2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ツレがうつになりまして。」 | トップページ | 「監督失格」 »

2011年10月12日 (水)

「スペイン一家監禁事件」

Spain_2 ある日突然、平和な一家に残忍な強盗グループがやってきた!
 覆面を被った3人組の男VS父・母・娘。
 彼らの長い夜が始まる…。

 世田谷一家殺害事件みたいな話かと思ったら違った。
 ヨーロッパでは10秒に1度、年間で300万件も自宅への押し入り強盗が発生しているらしい。
 治安の悪さでは「名探偵コナン」の米花町並だが、よくよく考えたらヨーロッパというくくりは大きいような。
 この映画はタイトル通り、スペインのちょっと裕福な家庭が餌食になってしまう。
 普通、この手の映画だと、お父さんが実は元CIAの腕利き工作員という話展開になってしまうのだが、残念ながら、お父さんは極めて普通の一般人だ。
 じゃあ、素人ながら冒険野郎マグワイヤーのように周りのものを使って家族を救うかと言えばそうでもない。
 ちょっとは反骨精神を出すのだが強盗に屈してしまうのだ。
 つまり、この映画はそういうものではなく、ごく一般家庭が強盗に押し入られ、容赦のない暴力や理不尽な扱い、安らぎの場所である家庭が地獄の密室化した恐怖などを描いている。
 そこには救いはないし、伏線もない。
 よくよく考えてみたら、実生活にそんなものはないからだ。
 ところが「ファニーゲーム」のように気分がブルーになるかと思えば意外にそうでもなかった。
 おそらく、全体的に乾いた感じでテンポよく進み、先行きの読めない展開が緊張感を生み、スリルとサスペンスが程よくミックスされているからだ。
 出演も監督もスペイン人なのでよくわからないという、映画会社の宣伝泣かせではあるが、面白さは抜群!
 ただし、デートには微塵も向かないので注意!

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ツレがうつになりまして。」 | トップページ | 「監督失格」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52969123

この記事へのトラックバック一覧です: 「スペイン一家監禁事件」:

» No.297 スペイン一家監禁事件 [気ままな映画生活]
強盗により平和な生活を破壊された家族が直面する恐怖を描く密室型サスペンス。働き盛りの夫ハイメと妻マルタ、娘イサは一家そろって郊外の新興住宅地へ移り住む。しかし引越しを ... [続きを読む]

» スペイン一家監禁事件 [いやいやえん]
まるでリアルドキュメンタリーのような演出が、居心地悪さ・不快度をあげてます。微妙なカメラの位置や2分割映像などでみせられるのは、果てしない暴力性。越してきたばかりの一家に押し入った覆面をした強盗たち。派手さはなく淡々と進んでいくのがまた嫌らしさ満載。 ワンカットで撮影された緊迫感のある映像、また2分割され左右に映される映像をみているだけでも心拍数が上がります。どうなるの、どうなるの?とドキハラさせられっぱなし。そして1つになり見てる人を絶望の淵へと追いやるラストまで一気にテンションが高くな... [続きを読む]

« 「ツレがうつになりまして。」 | トップページ | 「監督失格」 »