2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「忍道-SHINOBIDO-」 | トップページ | 「TIME/タイム」 »

2012年2月19日 (日)

「アフロ田中」

Afuro のりつけ雅春の漫画を映画化。
 ノリで高校を中退し、自由を求めて上京、しかし、何者にもなれないアフロヘアの青年が、彼女を作ろうとするが空回り!

 面白い!
 笑える。

 小心者で不器用な男の心理状態が物凄く具体的にリアルにモノローグに出ている。
 また、それを絶妙なタイミングとイメージ映像でガンガンテンポよく見せている。
 特に女と二人きりだと間がもたないとか、何を話していいかわからないとか、正にあるある状態で、確かにメアド交換したところで、その後どうするの?メール何書けばいいの?と思ってしまうのだ。
 また、あまりにもハイスペックの女性には最初からあきらめるとか、類友というべき低レヴェルの友達の中でも変なライヴァル意識があるというのも、誰しも大なり小なり持ち合わせているものだ。
 そして、この妄想爆発男を色男である松田翔太が、アフロヘアーで真面目に演じているのが最高に笑える。
 特に本編前に「ライアーゲーム-再生-」の予告編でかっこつけた松田を見てしまった後だと、更にそのギャップ笑える。
 共演の佐々木希(B80-W58-H82)が目茶苦茶かわいいが、原幹恵(B94-W61-H88)と美波(B81-W60-H86)も捨て難い。
 しかし、辺見えみり(B85-W58-H87)が田中の母親役で出てきたのに驚き!
 普通のおばちゃんだけど、かつてのアイドルも、こういう役を演じる年齢になってしまったわけやね。
 監督は本作が初商業映画の松居大悟。
 面白かったけど、妄想男子系の話は「モテキ」の後だと、どうしても二番煎じのイメージになってしまう。
 ちょっとタイミングが悪かったかな。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「忍道-SHINOBIDO-」 | トップページ | 「TIME/タイム」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/54019449

この記事へのトラックバック一覧です: 「アフロ田中」:

» アフロ田中 [だらだら無気力ブログ!]
主題歌を鶴が歌うのは、アフロつながりだからか・・・。 [続きを読む]

» No.309 アフロ田中 [気ままな映画生活]
「ビッグコミックスピリッツ」連載ののりつけ雅春による人気コミックシリーズを実写映画化。彼女いない歴24年(=年齢)のアフロヘアの青年・田中広が彼女を作ろうと奮闘する姿を ... [続きを読む]

» アフロ田中 [映画的・絵画的・音楽的]
 『アフロ田中』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)今週の“邦画怒涛の4連チャン”企画の最後は、『アフロ田中』です。  本作の主人公の田中広(松田翔太)は、幼いころから髪の毛のせいで苛められていたところ、ある日アフロヘアにしたら、苛めっ子の嫌がらせが止ま...... [続きを読む]

» 「アフロ田中」 もんもん、もやもや [はらやんの映画徒然草]
予告で観た松田翔太さんのアフロっぷりが弾けていて興味を持った作品。 彼は端正な顔 [続きを読む]

« 「忍道-SHINOBIDO-」 | トップページ | 「TIME/タイム」 »