2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ステキな金縛り」 | トップページ | 「夜明けの街で」 »

2011年10月31日 (月)

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」

34 「三銃士」の映像化は今更感が強い。
 おそらく色々加工しやすい鉄板な古典なのかもしれない。
 個人的にはテレビアニメの「ワンワン三銃士」が好きだった。
 鶴光が声で出ていたからなんだけど。
 映画は、最近観たのはディカプリオの「仮面の男」なんだけど、これが微妙なできで、やっぱりリチャード・レスター版が一番好きかな。
 まあ、話は決まっているのであとは、誰がどの役を演じて、どうアレンジするかが、この手の古典の楽しみだ。
 ダルタニアンが三銃士の仲間入りをして、奪われた王妃の首飾りを取り戻すために、宿敵リシュリュー枢機卿や謎多き美女ミレディを相手に戦うという基本設定は同じなのだが、小道具として、レオナルド・ダ・ヴィンチの設計した飛行船が出てくるので、空中戦がある。
 実はそれが最大の見所だったりする。
 ダルタニアン役にローガン・ラーマン、バッキンガム公爵をオーランド・ブルーム、謎の美女ミレディをミラ・ジョヴォヴィッチが演じている。
 主演はもちろんダルタニアンなのだが、ど~考えてもミレディの見せ場がかっこよく、アクションはもちろん、お色気シーンも多い。
 まあ監督が彼女の旦那であるポール・W・S・アンダーソンだからそうなってしまったのかもしれない。
 アクションは迫力もあって良かったのだが、人物描写が雑で、ダルタニアンなんかどう考えてもドキュン野郎にしか見えない。
 何しろ事件の半分くらいは彼の行動に問題があるとしか思えないくらいだ。
 飛行船はあんな単純な図案で作れるとは思えないのだが、そこらへんは軽く流すということで。
 予告編でお馴染みの体をのけぞらせて罠を突破するミラ・ジョヴォヴィッチは意外にそんな見せ場でもなく、意外に早い段階で出てきて軽く流されてしまう。
 一応、3D映画なのだが、全く必要性がないので2Dで十分。
 続編が作れそうな感じで終わるのは、この手の映画のお約束だ。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ステキな金縛り」 | トップページ | 「夜明けの街で」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52927105

この記事へのトラックバック一覧です: 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」:

» 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [ともやの映画大好きっ!]
(原題:THE THREE MUSKETEERS) 【2011年・フランス/アメリカ/イギリス/ドイツ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 第24回東京国際映画祭公式オープニング作品。 アレクサンドル・デュマが1844年に発表した古典文学を映像化。 憧れの三銃士の仲間入りを果たした青年ダルタニアン...... [続きを読む]

» 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [LOVE Cinemas 調布]
超有名なアレクサンドル・デュマの冒険活劇「三銃士」を『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督が映画化。主人公ダルタニアンを『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマンが、謎の美女ミレディをミラ・ジョヴォヴィッチ、バッキンガム公爵をオーランド・ブルームが演じる。他にもクリストフ・ヴァルツ、マッツ・ミケルセンと錚々たる俳優が勢揃いだ。... [続きを読む]

» 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [だらだら無気力ブログ!]
『三銃士』なのに三銃士は脇役なんだ・・・。 [続きを読む]

» 映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D版)」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D版)」観に行ってきました。アレクサンドル・デュマ原作小説「三銃士」をベースにしつつ、飛行船をはじめとする妙に近代的... [続きを読む]

» 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [風に吹かれて]
ONE FOR ALLALL FOR ONE公式サイト http://34.gaga.ne.jp 監督: ポール・W・S・アンダーソン  「バイオハザード」シリーズ17世紀。まだ若いルイ13世が王位を [続きを読む]

» 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 原作と違う理由 [映画のブログ]
 高校時代、『ダルタニャン物語』に熱中した私は、まさしく巻を措くあたわずという状態だった。この長大な物語の先を早く読みたかったので、とうぜん授業中も読みふけった。  国語の授業でのこと、先生は教...... [続きを読む]

» 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 想像していたよりオーソドックス [はらやんの映画徒然草]
三銃士の物語はけっこう好きで、映画や本も読んでます。 映画だと1993年の「三銃 [続きを読む]

» 映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 [よくばりアンテナ]
いつもの映画館では、 3D・字幕、3D・吹き替え、2D・字幕の3つの選択肢。 最近は3Dの意味あるんかなぁと思うことも多いですし、 2D・字幕で観賞。 ここのところ3Dの映画って、2D版を選択で...... [続きを読む]

» 映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 [FREE TIME]
映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」を鑑賞。 [続きを読む]

» 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 1844年の発表以来、世代を越えて愛されるアレクサンドル・デュマ・ペール原作の小説を大胆アレンジ。「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のローガン・ラーマン主演で3D映画化。  西部開拓時... [続きを読む]

» 『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 [cinema-days 映画な日々]
17世紀初頭フランス ダルタニアンは三銃士と共に、 王妃の首飾り奪還の為 英公爵&二重スパイと戦う... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:アレクサンドル・デュマ「三銃士」 原題:The Three Musketeers 2D鑑賞... [続きを読む]

» 映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船3D』を観て [kintyres Diary 新館]
11-73.三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船■原題:The Three Musketeers■製作年・国:2011年、ドイツ■上映時間:111分■字幕:佐藤恵子■料金:400円(3D料金のみ)■鑑賞日:11月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・製作:ポール・W・S・アン...... [続きを読む]

» 映画:三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [よしなしごと]
 なーんか予告編を見てもあんまり魅力を感じない作品でしたが、まぁ何となく見に行くことにしました。と言うわけで今夏の記事は三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船です。... [続きを読む]

» 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛... [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ17世紀フランス。銃士に憧れ、田舎からパリに上京してきた気が強く無鉄砲な青年ダルタニアンは・・・。解説ミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソンの『バイ... [続きを読む]

» 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』'11・仏・米・英・独 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ17世紀フランス。銃士に憧れ、田舎からパリに上京してきた気が強く無鉄砲な [続きを読む]

» 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛... [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ17世紀フランス。銃士に憧れ、田舎からパリに上京してきた気が強く無鉄砲な青年ダルタニアンは・・・。解説ミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソンの『バイ... [続きを読む]

» 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』'11・仏・米・英・独 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ17世紀フランス。銃士に憧れ、田舎からパリに上京してきた気が強く無鉄砲な [続きを読む]

» 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 歴史アクション大作ここにあり(*^ω^*)ノ彡 [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船観ましたよ~(◎´∀`)ノ いや~おも [続きを読む]

» 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [いやいやえん]
「一人は皆の為に、皆は一人の為に」有名なアレクサンドル・デュマの冒険活劇「三銃士」を大胆にアレンジして映画化。娯楽大作としては全体に軽いタッチの作品になってます。 ダ・ヴィンチが設計した飛行船が実際に作られていたというのが面白い設定ですよね。なんか、曲がパイレーツみたいだったけど。 アトスのマシュー・マクファディンさんやアラミスのルーク・エヴァンスさんらが男前♪うふ。でも三銃士側よりも、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム、クリストフ・ヴァルツさんら悪側のほうがインパクト強い。あ... [続きを読む]

« 「ステキな金縛り」 | トップページ | 「夜明けの街で」 »