2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「第7鉱区」 | トップページ | 「エッセンシャル・キリング」 »

2011年11月22日 (火)

「新少林寺/SHAOLIN」

Shaolin 1982年、今まで坊主頭にコンプレックスを抱いていた中学生は、ある映画から勇気をもらった。
 出演者の多くが頭の毛を剃っている「少林寺」を観て、坊主頭でもいけるのではないかと思ってしまったからだ。
 もちろん、映画の影響で頭の毛を剃るのが流行ったか?といえばそんなことは微塵もない。
 だが、カンフー映画の面白さを知った男子は少なくないだろう。
 そして2011年、坊主頭ではなくなったが、今度は髪の毛が薄くなってしまった当時の中学生が観る映画、それが「新少林寺/SHAOLIN」だ。
 1982年の「少林寺」を基にした新たなる物語。
 当然、リー・リンチェイ、現在はジェット・リーがどこかで出て欲しいと思うファンは多いが、残念ながら彼は出演していない。
 アンディ・ラウ、ジャッキー・チェン、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビンなどアジアを代表する俳優が出演している。
 ジェット・リーとジャッキーの夢の競演を期待していた人は残念だが、「ドラゴン・キングダム」で既に競演しているので良しとするしかないだろう。
 各地で争いが絶えない辛亥革命後の中国・登封市にある少林寺の僧侶たちは戦火で傷ついた者たちの救援活動をしていた。
 そんな少林寺に乗り込んで暴れていた侯杰は、信用していた部下・曹蛮にも裏切られて、今度は自分が少林寺にかけこむ。
 そこで心を入れ替えて頭を丸めて修行を始める。
 しかし、曹蛮が大軍を引き連れて少林寺に攻め込んでくる…みたいな話で詳しいことは公式ホームページを見てもらうとして、自分のお目当てはジャッキー。
 ひょっとして頭を丸めるのか?と思ったが、彼は少林寺の料理係の設定。
 しかし、普段の仕事が武道の基礎となっているという、「ベスト・キッド」状態で、当然見せ場もあるのだが、そこはいつものジャッキー節!
 ちょっとコミカルだったりする。
 さらに最終的に一番美味しいところを持っていくのだ。
 少林寺の坊主の動きとはちょっと違うので浮いてしまうのだが、特別枠ということで。
 話は全く爽快感がないのは、いかんともしがたいのが残念なところで、まあ基本坊主の話なので説教臭いのは当然か。
 だけど、自分の身内が死んだ原因の男を改心させるとか理解できない。
 自分がその立場ならとっとと死んでもらうけどね。
 監督は「インビジブル・ターゲット」や「コネクテッド」のベニー・チャン。
 上映時間がはもう少し短くてもいいような。
 主人公の嫁さん役が大塚寧々(B80-W53-H83) に似ていることも付け加えておく。 

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「第7鉱区」 | トップページ | 「エッセンシャル・キリング」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/53302320

この記事へのトラックバック一覧です: 「新少林寺/SHAOLIN」:

» 新少林寺/SHAOLIN [LOVE Cinemas 調布]
1982年に日本でも大ヒットしたジェット・リーの出世作『少林寺』が、29年ぶりに甦る。といっても武術アクション映画から人間ドラマに重心を移した文字通り新たな少林寺だ。主演は『インファナル・アフェア』のアンディ・ラウ、共演に『孫文の義士団』のニコラス・ツェーとファン・ビンビン、そしてジャッキー・チェンといった中国スターが揃う。監督は『コネクテッド』のベニー・チャン。... [続きを読む]

» 新少林寺 / SHAOLIN [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 香港&中国    監督:ベニー・チャン  出演:アンディ・ラウ      ニコラス・ツェー      ファン・ビンビン      ジャッキー・チェン 【物語】  辛亥革命の時 ... [続きを読む]

» 新少林寺/SHAOLIN リメイクだと思っていたらまったく別物だ! [労組書記長社労士のブログ]
【=63 -11-】 自分たちの世代は、小学生の時にブルース・リー、中学生の時にジャッキー・チェン、そして極めつけはジェット・リーの「少林寺」で、中国武術の影響を思いっ切り受けた! なんかしょっちゅう「あちょーっ」ってやってた、その少林寺のリメイクだと思ってワ...... [続きを読む]

» 新少林寺/SHAOLIN [だらだら無気力ブログ!]
娘の名前が勝男ってのはどうかと思うぞ。 [続きを読む]

» 「新少林寺/SYAOLIN」 アクションとドラマを両立 [はらやんの映画徒然草]
久しぶりです、本格的なカンフー映画は。 やはり、ジャッキー・チェンの作品やリー・ [続きを読む]

» 映画:新少林寺/SHAOLIN [よしなしごと]
 この映画を知ったきっかけもツイッターの公式アカウントにフォローされたからでした。と言うわけで今回は新少林寺/SHAOLINを見てきました。 [続きを読む]

« 「第7鉱区」 | トップページ | 「エッセンシャル・キリング」 »