2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「デッドボール」 | トップページ | 「AVN/エイリアンVSニンジャ」 »

2011年9月30日 (金)

「アジョシ」

Ajosi 「お前何者だ?」
 「隣の家のおじさん」

 うわ~かっこいい~。
 今、隣に住んでるおじさんで一番かっこいいんじゃないの?
 やっぱり、男であるなら、かっこいい隣りのおじさんになりたいものだ。
 とはいいながらも、この映画のおじさんは、ウォンビンだから当たり前か。
 ちなみにタイトルのアジョシはおじさんの意味ってまんまやね。
 隣りに住む質屋のおじさんテシクは、過去に色々あったみたいでちょっと愛想が悪い。
 隣りに住む孤独な少女ソミは、ただ一人の友達として慕っていたが、ある日、母親が犯罪に巻き込まれ、彼女も組織に誘拐されてしまう。
 ソミを救い出すため、おじさんが立ち上がる……。
 実はおじさんは今でこそ質屋だが、昔は暗殺がメインの特殊部隊要員だったのだ。
 「96時間」を例に出すまでもなく、ここ最近おなじみの、今は地味にやってますが昔は物凄い人というお馴染みのジャンルだけど、こういうのって水戸黄門と同じで最後に印籠がババ~ンと出て、今までじじい呼ばわりしていたえらい奴がハハ~ってなるような爽快感があるわけだ。
 この映画のおじさんも徐々にその正体がわかってきて、最後は問答無用で敵をぶっ倒すというのが気持ちいい。
 韓国映画は手加減なしは有名だが、この映画は本国でもR15指定を受けていて、残虐シーンは過剰すぎるくらい。
 悪役は常に憎々しく、全く情状酌量の余地がない。
 何しろ麻薬から臓器売買まで手広くやっており、ソミの母親の内蔵を生きたまま取り出してしまうし、ソミの目をほじくりだしてしまおうともする。
 そんな奴らを元特殊部隊で現在は質屋のおじさんが、見た目のかっこよさではなく、本格的な殺しのためのアクションで倒していくのだから痛快でないわけがない。
 そもそも質屋のおじさんが何故、隣りの家の少女をそこまでして救出するのか?と思う人もいるだろうが、決してロリコンだからというわけではなく、実は過去に妻と子供を交通事故で亡くしている。
 だからこそ、少女に自分の子供の面影を重ね、二度と同じような辛い経験をしたくないというのがあったりするからだ。
 だからこそ、どうしても少女を救わなければならないわけで、この何が何でもという理由がきちんと明確になっているため、観ていて力が入ってしまうのだ。
 この少女役のキム・セロンが、目茶苦茶かわいいわけでもないのだが良い感じを出している。
 監督はイ・ジョンボム……って誰かわからないけど、こんな面白い演出をできるからいい奴ってことで。
 もちろん、ツッコミ所はあって、クライマックスの戦いだって、あの<目>は話の流れからわかってしまうので、もうちょっとひねれよ!とか思ったりするのだけど、まあそこもお約束ってことで。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「デッドボール」 | トップページ | 「AVN/エイリアンVSニンジャ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52868106

この記事へのトラックバック一覧です: 「アジョシ」:

» アジョシ/아저씨 [LOVE Cinemas 調布]
2010年に公開されナンバー1ヒットを記録した作品。主演のウォンビンは韓国のアカデミー賞にあたる大鐘賞で主演男優賞を受賞した。心に深い傷を負った男がとある少女と心を通わせ、その少女がマフィアに浚われると彼女を救うために完全と立ち向かう。少女役は『冬の小鳥』で天才子役と絶賛されたキム・セロン。監督・脚本はイ・ジョンボム。ウォンビンの素晴らしいアクションシーンに目を見張る。... [続きを読む]

» 「アジョシ」 瞳の演技 [はらやんの映画徒然草]
ウォンビン主演の韓国映画「アジョシ」を観てきました。 社会の片隅で静かにひっそり [続きを読む]

» アジョシ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
アジョシ '10:韓国◆原題:THE MAN FROM NOWHERE◆監督:イ・ジョンボム「熱血男児」◆出演:ウォンビン、キム・セロン、キム・ヒウォン、ソン・ヨンチャン、キム・テフン◆STORY◆町の片隅で ... [続きを読む]

» 映画:アジョシ [よしなしごと]
 マジ泣きした僕の彼女を紹介しますから韓流映画のファンになったのですが、最近はパッとしないイメージ。そんな中、日本語に直すと「おじさん」というアジョシを見てきました。 [続きを読む]

» 隣の家のおじさんのクールネス 『アジョシ』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:イ・ジョンボム出演:ウォンビン、キム・セロン韓国映画 2010年 ・・・・・・ 7点 [続きを読む]

« 「デッドボール」 | トップページ | 「AVN/エイリアンVSニンジャ」 »