2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ヒマラヤ 運命の山」 | トップページ | 「ウォーリアー&ウルフ」 »

2011年11月25日 (金)

「コンテイジョン」

Contagion え~実は自分はスティーヴン・ソダーバーグ監督の映画を面白いと思ったことがなくて、アカデミー賞をもらった「トラフィック」なんか盛り上がりがないし、黄色っぽい映像が気に入らなくて、何がどう評価されているかがさっぱりわからなかった。
 「オーシャンズ11」も正直、娯楽映画としては見ると全く盛り上がらなくて微妙。
 いや、これを面白いと言えるのがかっこいい映画ファンなんだろうけど、映画に関しては自分の心に正直でありたいので、自分がつまらないと判断したものは世間の評価が高かろうが関係ないと思っている。
 そんなソダーバーグの新作は、未知の致死性ウイルスが猛烈な勢いで世界中に拡散し、人々が恐怖と混乱に陥っていく様子を描く、いわゆるウィルスパニック物だ。。
 この手の映画は定期的に出てくるが、基本的にお約束な展開のパターンが多く、いかに面白くできるかは制作側の力量にかかっている。
 ソダーバーグの映画だから無茶苦茶ボーダーラインを低くして観たせいか、意外に面白かった。
 相変わらず盛り上がりはなく淡々と進んでいくが、逆にそれがリアルである。
 出演がマット・デイモン、ジュード・ロウ、ローレンス・フィッシュバーン、グウィネス・パルトロウ、マリオン・コティヤール…など無駄に豪華なのに、彼らはそれぞれに見せ場があるわけではなく、あくまで沢山いる中の一人として扱っている。
 「感染列島」のようにウィルスをCGで描くわけでもなく、パニックが広がっていくことを克明に描くことにより、ウィルスの拡散の猛威を描いている。
 また、インターネットによる風潮の広がりにも追求しており、実はそれがウィルスより人々をパニックに陥れていることにも追求している。
 実はこれが一番面白かったりする。
 上映時間106分というのも手頃で良い。
 この演出で2時間越えたらダレるし寝るかもしれない。
 とりあえず観にいくソダーバーグの映画だけど、今回は悪くなくて良かった。
 続編もできそうだけど、やらない方がいいだろうなあ。
 IMAXで公開されているのけど、正直、そこまで大画面と大音響の迫力を追求するような映画でもないんだけどね。

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ヒマラヤ 運命の山」 | トップページ | 「ウォーリアー&ウルフ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/53328351

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンテイジョン」:

» コンテイジョン [LOVE Cinemas 調布]
『インフォーマント!』のスティーヴン・ソダーバーグ監督が未知のウィルスの発生からパンデミックそしてワクチンの生産までを描いたパニックムービー。注目すべきはその豪華な出演陣だ。マリオン・コティヤールやマット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレットといった主役クラスの俳優の迫真の演技に惹き込まれる。... [続きを読む]

» 映画『コンテイジョン』 [よくばりアンテナ]
コウモリ・・・豚・・・コウモリ・・・豚・・・ ひょえーっ 人類滅亡とかってリアリティあるぅ〜〜 ってことは、『猿の惑星』につながりそうな・・・・ 新種のウィルスがまたたく間に世界中に広まって...... [続きを読む]

» No.276 コンテイジョン [気ままな映画生活]
【ストーリー】 「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら ... [続きを読む]

» コンテイジョン [だらだら無気力ブログ!]
『感染列島』なんか足元にも及ばない!! [続きを読む]

» コンテイジョン [風に吹かれて]
感染より怖いもの公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/contagion 監督: スティーブン・ソダーバーグ香港出張からアメリカミネソタ州に帰国したベス(グウィネス・パ [続きを読む]

» 接触感染という恐怖 [笑う学生の生活]
18日のことですが、映画「コンテイジョン」を鑑賞しました。 未知の致死性ウイルス感染が地球規模で発生 果たして どうなるのか・・・ ウイルスによるパニック映画なのだが 非常にリアルに徹して作られてますね まさに、シミュレーションのような しかし ストーリーは...... [続きを読む]

» 『コンテイジョン』 今これを観る意義 [映画のブログ]
 世界人口の約50%が感染し、25%が発症し、死亡者は2,000万人以上(5,000万人とも1億人とも)と云われている。世界人口が18〜20億人の時代に、なんと大きな数字だろう。  1918年〜19年に猛威を振るったスペ...... [続きを読む]

» 「コンテイジョン」 情報パンデミック [はらやんの映画徒然草]
タイトルの「コンテイジョン(CONTAGION)」は「接触感染」という意味らしい [続きを読む]

» コンテイジョン/豪華キャストで技巧派映画 [映画感想 * FRAGILE]
コンテイジョンContagion/監督:スティーブン・ソダーバーグ/2011年/アメリカ 主役級は全員アカデミー賞(級)などと言われていますが、それは俳優だけではないのです。 全員アカデミー賞受賞者だったらこの見出しももっとスッキリするのですが、こればっかりはしょうがないです。「コンテイジョン」、最初に予告を見た時、「この豪華キャストでいまどきパンデミック映画?!」と驚いたものです。もう、この映画は、おもしろいとかおもしろくないとかはおいといてとりあえず「知ってる顔がいっぱい出てきてウワーイ... [続きを読む]

» 映画「コンテイジョン」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「コンテイジョン」観に行ってきました。ひとりの感染者を発端に全世界へ拡大していく致死性ウィルスの恐怖と社会的混乱を描いたサスペンス大作。物語は、最初の感染者がウィル... [続きを読む]

» コンテイジョン [映画的・絵画的・音楽的]
 『コンテイジョン』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)本作は、マット・デイモンが出演するのだから、これまでの作品(『アジャストメント』とか『ヒアアフター』など)からしても、そんなに外れることはないだろうと見込んで映画館に行きました。  でも、その期待は大...... [続きを読む]

» 「コンテイジョン」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「トラフィック」「オーシャンズ」シリーズのスティーブン・ソダーバーグ監督最新作。高い死亡率を持つ謎の感染症の蔓延により、パニックに陥る人々の姿を描くディザスター&スリラームービー。    海底に生息する巨大クリオネの化け物や、カレーの国の岩男とは違い、明... [続きを読む]

» ■映画『コンテイジョン』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
この映画を観た後は、電車の中などで咳をしている人を見かけると思わず顔を背けてしまいそうになる映画『コンテイジョン』。 あるウィルスが発生し、そのウィルスがパンデミックしていく様子を、患者(とその家族)、医療従事者、ジャーナリストなどの視点から描いています。... [続きを読む]

» 映画『コンテイジョン』を観て [kintyres Diary 新館]
11-72.コンテイジョン■原題:Contagion■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ソダーバーグ□脚本:スコット・Z・バーンズ□編集:スティーヴン・ミリオン□美術:...... [続きを読む]

» 映画:コンティジョン [よしなしごと]
 バイオもの好きなんですよね。少しだけですが大学時代や仕事でも携わったことがあるからでしょうか。アウトブレイクがとてもおもしろかったと言うこともありますけれど。と言うわけで、久々のバイオものの映画、コンテイジョンを見てきました。。... [続きを読む]

« 「ヒマラヤ 運命の山」 | トップページ | 「ウォーリアー&ウルフ」 »