2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「永遠の僕たち」 | トップページ | 「ロボジー」 »

2012年1月15日 (日)

「マイウェイ 12,000キロの真実」

Myway マラソンでオリンピックを目指してライバルとなった韓国と日本の若者2人。
 しかし、第二次世界大戦は2人の運命を大きく翻弄していく…。

 韓国映画はベタで強引なので微塵も期待していなかったのだが、意外に面白かった。
 「フォレスト・ガンプ」と「未来人カオス」を足したような感じの話かな。
 日本、ソ連、ドイツの兵士として働くという話が面白い。
 傭兵の話でもないのがミソだ。
 日本と韓国のギシギシした関係がベースにあって、当然、日本人が悪役扱い。
 ここに嫌悪感を覚える人もいるだろうが、まあそこらへんは冷戦時代のロシア人の気分を味わうくらいの余裕が必要だ。
 特に徹底した日本帝国軍人の将校が、生きるためプライドが粉砕され、さらに今まで虐げられていた朝鮮人と立場が逆転する。
 それが韓国人にとっては痛快かもしれない。
 基本的には壮大な<運命>というベタな話はなのだが、この映画の場合、勢いと戦争シーンが迫力満点なので、観ている時はあまり気にならない。
 その戦争シーンも今までどこかの映画で見たような感じのなのだが、さすがパクリ取り込みのうまい韓国映画、さらに手加減をしないので、思った以上に迫力がある。
 当然、「プライベート・ライアン」は基本中の基本だ。
 物語はノルマンディーまで行くのだが、本家と勝負は避けるような形になっている。
 主演ははチャン・ドンゴンとオダギリジョー。
 オダジョーの徹底した帝国軍人ぶりはイメージが悪くなりそうだが、「ウォーリアー&ウルフ」に比べたらまだマシだろう。
 しかし、この映画で一番光っているのは山本太郎で、せこい憎まれ役がこれほど似合う俳優は貴重だ。
 監督は「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ。
 もちろん、ツッコミ所はあるのだが、壮大なファンタジーということで。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「永遠の僕たち」 | トップページ | 「ロボジー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/53739785

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイウェイ 12,000キロの真実」:

» マイウェイ 12,000キロの真実 [映画とライトノベルの日常自販機]
★★★★★ “対立するものの間に友情が育つまでには長く険しい道のりが必要なのか” 祖父の死で辰雄は朝鮮人へ憎しみの感情を抱くようになります。このことが引き金になったかのように、映画の中では日本人による朝鮮人差別がエスカレートしていきます。選考会でのジュンシクへの妨害が仕組まれていたらしいことや、日本軍では何かにつけて朝鮮人に因縁をつけ体罰を与える野田の態度など、観ていて本当に嫌になりますね。そんな憎たらしい野田を山本太郎はうまく演じていたと思います。 また、辰雄は皇軍の兵士として死ねることを名誉と思... [続きを読む]

» 『マイウェイ 12,000キロの真実』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マイウェイ 12,000キロの真実」□監督 カン・ジェギュ□キャスト オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ...... [続きを読む]

» 映画「マイウェイ 12,000キロの真実」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
2012年映画観賞のトップを飾る作品は「マイウェイ 12,000キロの真実」。 1944年のノルマンディー上陸作戦時に捕虜になったという東洋人の証言を元に作られた韓国映画です。 韓国映画は、2001年に日本で公開された映画「リベラ・メ」以来、実に11年ぶりの観賞であり、さらに今作が2作目の作品となります。 ... [続きを読む]

» 「マイウェイ 12,000キロの真実」 相互理解に至る道のり [はらやんの映画徒然草]
韓流ブームと言われて久しく、そのきっかけはいくつかあったと思いますが、1999年 [続きを読む]

» No.301 マイウェイ 12,000キロの真実 [気ままな映画生活]
「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が韓国映画史上最大級となる製作費25億円を投じ、アジアからノルマンディーまで1万2000キロを生き抜いた男の実話を映画化。1944年 ... [続きを読む]

» マイウェイ [映画的・絵画的・音楽的]
 『マイウェイ 12,000キロの真実』を渋谷TOEIで見ました。 (1)この映画については、評価がすごく分かれるのではないかと思います。  クマネズミは、当初、オダギリジョーが久しぶりに主演する映画(注1)だから見なくてはと思って、映画館に駆け付けたのですが、半分...... [続きを読む]

» 映画「マイウェイ 12,000キロの真実」遠くまで走った二人の真実 [soramove]
「マイウェイ 12,000キロの真実」★★★★ オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン出演 カン・ジェギュ監督、 145分、 2012年1月14日公開 2011,韓国,CJ Entertainment Japan、東映 (原題:My Way /) 人気ブログ... [続きを読む]

» 『マイウェイ 12,000キロの真実』 たったひとつ残念なこと [映画のブログ]
 素晴らしい!  そう素直に感嘆した。  人々の対立と葛藤、壊れる友情と生まれる友情、そして彼らを取り巻く数奇な運命。物語は波乱に富んで飽きさせないし、喜怒哀楽すべての感情を揺さぶるエピソードに...... [続きを読む]

« 「永遠の僕たち」 | トップページ | 「ロボジー」 »