2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「この愛のために撃て」 | トップページ | 「一枚のハガキ」 »

2011年8月26日 (金)

「行け!男子高校演劇部」

Dannsi 映画で多いのはアクションとホラー、そしてつまらない映画なのだが、反面、笑える映画は絶対的に少ない。
 笑える映画でも一番困るのは脱力系で、真剣つまらなくて滑りまくっても「脱力系」の一言で済んでしまうからだ。
 しかし、正統派の真っ向勝負の笑える映画が観たい!
 ところが笑える映画は難しい。
 しかし、そんな中で笑えるのがこの映画だ。
 よこしまな理由で勘違いから廃部寸前の演劇部に入部した男子高校生が、仲間と共に奮闘し、演劇の面白さに目覚めていく…という話で、ここ最近時々出てくる<文科系スポ根映画>だ。
 廃部寸前のクラブ→部員集め→練習→大会というのは王道もしくてはテンプレート的展開だが、いいんだよ、シンプルな話の方が。
 この映画の凄いところは、これでもかという位小ネタやギャグ満載!
 真剣くだらね~と思うこともあるが、量が多ければ笑えてしまう。
 それでいて、意外に爽やかな青春物でもあるから侮れない。
 上映時間が90分を切っているのも良い。
 この手の映画はダラダラ長いよりもスパッと終わるのが正解。
 コメディは90分前後という鉄則に忠実なのが、わかってる証拠だ。
 出演は中村蒼、池松壮亮、冨田佳輔など若手有望株が目白押し。
 監督が「ハンサム★スーツ」、「高校 デビュー」の英勉なので納得!
 スマイレージなんか話の流れに関係ないだろうと思ったが、意外にうまくギャグとして処理してしまったのに感心!

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「この愛のために撃て」 | トップページ | 「一枚のハガキ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52567884

この記事へのトラックバック一覧です: 「行け!男子高校演劇部」:

« 「この愛のために撃て」 | トップページ | 「一枚のハガキ」 »