2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「神様のカルテ」 | トップページ | 「アメイジング グレイス~儚き男たちヘの詩~」 »

2011年8月29日 (月)

「ツリー・オブ・ライフ」

Tree_of_life 長年映画を観ているが、ドンパチ撃ち合いや、どつきあっているカンフー映画、アニメ映画が好きだ。
 だけど、一方ではかっこいい映画ファンを気取りたい時もあるわけで、
 「ご趣味は?」
 「映画鑑賞です」
 「どんな映画が好きですか?」
 こんな質問が出た時に、
 ジャッキー・チェンの映画を羅列するのも微妙かと思うが、逆に映画ファンとして「踊る大捜査線」や「海猿」と答えるのも屈辱的だ。
 ここはやっぱりスタンリー・キューブリックや、タルコフスキー、黒澤明や小津安二郎の映画とか答えておくのが、かっこいい。
 だけど、前から言っているが自分は「2001年宇宙の旅」が世間の評判程面白いと思ったことがない。
 リヴァイバルの度に観にいったが、最終的に面白くないという結論に至った。
 そして久しぶりに出てきたテレンス・マリックの新作。
 前作「ニュー・ワールド」が、かなりつまらなかった。
 世間的には名匠と言われている監督なので、面白いと言えるのがかっこいい映画ファンなのだろうが、かっこよくなくてもいいと思ってしまうくらいだった。
 今回の新作も全く観る気がなかったけど、映画ファンのたしなみ&ひょっとして今回は面白いかも…という淡い期待を持ちながら今更ながら観にいったわけだ。
 1950年代のアメリカに暮らすある家族の物語を地球規模で描いているのだが…すいません、もう目茶苦茶つまらないです。
 恐竜とか、どうでもいいです。
 これを面白いと言えたら、本当にかっこいい映画ファンなのだろうが、自分は絶対に無理!
 むしろ、金払って2時間以上我慢しなくてはならないって、どんな罰ゲームなんだよ。
 っつうか、予告編から想像できる話とは丸っきり違うぞ。
 いや、もちろん勝手にイメージ膨らませている自分が悪いんだけどさ。
 それでも人間ドラマのパートは面白い。
 特に一家の主であるお父さんの気持ちは、年とるとちょっとわかってしまうのだ。
 出演がブラッド・ピットとショーン・ペンだから、ファンは来ちゃうだろうなあ。
 それにカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品だしね。
 確かに映像は凄いんだよ。
 おそらく、デジタル上映で観たらかなりの迫力だと思うのだけど、根本的に話が面白くないからどうしようもない。
 まだまだ修行が足りないことがよ~くわかった。
  もちろん、人それぞれなので面白かった人はうらやましいです。
 
 とりあえず、次回作…は観るか自信がないなあ。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「神様のカルテ」 | トップページ | 「アメイジング グレイス~儚き男たちヘの詩~」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52444803

この記事へのトラックバック一覧です: 「ツリー・オブ・ライフ」:

» ツリー・オブ・ライフ [風に吹かれて]
地球の歴史のごくごく一部のある家族公式サイト http://www.movies.co.jp/tree-lifeカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作製作: ブラッド・ピット他監督・脚本: テレンス・マリ [続きを読む]

» 唯一無二の [笑う学生の生活]
19日のことですが、映画「ツリー・オブ・ライフ」を鑑賞しました。 ブラット・ピット、ショーン・ペン カンヌ パルムドール受賞作 と 話題作ですが・・・ 何より テレンス・マリック監督の新作ということ まさに、監督色が強い 一筋縄ではいかない作品でした 正直 全...... [続きを読む]

« 「神様のカルテ」 | トップページ | 「アメイジング グレイス~儚き男たちヘの詩~」 »