2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「モンスターズ/地球外生命体」 | トップページ | 「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~」 »

2011年8月 5日 (金)

「復讐捜査線」

Fukushuusaizensen_2 どちらかといえば、最近は監督業が忙しいメル・ギブソンの久しぶりの主演映画。
 殺された娘の仇を討つために、巨悪と立ち向かう刑事の話で、最近では珍しい骨太サスペンス。
 ボストン警察殺人課のベテラン刑事トーマス・クレイブン。
 久しぶりに帰ってきた娘が自宅の玄関で何者かに射殺された。
 捜査の見解では、クレイブンにを狙ったが、運悪く娘に当たってしまったと判断されてしまった。
 しかし、心当たりがないし納得できないクレイブンは独自の単独捜査を開始。
 調べているうちに、娘の職場は軍需産業と国家の安全保障に関わっており、裏では巨大な陰謀が渦巻いてることがわかってきた。
 彼女はその事実を暴露しようとして殺された可能性が大きい。
 事実を知ったクレイブンは、 娘の仇を討つため、黒幕である軍需企業に戦いを挑む……というもので、昨今の日本で某会社や政府の動きと、ついつい置き換えている人も多いはず。
 それ故に、何にも屈しない主人公に声援を送ってしまうのだ。
 だからこそ、最後の牛乳攻撃は溜飲が下がるものがある。
 主演のメル・ギブソンは懐かしの「リーサル・ウェポン」を思わせて良かった。
 後頭部が異常に薄くなっているのは、もちろん役作りだ……と信じたい。
 監督は007/カジノ・ロワイヤル」のマーティン・キャンベル。
 実は、この映画は彼が昔手掛けたテレビドラマのリメイクらしい。
 007といえば、メル・ギブソンもボンド候補に上がった時があって、もし彼が起用されていたら、こんな感じのボンドだったのかと思ってしまった。
 どちらかといえば、彼はショーン・コネリーよりのボンドなのかも。
 しかし、何よりも編集がスチュアート・ベアードであることに注目したい。
 「96時間」とは違った方向性の父と娘の映画の傑作だが、小規模公開っぽいのが残念でならない。

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「モンスターズ/地球外生命体」 | トップページ | 「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52392971

この記事へのトラックバック一覧です: 「復讐捜査線」:

» 「復讐捜査線」 正義の揺らぎ [はらやんの映画徒然草]
メル・ギブソンの久しぶりの主演作です。 「サイン」以来だとか。 有楽町でもやって [続きを読む]

« 「モンスターズ/地球外生命体」 | トップページ | 「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~」 »