2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「レイン・オブ・アサシン」 | トップページ | 「探偵はBARにいる」 »

2011年9月10日 (土)

「マルドゥック・スクランブル/燃焼」

Ms2 おまち~。
 原作者の冲方丁が自ら脚本化した「マルドゥック・スクランブル」全3部作の第2弾!
 冲方丁といえば自分の中では今でも「マルドゥック・スクランブル」なんだけど、世間的には「天地明察」で有名らしい。
 確かに「マルドゥック・スクランブル」は発売から7年以上経っているので仕方ないかもしれない。
 今回のアニメ化も旬をはずしたと思っていたのだが、だけど、すっかり落ち着いた今だからこそ余裕を持って観ることができるというもの。
 おそらく発売してまもない頃だったら、イメージと違う!と怒ってそうだが、今だとこんな表現もあるかなと思ってしまう。
 特にこの手のサイバーパンクは想像が追いつかないところもあるので、映像化は逆に有難かったりする。
 今回は小説の「燃焼」をアニメ化している。
 原作の後半のカジノのエピソードが小説だとちょっと辛かったが、映像化するとわかりやすい。
 もっとも自分がポーカーのルールがよくわかっていないというのもあるのだが。
 3博士の1人であるフェイスマンはキャプテン・フューチャーのサイモン・ライト博士をイメージしていたのだが、映像化すると「ドウエル教授の首」だった(笑)
 ルーン・バロットはカジノのに登場した時が目茶苦茶かわいいので、これだけでも一見の価値あり。
 上映時間が短いことに賛否両論だが、小説がそれぞれこんな感じなのでありだと思うし、もうちょっと観たいところで終わる連続活劇っぽいところも好きだ。
 それに前売りで千円だったら妥当じゃないかな?
 次回作に期待!

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

 

« 「レイン・オブ・アサシン」 | トップページ | 「探偵はBARにいる」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52690446

この記事へのトラックバック一覧です: 「マルドゥック・スクランブル/燃焼」:

» マルドゥック・スクランブル/燃焼 [だらだら無気力ブログ]
『天地明察』で2010年本屋大賞に輝いた人気作家・冲方丁の出世作にして 2003年日本SF大賞受賞の傑作サイバーパンク小説『マルドゥック・スクラ ンブル』を、原作者自らの脚本でアニメ化する全3部作の映画プロジェクト、 その第2弾。 賭博師シェルの犯罪を追うヒロイ…... [続きを読む]

» マルドゥック・スクランブル/燃焼 [だらだら無気力ブログ!]
『天地明察』で2010年本屋大賞に輝いた人気作家・冲方丁の出世作にして2003年日本SF大賞受賞の傑作サイバーパンク小説『マルドゥック・スクランブル』を、原作者自らの脚本でアニメ化する全3部作の映画プロジェクト、その第2弾。賭博師シェルの犯罪を追うヒロインのバ...... [続きを読む]

» マルドゥック・スクランブル 燃焼 [がらくた新館]
『サヴァイヴィング・ライフ』を観た後、渋谷から川崎に移動。 先日観た、「圧縮」に [続きを読む]

» 『マルドゥック・スクランブル 燃焼』 | 小説をアニメにするむずかしさ。 [23:30の雑記帳]
まずは、一般1200円という価格設定に拍手を送りたいです。 本編は1時間ちょっとという長さですが、これほどまでの映像美を 創りあげるのには、想像を絶する労力が必要だったこと ... [続きを読む]

« 「レイン・オブ・アサシン」 | トップページ | 「探偵はBARにいる」 »