2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「カンパニー・メン」 | トップページ | 「牙狼<GARO> MAKAISENKI <Vol.1> 1話~3話」 »

2011年10月 8日 (土)

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」

Rise_apes 「猿の惑星」はその話の面白さ、特に最後のオチ、さらには猿のメイクのリアルさで話題になり、続編が作られ、さらには影響を受けた作品も多い。
 日本でも明らかに便乗作品としか思えない「猿の軍団」が放送された。
 一応、言っとくと「猿の軍団」は作品的には面白いので誤解しないように。
 できれば、裏番組の「宇宙戦艦ヤマト」よりも、こちらを映画化希望。
 2001年の「PLANET OF THE APES/猿の惑星」はイマイチだったので、今回またもや映画化の話を聞いて、ちょっと食傷気味だった。
 というか、映画会社の企画がない時に出てくる過去のヒット作品に便乗するものだと思っていたからだ。
 まあその通りではあるのだが、実は予想以上の傑作!
 アルツハイマー治療のために開発した新薬を投与されて知能が驚異的に発達したチンパンジーが、やがて自我に目覚めて人類に反旗を翻していく…という話で、これまでのシリーズはなかったことになるのではなく、これまでの話に続くプロローグ的な扱いといって良いかもしれない。
 今までのシリーズの要素もうまく散りばめられていて、懐かしい猿の名前はもちろん、意外なところで一瞬出てくる自由の女神等、知らなくても問題ないし、知っていれば深読みすることもできる楽しみがある。
 さらに凄いのは猿の動きで、昔は猿の顔のメイクが評判だったものの動きは人間だった。
 しかし、この映画はパフォーマンス・キャプチャー技術を駆使し、人とは違った動きをしている。
 かつて、マルセ太郎氏は、「飛び降りる時、人間は足から下りるが、猿は手から下りる」と語っていたらしいが、この映画の猿は正に人間とは違う動きをしている。
 それでいて、時々見せる人間のような表情がいいのだ。
 話も、猿の世界がこうやって出来ていくと考えると面白い。
 まるで、チンピラかのしあがっていくヤクザのような痛快さもあり、「猿の惑星 ビギンズ」もしくは「猿の惑星始めました」というタイトルでも悪くない。
 出演は「127時間」のジェームズ・フランコ。
 だけど、 注目すべきは、ハリー・ポッター・シリーズのドラコ・マルフォイを演じたトム・フェルトンで、すっかりの悪役が板についてきている。
 
 監督はルパート・ワイアット。
 エンドロール中にも話が進んでいくので注意!
 これがシリーズ1作目のラスト程でもないけど衝撃的!
 当然、続編も作ることができるようになっているのはお約束だ。
 個人的には家庭内の事情で、劇中に出てきたアルツハイマー治療薬が今すぐでも欲しい! 

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ  

« 「カンパニー・メン」 | トップページ | 「牙狼<GARO> MAKAISENKI <Vol.1> 1話~3話」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52935707

この記事へのトラックバック一覧です: 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」:

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [LOVE Cinemas 調布]
1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主人公猿のシーザーを「LOTR」のゴラムなどパフォーマンス・キャプチャーの第一人者アンディー・サーキスが演じている。監督はルパート・ワイアット。... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ  SF&アクション&サスペンス  監督:ルパート・ワイアット  出演:ジェームズ・フランコ      フリーダ・ピント      ジョン・リスゴー      ブ ... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [ともやの映画大好きっ!]
(原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES) 【2011年・アメリカ】試写&劇場で鑑賞(★★★★★) 1968年に公開された『猿の惑星』の前日譚を改めて描き直し。 一匹の猿の驚異的な進化から始まり、地球の支配者が人間から猿へと取り代わっていく様を描くSFアクション。 現...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [風に吹かれて]
エモーション・キャプチャーの猿 公式サイト http://movies2.foxjapan.com/saruwakuサンフランシスコの製薬会社の研究所に務める、若き神経科学者のウィル(ジェームズ・フラ [続きを読む]

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』新世界のはじまり [Healing ]
猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★ 本物の類人猿は1匹もいないのに、 感情移入できてしまうすごさ 言わずと知れた往年のSFシリーズ『猿の惑星』の、いわばエピソード・ゼロ。 2001年のティム・バートン版もあわせると、全6本のブルーレイがあってびっくりです。 何を隠そう、チャールトン・ヘストン主演の最初の『猿の惑星』と ティ... [続きを読む]

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 様々なメディアに影響をもたらした、SF映画の金字塔的作品。その前日譚を、ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ主演で映画化。  過去の名作がモチーフなだけに、取っつきにくい内容かと思いきや、意外にもSF初心者にも分かりやすい、いい意味で敷居の低... [続きを読む]

» 映画「猿の惑星:創世記〈ジェネシス〉」新しいシリーズの始まりの予感 [soramove]
「猿の惑星:創世記〈ジェネシス〉」★★★★ ジェームズ・フランコ、リーダ・ピント、 アンディ・サーキス、ジョン・リスゴー主演 ルパート・ワイアット監督 106分、2011年10月7日公開 2011,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原作:原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか... [続きを読む]

» シネトーク82『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』●シーザーの“サル芝居”に負けたフランコ(笑) [ブルーレイ&シネマ一直線]
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「TOHOシネマズってマナーCMが多すぎないか?」 シネトーク82 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 RISE OF THE PLAN... [続きを読む]

» ■映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
あの名作「猿の惑星」シリーズのエピソード1的物語『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。 猿が知性を身に着け、人類が滅亡へのカウントダウンに入るまでの出来事を描いています。 その一連の出来事の根底にあるのは、家族への“愛”。 家族への“愛”=人間の“エゴ”でもあ... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・ ... [続きを読む]

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 [はらやんの映画徒然草]
オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。 あ [続きを読む]

» 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て [kintyres Diary 新館]
11-65.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ルパート・ワイアット□脚本・...... [続きを読む]

» 映画:猿の惑星:創世記 [よしなしごと]
 うちの親父はSFは嫌いなんだけど大のチャールトン・ヘストンファン。そんな親父がテレビで見ていた猿の惑星を一緒に見ていました。子供心ながら、ラストの衝撃は忘れられません。そんなわけでティム・バートンの猿の惑星 ― Planet Of The Apesも楽しみにしていたのに、正直イマイチでした。そんなわけで今回はリメイクではなく初代猿の惑星以前の地球を描いた作品と言うから期待大です。予告編もおもしろそうだし。と言うわけで今回の記事は猿の惑星:創世記です。... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Rise of the Planet of the Apes) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ…... [続きを読む]

» 【映画】猿の惑星:創世記…猿の気持ちで観たらいいのか、人の気持ちで観たらいいのか? [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。 数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で… 『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい』 『どうもホラー映画のようです。』 という事を書きましたが、一部...... [続きを読む]

« 「カンパニー・メン」 | トップページ | 「牙狼<GARO> MAKAISENKI <Vol.1> 1話~3話」 »