探査機 はやぶさの大冒険山根 一眞 マガジンハウス 2010-07-29売り上げランキング : 1611Amazonで詳しく見る by G-Tools このドキュメントを原作として映画となりました。4本の『はやぶさ』映画は、つまり同じ素材を取り上げるのです。同じ展開になるのは、あたりまえです。要は、何を主題にし、何を描くかという問題になってくるのですが。 角川版『HBTTA』は、プラネタリウム上映作品であり、はやぶさの帰還が危ぶまれて... [続きを読む]

» 映画「はやぶさ 遥かなる帰還」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「はやぶさ 遥かなる帰還(以下「遥かなる帰還」)」観に行ってきました。2003年5月9日に打ち上げられ、2010年6月13日にサンプルを地球に投下して消滅した、小惑... [続きを読む]

» はやぶさ 遙かなる帰還 [A Day In The Life]
映画館で観賞した作品 解説 2010年6月13日に、約7年の期間と総距離60億キロに及ぶ壮大な プロジェクトを終えて宇宙より帰還した小惑星探査機「はやぶさ」 の歴史的偉業を描くトゥルー・ストーリー。 主演に、『ラスト サムライ』などハリウッドでも活躍する俳優・ 渡... [続きを読む]

» [映画『はやぶさ 遥かなる帰還』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆う〜む、「映画」ってのはつくづく面白いものだと感じた。  <小惑星探査機「はやぶさ」>の軌跡であり奇跡を描いた作品は、短期間の間に3作品の競作を数え、数週間後にも松竹版が控えている。  そもそもの旅路がドラマチックなのだが、しかし、こうも連続するとさ...... [続きを読む]

» ■映画『はやぶさ 遥かなる帰還』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
2003年に小惑星イトカワに向けて発射され、7年かけてイトカワと地球を往復した小惑星探査機はやぶさ。 このはやぶさを描く映画が何作品も作られているというのはニュースでも話題となり、「いかにも日本人受けしそうな題材だからって、そんな何社も飛びつかなくても…」と、ち... [続きを読む]

» 「はやぶさ遥かなる帰還」取り説 映画 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
この1年間で公開された『はやぶさ』関連映画は3本。 最後の3本目が公開中というのに、2本目の映画「はやぶさ 遥かなる帰還」を今更観て来たyo [続きを読む]

» 映画:はやぶさ 遥かなる帰還 [よしなしごと]
 3つの制作会社がそれぞれの視点と思いで惑星探査機・はやぶさを映画化しました。今回は東映が描いた作品はやぶさ 遥かなる帰還の記事です。  3作品見たら、もうどのエピソードがその作品だったかすっかり混同してしまったので、ちゃんと記事に出来るか心配ですが。。。  ちなみに2012年、劇場20本目ですね。... [続きを読む]

« 「ビーストリー」 | トップページ | 「ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-」 »