2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「酔拳 レジェンド・オブ・カンフー」 | トップページ | 「ムカデ人間」 »

2011年7月21日 (木)

「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」

Hagaren 2011年の夏のアニメ映画はジブリの「コクリコ坂から」が一番人気であることは、すぐに予想できてしまうのだが、昔からのジブリファンはすっかり大人になってしまったジブリ映画に何か納得できないものがあるはずだ。
 「天空の城ラピュタ」のような漫画映画の面白さ満載の冒険活劇が見たい。
 こんな小さな希望を密かに抱いている人は多くいるに違いない。
 ところがその小さな願いは、ジブリと関係ない映画で叶ってしまうのだ。
 それが、「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」だ。

 
 アメストリスの中央刑務所を脱獄したメルビン・ボイジャーを 追って、テーブルシティに辿り着いたエドとアル。
 そこで、二人はジュリアという少女と出会い、巨大な陰謀へに巻き込まれていく…という話なのだが、これが大変面白い!

 劇場版第1作の「シャンバラを征く者」も予想以上に面白かったが、この映画はそれ以上だ。
 とにかくアクション満載で、正に画面狭しと動きまくる。
 特に前半のアクションは、これでもかというくらい良く動く。
 そしてそれは古き良きジブリ冒険活劇を想わせるものがある。
 この手のシリーズは設定がわかりにくい、もしくはファンしか来ないので、説明がない場合が多い。
 しかし、本来なら複雑であるシリーズの設定や登場人物紹介をうまく物語の中に入れ込んで説明している脚本のうまさにも脱帽した。
 監督は村田和也。
 脚本に「ホワイトアウト」などの小説家でお馴染み真保裕一。
 しかし、絶対的に面白いのにもかかわらず、2011年の夏のアニメ映画は「コクリコ坂から」の一本勝ちなんだろうなあ。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「酔拳 レジェンド・オブ・カンフー」 | トップページ | 「ムカデ人間」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52264920

この記事へのトラックバック一覧です: 「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」:

» 鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 [LOVE Cinemas 調布]
『アンダルシア 女神の報復』の原作・真保裕一脚本で、荒川弘原作の同名コミック「鋼の錬金術師」を映画化。今回はその第2弾だ。監督は『交響詩篇エウレカセブン』の村田和也。刑務所から逃げ出した未知の錬成陣を両手に持つ男、そしてレジスタンスのリーダー格となる少女らとともにエドとアルは巨大な陰謀に巻き込まれ翻弄されてゆく。... [続きを読む]

« 「酔拳 レジェンド・オブ・カンフー」 | トップページ | 「ムカデ人間」 »