2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-」 | トップページ | スペシャルドラマ「らんま1/2」 »

2011年12月 9日 (金)

「ラブ・アゲイン」

Crazy_stupid_love 40代のキャル・ウィーバーは高校時代の恋人と結婚し子供にも恵まれ、安定した仕事で文句なしのはずだったが、妻から男ができたので離婚を考えていると言われる。
 やさぐれてバーで飲んでいると、一見遊び人風の男ジェイコブと知り合う。
 ジェイコブはキャルを立ち直らせ、妻との未練を断ち切らせるため、女性を紹介し、酒の飲み方を手ほどきし、センスのいいファッションを見立ててやる。
 一方、キャルの13歳の息子ロビーは家にやってくる17歳のベビーシッターのジェシカに恋をしているが、ジェシカはキャルに恋をしている。
 中年、青年、少年の世代別の恋愛模様が複雑に絡みあっているが、最後はそれがパズルのようにピタリと収束していくのは実に見事!
 これはもう脚本の凄さだろう。
 高校時代の恋人と結婚、いわゆる一穴主義なので、女にもてる努力をあまりしないため、服装も無頓着だし、話題も片寄りがちというのも、かなりリアルだ。
 特にマジックテープのウォレットの財布が、高校時代から進化していない象徴というのに感動した。
 服装がGAP専門というのも、日本で言うとユニクロ専門と同じものがあり、さらに母親が買ってくる、いわゆる<ママカジ>もその範疇だろう。
 一方、13歳が17歳に恋をするのも、年の差4歳くらい大人になったら問題ないのだけど、子供の頃は大きな壁なんよね。
 主演は「40歳の童貞男」のスティーヴ・カレル。
 彼の嫁さん役がジュリアン・ムーアなんだけど、ごめん、こんな筋張った女は美人に思えない。
 さらに、彼の旦那を差し置いてできた男の役がケヴィン・ベーコン。
 胡散臭い&やばそうな役がぴったりになってきた。
 もう「フットルース」は遠い過去のことなんだな。
 監督は監督はグレン・フィカーラとジョン・レクア。
 簡単に終わる話でないところに好感!
 

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-」 | トップページ | スペシャルドラマ「らんま1/2」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/53437726

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラブ・アゲイン」:

» ラブ・アゲイン [LOVE Cinemas 調布]
15歳で知り合ってから妻一筋だった中年男が、その妻から突然の離婚をつきつけられる。妻の事を忘れようとナンパ師に弟子入りするもそこから話は思わぬ方向へ…。ハリウッドきってのコメディ俳優スティーヴ・カレルが主演で送るロマンチック・コメディだ。共演にはライアン・ゴズリング、ジュリアン・ムーアら豪華な面々が揃う。監督は『フィリップ、きみを愛してる!』のグレン・フィカーラとジョン・レクア。... [続きを読む]

» 恋をしよう! [笑う学生の生活]
19日のことですが、映画「ラブ・アゲイン」を鑑賞しました。 妻に浮気され 離婚を言い渡された夫キャル バーで遊び人ジェイコブと知り合って・・・ いわいる ラブコメなのだが ストーリー、脚本が素晴らしくて キャルやジェイコブを中心に 家族を含め それぞれの、さま...... [続きを読む]

» 映画『ラブ・アゲイン』を観て [kintyres Diary 新館]
11-80.ラブ・アゲイン■原題:Crazy,Stupid,Love■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:藤澤睦実■料金:1,800円■鑑賞日:11月20日、シネマート新宿□監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア□脚本:ダン・フォーゲルマン□撮影監督:アンド...... [続きを読む]

» 「ラブ・アゲイン」真実の愛って、素晴らしい! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ラブ・アゲイン] ブログ村キーワード  いやあ~、ヤラレましたわ。こんな映画だったとはね~。「ラブ・アゲイン」(ワーナー・ブラザース)。『軽めのラブ・コメ映画かな?』ってくらいの予備知識だけで観に行ったんですが、これが何とまあ吾輩、感動させられちゃいました!いやあ凄い!ホントにいい意味で、ヤラレちゃいました(>_<)!  真面目なサラリーマンのキャル(スティーブ・カレル)は、或る日突然、愛妻のエミリー(ジュリアン・ムーア)から離婚したいと打ち明けられる。『職場の同僚デイヴィット(ケ... [続きを読む]

» 映画:Crazy,Stupid,Love(邦題:ラブ・アゲイン) スクリューボール・ラブコメという表現で褒めたい! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
年末に見て、そうとうお気に入りだった1本。 年末いろいろなブログを眺めていたら、コレを年間ベスト10の1位あるいはその周辺に選んでるのも。 それもそれでよくわかる!のは、この時期にこれだけの球を放られたら、ぐっときちゃう出来だから。 コメディでは「...... [続きを読む]

» ■映画『ラブ・アゲイン』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
某作品では40歳まで童貞だったはずのスティーブ・カレルが、10代にして初体験の相手と結婚し、40代には既に3人の子持ちになっているという設定の映画『ラブ・アゲイン』。 しかし、主人公はスティーブ・カレルなのですが、女性陣の目はほとんどライアン・ゴズリングに釘付けな... [続きを読む]

» ラブ・アゲイン [いやいやえん]
うん、これは面白かった!ほんわかする。 主人公の中年男性を演じるスティーブ・カレルさんの変身もみもの。何よりプレイボーイ・ジェイコブを演じるライアン・ゴズリングさんが凄く格好よかった〜! 倦怠期夫婦の離婚から話は始まります。妻エミリー(ジュリアン・ムーア)の浮気から、自分を省みて男性的な魅力に対して努力を怠ったことを悟った夫キャル。 でもこういう夫婦は世の中にたくさんいると思うな、みんな見てみぬふりをするか、お互い様って思うか、パートナー・同士として我慢してくかってところが大体のところ... [続きを読む]

» ラブ・アゲイン (Crazy, Stupid, Love.) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 グレン・フィカーラ/ジョン・レクア 主演 スティーヴ・カレル 2011年 アメリカ映画 118分 ラブロマンス 採点★★★★ 「見た目じゃないよ!中身だよ!」とは言いますが、コミュニケーションを取る入口として“見た目”ってのは非常に重要ですよねぇ。最近ち…... [続きを読む]

« 「ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-」 | トップページ | スペシャルドラマ「らんま1/2」 »