2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ネッシーのなみだ」 | トップページ | 「大鹿村騒動記」 »

2011年9月18日 (日)

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

Battlela 震災の影響で4月公開が9月に変更。
 その間にパチモンのような「スカイライン-征服-」が公開されたが、単なる特撮会社の映像サンプルのような映画で、あまりにのつまらなさに涙目!
 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」はもっと面白いに違いない!
 だから期待しまくって観にいったのだが、

 
 目茶苦茶つまらない。

 完全に予告編一発勝負の映画だった。
 予告編にあった宇宙人は昔から来ていたみたいな話は微塵も存在していない。
 世界の主要都市がエイリアンに破壊されまくるという設定なのだが、映画の舞台はロスだけで、警察署にいる逃げ遅れた民間人を救うために海兵隊がやってくるが、エイリアンの襲撃を受けて市街戦になるという話で、「プライベート・ライアン」以降でお馴染みの手落ちカメラを駆使して、生々しい戦いを描いている。
 全体的に緊迫感がないというか盛り上がりが全くないので、途中で少し眠くなってくる。
 戦闘シーンは迫力があるはずなのだが、山場も続けば平らになってしまうの典型的な例だ。
 ツッコミ所は満載で、特に最後に出てくる巨大なものとか、どうやって入れたんだよ?
 根本的に宇宙人があんまり強くないのだが、欠点探しとかいいながら、ナイフであらゆるところを刺していくのが笑った。
 そんなことしたら、普通に死ぬと思うのだが、相手が宇宙人なので常識は通用しないのか?
 それに全編に漂うアメリカ海兵隊万歳!的な展開もちょっと抵抗あり。
 監督はジョナサン・リーベスマン。
 最後は当然続編もできそうな雰囲気を残しているのはお約束だ。
 やっぱり、公開延期しているうちに期待が膨らみすぎたか?
 

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ネッシーのなみだ」 | トップページ | 「大鹿村騒動記」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52760310

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」:

» 世界侵略:ロサンゼルス決戦 [LOVE Cinemas 調布]
今年流行のエイリアンによる地球侵略映画。ロサンゼルスを舞台に、エイリアンと海兵隊員が壮絶な死闘を繰り広げる。手持ちカメラによる緊迫感溢れる映像には思わず惹き込まれるだろう。主演は『ダークナイト』のアーロン・エッカート。共演に『アバター』のミシェル・ロドリゲス、『アイ,ロボット』のブリジット・モイナハンらが出演。監督は『テキサス・チェーンソー ビギニング』のジョナサン・リーベスマン。... [続きを読む]

» 世界侵略:ロサンゼルス決戦 [だらだら無気力ブログ!]
見事にアメリカ万歳映画だった。 [続きを読む]

» 映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」地球絶対絶命の危機 [soramove]
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」★★★★☆ アーロン・エッカート、ブリジット・モイナハン、 ミシェル・ロドリゲス、マイケル・ペーニャ、Ne-Yo主演 ジョナサン・リーベスマン 監督 116分、2011年9月17日公開 2011,アメリカ,ソニーピクチャーズ エンタテインメント (原作:原題:BATTLE:LOS ANGELES ) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい... [続きを読む]

» [映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆いや、面白かった〜^^  今も興奮冷めやらない。  異星人による地球侵略を、それに反攻する(各国の)軍隊(この作品では米軍・海兵隊)の一小隊の動向を追う中で描いている。  この作品も、私が褒め称える、『「世界全体の事件」をうまく一小隊の活躍に還元』で...... [続きを読む]

» シネトーク79『世界侵略:ロサンゼルス決戦』●海兵隊バンザイのエイリアン映画! それでいいの!? [ブルーレイ&シネマ一直線]
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「座席はやっぱり劇場内の中央がベストポジションやね」 シネトーク79 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 監督:ジョナ... [続きを読む]

» 映画:世界侵略:ロサンゼルス決戦 [よしなしごと]
 エイリアンものは好きなんだけど、予告編を見ても目新しさを感じない。なのであまり期待せず観に行ってきました。と言うわけで今回は世界侵略:ロサンゼルス決戦です。 [続きを読む]

» 映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観て [kintyres Diary 新館]
11-64.世界侵略:ロサンゼルス決戦■原題:World Invasion:Battle Los Angeles■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:116分■字幕:太田直子■鑑賞日:10月10日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円□監督:ジョナサン・リーベスマン□脚本:クリス・バ...... [続きを読む]

» 世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Battle Los Angeles) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 アーロン・エッカート 2011年 アメリカ映画 116分 SF 採点★★ “友達”ってのは、基本的には自分の近くで作りますよねぇ。わざわざ遠くに出向いて友達を作ろうなんて気は起きない。ってことは、もし宇宙人が遠路遥々地球ま…... [続きを読む]

» 世界侵略:ロサンゼルス決戦 [いやいやえん]
アーロン・エッカートさん(好き)主演です。エイリアンVS海兵隊という分かり易い図。それも空中戦とかではなく地上戦です。 エイリアン側との圧倒的な戦力差を無視して、ロサンゼルスに特化した描き方をしているのはなかなか良い設定だったと思います。それも、警察署に取り残された民間人を救出に向かうという局地的な描き方。 ミシェル・ロドリゲスさんも参戦で、彼女はこういう役が似合う、格好よい逞しい女性です。派手なドンパチに小隊のドラマに熱くなったりと、なんてわかりやすい作品でしょうか。 海兵隊、かっこ... [続きを読む]

« 「ネッシーのなみだ」 | トップページ | 「大鹿村騒動記」 »