2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ジャックとジル」 | トップページ | 「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」 »

2012年1月29日 (日)

「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」

 Akb48
 アイドルを起用した映画は、とりあえず緩い話を映像化する場合が多い。
 どちらかといえば隠し芸大会みたいな感じだ。
 しかし、それよりもコンサートを見せた方がもっと効果的で、緩い話でつたない演技で失笑されることもないし、映画館の音響システムであれば迫力のある音声が再現できるはず。
 マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」のヒットは劇映画以外でも映画が成り立つことを証明した。
 さらにデジタル上映が映画館の利用方法に大きな変化をもたらしている。
 テレビの生中継のように、リアルタイムで映像をつなぐことができることにより、ファンが集まって一緒に楽しむことができる。
 見るだけでなく参加もできる時代になってきたのだ。
 AKB48は、この状況を早くから利用しており、総選挙やジャンケン大会をリアルタイムで全国の映画館につなぎ、ファンは劇場に集まり、連帯感と臨場感を満喫することができる。
 そして、「THIS IS IT」のヒットによりドキュメンタリーが成り立つことも感じ取ったのかは定かではないが、2011年には「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」を公開。
 そして、今回が第2弾というわけだ。
 2011年の活動を振り返り、その舞台裏や各メンバーへのインタヴューで構成している。
 前回はメインの有名どころを中心に今更ながらの紹介編みたいな要素があったが、今回はもうそんなことは知っていることが前提で、もっと踏み込んだ内容になっている。
 とにかく、彼女らの労働量は半端なものではなく、特に過呼吸になっていく状態がよくわかった。
 そして当然、東日本大震災にも触れており、今回はメンバーの中に被災者がいることもあり、彼女が中心のパートがあった。
 とりあえずあくまでも舞台裏なので、彼女らのコンサートや諸々の活動を知っていると、より楽しむことができると思う。
 ファンでないと辛いかもしれないが、そんな人は観にこないだろう。
 前作は岩井俊二が製作総指揮だったので観にいったが、今回はノータッチみたいで、自分的にはちょっとがっかりなのだが、ナレーションが能登麻美子だからいいか。
 前回はナレーションがなかったので親切といえば親切な作りになっている。
 監督は高橋栄樹。
 ドキュメンタリーにもかかわらず、客入りはよく、中学生以下もいた。
 おそるべし。AKB48の人気。
 ドキュメンタリーでこんなに人が多いのは「ゆきゆきて、神軍」以来か?
 ちょうど、公開2日目に平嶋夏海(B78-W58-H83)と米沢瑠美(B77-W57-H83)にの脱退があって、話題作りかなと思ってしまったが、3作目が彼女の脱退までを追いかけたものだったら絶対に観る。
 
 

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ジャックとジル」 | トップページ | 「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/53699259

この記事へのトラックバック一覧です: 「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」:

» DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る [LOVE Cinemas 調布]
国民的アイドルAKB48の知られざる裏側に迫るドキュメンタリーの第2弾。正に社会現象を巻き起こした2011年の彼女たち、しかし見えないところで彼女たちは傷つきながらも懸命に戦っていた。東日本大震災の被災地訪問、西武ドーム公演、総選挙、じゃんけん大会、そしてAKB劇場での公演やスキャンダル…。監督はAKB48のPVも多く手がける高橋栄樹。... [続きを読む]

» No.304 DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る [気ままな映画生活]
「AKB48」のメンバーの素顔に迫るドキュメンタリー第2弾。活動6年目を迎えた11年のAKB48は、リリースしたCDシングル5作すべてがミリオンセールスを達成、初のドームコンサートも3日間で9 ... [続きを読む]

» DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「DOCUMENTARY OF AKB48 Show must go on」□監督 高橋栄樹 □キャスト AKB48鑑賞日 1月27日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> CDが売れなくなったこの時代に、昨年発売したシ...... [続きを読む]

» DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る(2012-014) [単館系]
DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る movixさいたま タイトルの通りのAKBグループのドキュメンタリー これは前作品 「DOCUMENTARY of AKB48 to be continuedDOCUMENT... [続きを読む]

« 「ジャックとジル」 | トップページ | 「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」 »