2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「スリー☆ポイント」 | トップページ | 「アトムの足音が聞こえる」 »

2011年7月14日 (木)

「はい!もしもし、大塚薬局ですが」

Ootsuka ここ最近、小規模公開の地味な映画でよく、AKB48のメンバーが出演していることがある。
 結局、今の時代、それが最大の売りになるわけなのだが、当然、誰でも知っているようなメンバーが出るわけでもなく、おそらくファンなら知っているような感じではないかと思われる。
 何故、こんな曖昧な言い方をするかというと、AKB48をちゃんと知ったのが昨年末に久しぶりにテレビを長時間観て知ったような自分なので、この映画に出演している小林香菜(B77-W63-H89)なる人物がどれくらい有名なのかさっぱりわからないのだ。
 しかし、どちらかといえば主演は円城寺あや(B83-W59-H85)で、彼女は共演というポジションか。
 話は、すっかりオバサンになってしまった薬局の女店長が、片思いに悩む女子中学生にアドヴァイスをしていきながら、かつての少女時代のの甘酸っぱい恋を思い出す…というもので、現代の話より、昔の話に共感してしまうのは自分が年とった証拠か。
 確かに中学時代はガキなので、大人の知識と経験値で何とかなりそうだが、実は思っている以上にバカなんよね~(苦笑)
 監督は勝又悠。
 スピンオフの方も観たが、正直微妙で、こっちの方がまだ面白い。
 

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「スリー☆ポイント」 | トップページ | 「アトムの足音が聞こえる」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/52200230

この記事へのトラックバック一覧です: 「はい!もしもし、大塚薬局ですが」:

« 「スリー☆ポイント」 | トップページ | 「アトムの足音が聞こえる」 »