2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「大鹿村騒動記」 | トップページ | 「未来を生きる君たちへ」 »

2011年9月20日 (火)

「アンフェア the answer」

Unfair_the_answer 2006年に連続ドラマ→2007年に映画化。
 そして、どれくらいの人が望んでいるのかは知らないが、再び映画化。

 検挙率ナンバー1の刑事・雪平夏見は、北海道の紋別警察署に異動になっている。
 東京で体中に釘を撃ち込まれる連続猟奇殺人事件が発生し、その容疑者が次に殺されることから一種の予告殺人ということがわかってくる。
 しかし、今度は雪平に連続殺人事件の容疑が掛けられてしまう。
 雪平は逃走し、容疑を晴らすために独自の捜査を進める。
 やがて巨大な陰謀と黒幕の存在が明らかになっていく…。

 前回の映画で出てきたUSBメモリーが重要なアイテムとなっている。
 最初の方は面白かったんだけど、後半がイマイチな展開!
 意外な展開とかどんでん返しと言えば聞こえはいいかもしれないけど、全てが後出しジャンケンみたいな感じだった。
 黒幕が誰かとか引っ張りすぎだし、そもそもツッコミ所満載。
 特に連続殺人事件は何故そうなるの?とか、それ誰?とか、そこに隠せるの?とか、微妙な疑問が出てくる。
 宣伝文句の「最後の事件。すべての答えが、そこにある。」は、ちょっと誇大広告気味。
 色々な意味で、アンフェアだったりするのだ。
 主演は、かつてオホホ星人をやってたことが懐かしい篠原涼子(B82-W59-H85)。
 出産が決まっているため、続編はもう少し後になりそうだ。
 今回はお色気シーンもあるのが、「ごっつええ感じ」で浜ちゃんに胸を鷲掴みされていたのに比べたら、まだまだかな。
 レギュラーである寺島進、加藤雅也、香川照之、阿部サダヲも引き続き登場。
 さらには今回のオリジナルキャストで、佐藤浩市、大森南朋が出演するが、大物俳優がどうでもいい役であるわけがなく、当然、重要人物であることがわかってしまうのが、シリーズ物の弱点だ。
 あと最初は誰かわからなかったが山田孝之も出ていて、ここ最近はワイルドというか小汚いイメージが強かったので、ヒゲもなくきちんと小奇麗なスーツで出てくるとすぐにわからない。
 監督は「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」の佐藤嗣麻子。
 自分が観た劇場に原因があるのか知らないが、篠原涼子がボソボソ話すので、セリフが聞こえ辛いので、ちょっと集中する必要があるかも。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「大鹿村騒動記」 | トップページ | 「未来を生きる君たちへ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52779024

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンフェア the answer」:

» アンフェア the answer [だらだら無気力ブログ!]
日本 サスペンス/ミステリー     * * * * * * * * 篠原涼子主演の大ヒット刑事ドラマの劇場版第2弾。警察内部の不正を追う敏腕女性刑事・雪平夏見が、彼女を待ち受ける巨大な陰謀に立ち向かい、決死の真相解明に臨む姿を二転三転するスリリングな展開で...... [続きを読む]

» No.260 アンフェア the answer [気ままな映画生活]
【ストーリー】 篠原涼子主演で2006年に連続ドラマが放送、07年には劇場版も公開された刑事サスペンスの4年ぶり劇場版第2作。検挙率ナンバーワンを誇る敏腕刑事・雪平夏見は、北海道 ... [続きを読む]

« 「大鹿村騒動記」 | トップページ | 「未来を生きる君たちへ」 »