2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「前橋ヴィジュアル系」 | トップページ | 「処刑剣 14 BLADES」 »

2011年6月 1日 (水)

「キミとボク」

Kimitoboku  猫と青年の10年間にわたる心の交流を猫の視点から描いたもので、やまがらしげとが実体験を基に制作したFlashアニメーションを実写映画化したもの。
 漫画家になりたい青年が上京…ってどこかでそんな話あったなあと思っていたら、「おのぼり物語」だった。
 これはもう猫好きにはたまらない映画で、普通に買ったら高価なアメリカンショートヘアを拾うというのは、ある日突然かわいい女の子が家に転がり込んできて一緒に住むのと同じような感じだろう。
 だけど、自分は猫というより動物全般に興味ないので、この映画の根本が理解できていないのかも。
 猫はかわいいけど、熱い思いはイマイチわからなかった。
 それより青年が漫画家になれるかどうかの方が心配だった。
 主演は中村蒼。
 猫の声は坂本真綾。
 一応、ここぞというところはおさえている。
 監督は「BADBOYS」の窪田崇。
 上映時間45分程度というのが良い。
 これ以上長いと辛い。
 いや間が持たないだろうな。

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「前橋ヴィジュアル系」 | トップページ | 「処刑剣 14 BLADES」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/51822671

この記事へのトラックバック一覧です: 「キミとボク」:

» キミとボク [LOVE Cinemas 調布]
クリエイターとして活躍するやまがらしげとの実体験をもとに制作されたFlashアニメーションを実写映画化した作品だ。ある七夕の夜に、漫画家を目指す1人の青年と子猫が出会い、そこから10年に渡る交流を描いたハートフルな物語。主演は『BECK』の中村蒼、猫の銀王号の声を声優の坂本真綾が演じる。監督は窪田崇。猫好き必見だ。... [続きを読む]

« 「前橋ヴィジュアル系」 | トップページ | 「処刑剣 14 BLADES」 »