2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「寄性獣医・鈴音 EVOLUTION」 | トップページ | 「マイウェイ 12,000キロの真実」 »

2012年1月14日 (土)

「永遠の僕たち」

Reutless 交通事故で両親を失い、臨死体験をした少年イーノック。
 それ以来、日本人の特攻青年ヒロシの霊が見えるようになる。
 そんな彼の日常は、ヒロシと語り、時々見ず知らずの故人の葬式に紛れ込むことだった。
 ある日、いつものように葬儀に紛れ込んでいるところを、葬儀屋にばれてしまうが、参列者の少女アナベルに救われる。
 彼女は癌で余命3ヵ月の命だった。
 急速に仲を深める二人だったが、当然時間は限られていた…。

 え~また難病物?と思っていたら、ベタな話ではなく、真っ当な青春恋愛映画だった。
 イーノック、アナベル、ヒロシの3人の共通するものは死であるが、死ぬ人だけでなく残される人にも触れており、死について多角的に観ている。
 そしてそれらは決して暗くなく、かといって軽く扱ってはいない。
 不思議と妙な透明感を感じさせるものがあるのだ。
 もちろん、ツッコミ所はあるし、難病物でお馴染み病人なのに妙に元気なところはあるが、それを差し引いても悪くないと思う。
 ただ嫌いな人には全く合わないというのも理解できる。
 イーノックが赤の他人の葬儀の参列を繰り返すのは、正に「禁じられた遊び」なのだが、理由が、両親の死に要因があることがわかり、合点がいくと共に泣けた。
 だけど一番ホロッと来たのは最後で、<彼女と出会った時を思い返す>ところで、言葉で説明するのではなく、シンプルで、わかりやすい映像で見せてしまったのは良いと思う。
 監督がガス・ヴァン・サントなので、もっとひねくれた話かなと思いきや、意外に良い意味で普通だった。
 出演は、デニス・ホッパーの息子のヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮。
 デニス・ホッパーの息子がこんなにイケメンだとは思わなかった。
 加瀬亮は当然ヒロシ役なのだが、何故、彼が起用?といった感じだったが、結局、日本でのセールスポイントはそこしかないのが悲しい。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「寄性獣医・鈴音 EVOLUTION」 | トップページ | 「マイウェイ 12,000キロの真実」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/53723256

この記事へのトラックバック一覧です: 「永遠の僕たち」:

» 永遠の僕たち [LOVE Cinemas 調布]
両親の死から立ち直れず、自分も臨死体験をした青年と、脳腫瘍で余命3ヶ月の少女の間の淡く切ない恋愛模様を丁寧に描く。監督は『ミルク』のガス・ヴァン・サント。主演は故デニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパーと『アリス・イン・ワンダーランド』のミワ・ワシコウスカ。共演に日本の加瀬亮も出演している。第64回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門のオープニング上映作品。... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [映画的・絵画的・音楽的]
 『永遠の僕たち』を渋谷のシネマライズで見ました。 (1)本作は、自閉症気味の青年が主人公ですが、実はこれもまた、余命3カ月と宣告された少女を巡る物語でもあります。  であれば、『50/50』と『私だけのハッピー・エンディング』、それに本作という具合に、短期間...... [続きを読む]

» 『永遠の僕たち』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「永遠の僕たち」□監督 ガス・ヴァン・サント □脚本 ジェイソン・リュウ □キャスト ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬 亮■鑑賞日 12月30日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)...... [続きを読む]

» 映画「永遠の僕たち」生きることに実感できない毎日の空虚 [soramove]
「永遠の僕たち」★★★☆ ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮出演 ガス・ヴァン・サント監督、 90分、 2011年12月23日公開 2010,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (原題:RESTLESS) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 不治の病に冒された少女と、 死に取り憑かれた青年の恋の物語 ... [続きを読む]

» 死を感じながら [笑う学生の生活]
4日のことですが、映画「永遠の僕たち」を鑑賞しました。 臨死体験を葬式に参列するのを日常とする少年、病で余命わずかな少女 2人の交流と恋・・・ ストーリーはなんてことないのだが 非常に空気感ができていますね ピュアで繊細な、優しい・・・ 2人の恋、青春劇...... [続きを読む]

» 「永遠の僕たち」 消化しきれていない死 [はらやんの映画徒然草]
2012年、最初の作品はこちら、「永遠の僕たち」です。 他のブロガーさんの昨年の [続きを読む]

» 映画:永遠の僕たち Restless「死」に取り付かれた青春映画、ってかなり嫌悪しつつ妙に残るものが、嗚呼... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
「死」にまつわるストーリー展開は、基本パスな私。 なのだけれど、監督がガス・ヴァン・サントなので。 他人の葬式に勝手に参加する少年。 これにからむ女性、そして幽霊(なんと特攻隊員!) この関係性が少しずつ動き出す。 最初は嫌々(笑)観ていた。 のだが、...... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [食はすべての源なり。]
永遠の僕たち ★★★★☆(★4つ) 余命三ヶ月と、臨死体験をした期限付きラブストーリー。 死を死として描き、美化されずよかったと思います。 加瀬さんの英語発音がきれい!と思ったら、帰国子女だったんですね。...... [続きを読む]

» [映画『永遠の僕たち』を観た(スマン、短信だ)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これは、激烈な傑作であった。  残業を午後八時までした後、家と逆方向の多摩センターまでレイトショーを観に行き、心に、淡々と、だが大きな感動を、この作品は与えてくれた。    ◇  見知らぬ者の葬式に参列し、雰囲気をそれとなく観察することを趣味としている...... [続きを読む]

» 映画:永遠の僕たち [よしなしごと]
 まだ見てから1ヶ月もたっていないのに、見たこともすっかり忘れてました。と言うわけで今回は永遠の僕たちのレビュー記事です。 [続きを読む]

» 映画『永遠の僕たち』を観て [kintyres Diary 新館]
11-93.永遠の僕たち■原題:Restless■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:90分■字幕:寺尾次郎■観賞日:12月30日、TOHOシネマズシャンテ □監督・製作:ガス・ヴァン・サント□脚本(脚色):ジェイソン・リュウ□撮影監督:ハリス・サヴィデス□編集:エリオ...... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★余命わずかな女の子との恋物語は日本のドラマなどでもわりとよくある話のように思います。 この映画の面白いところは、人の死に惹かれてしまったという主人公と、その友人のヒロシの存在だと思います。 赤の他人の葬儀に参列するなんて常識では考えられない不謹慎な奇行ですよね。 イーノックの両親が死んだ事故の際、一緒に車に乗っていた彼は昏睡状態となり、臨死体験をします。そんな中で両親の葬儀が執り行われ、言ってみればイーノックが知らないうちに両親が墓に入ってしまった形になってしまうのでした。そんなことを考える... [続きを読む]

« 「寄性獣医・鈴音 EVOLUTION」 | トップページ | 「マイウェイ 12,000キロの真実」 »