2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「カルテット!」 | トップページ | 「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-」 »

2012年1月18日 (水)

「魚介類 山岡マイコ」

Maico 海の中から現れた制服に身を包んだ少女・山岡マイコは、見た目は女子高生だが、実は魚介類の一種で、陸上では死なないためにいつも全身を水で濡らしている。
 第一発見者の女性と平和に暮らしていたが、彼女を調理したいという料理人が現われる…。

 予告編で出世魚ということを明かしているけど、これって目茶苦茶重要なオチじゃないの?
 いや、自分ものうのうと書いているけど、予告編で出ているからいいよね?(答えは聞いてない)
 で、普通なら本編はさらにそれ以上の何かがあるのだけど、もう何もなくて予告が全てなのだ。
 一種の出オチに近い状態!
 ゆる~い笑いが展開しているといえば聞こえはいいけど、要するにすべりっぱなしで、制作側が面白いと思ってしまうやっていることが、物語のテンポが悪いので、薄ら寒く笑えない。
 小ネタも今更な感じ。
 この手の映画は、80年代の8ミリの自主映画でお馴染みなので、21世紀にやるんならもう少し昇華してほしい。
 出演は、山岡マイコ役を佐武宇綺(B80-W60-H84)。
 この映画はこの娘がかわいいので、少々つまらなくても許せてしまう。
 山岡マイコの第2形態を松下美保(B85-W59-H86)、第3形態を加藤沙耶香(B80-W58-H84)が演じる。
 監督は「ピョコタン・プロファイル」の梶野竜太郎。
 予告編で「さ~てどうする?地球」というセリフがあったが、気持ち的には「さ~てどうする?この映画」が正解。

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「カルテット!」 | トップページ | 「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/53762166

この記事へのトラックバック一覧です: 「魚介類 山岡マイコ」:

« 「カルテット!」 | トップページ | 「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-」 »