2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」 | トップページ | 「スカイライン-征服-」 »

2011年6月19日 (日)

「孫文の義士団」

Sonbun かつての香港映画、特にカンフー物はバトルがメインであり、そこに至るまでの理由は、師匠や親や恋人などが殺されてその敵討ち…など、正直、もっともらしい理由があれば何でもOKなのである。
 さすがに、最近は少し工夫をしている。
 この映画は、日本から来た孫文が中国各地の同士たちと武装蜂起へ向けた協議をする会談が終わるまでの1時間を500人の暗殺団相手に戦い抜く義士団の話だ。
 さすがに21世紀にもなって親の敵討ちのため修行して倒すという話展開はないと思ったが、これは理由付のハッタリが歴史的壮大さがあって面白い。
 もちろん、孫文がどうなるかは歴史的事実から死ぬわけはないのだが、それよりもいかに守るか?と義士団のそれぞれのエピソードがメインとなっていく。
 大変面白い!
 歴史的背景があるため、正義対悪の図式ではなく、それぞれに大義があるので単純ではないのも良し。
 一番迫力があったのはドニー・イェンの戦いかなあ。
 監督は「アクシデンタル・スパイ」のテディ・チャン。
 500人の暗殺団と戦っているはずなのだけど、そこまでの人数は感じなかった。
 ひょっとしてこれは宣伝コピー?
 

   参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」 | トップページ | 「スカイライン-征服-」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/51980194

この記事へのトラックバック一覧です: 「孫文の義士団」:

» 「孫文の義士団」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 20世紀初頭、後に清朝を打倒し、共和制国家を樹立させる「辛亥革命」の先導者となる革命家・孫文を暗殺から護るべく、命がけで戦った名もなき義士達の姿を描く大河アクションストーリー。  シンプルに評する。凄い!これは面白い!!久しぶりに中華大陸の底力を見た。... [続きを読む]

» 孫文の義士団 [だらだら無気力ブログ]
ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェーはじめアジアを代表する 豪華スターの競演で贈るサスペンス・アクション。 辛亥革命前夜の香港を舞台に、王朝打倒を掲げる革命家“孫文”を守るため、 西太后が仕向ける500人の暗殺団に立ち向かう名もなき義士たちの活躍…... [続きを読む]

» 「孫文の義士団」 いわば中国の幕末もの [はらやんの映画徒然草]
辛亥革命の指導者となる孫文。 彼が香港を訪れることを知った清朝は暗殺者を送り込む [続きを読む]

« 「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」 | トップページ | 「スカイライン-征服-」 »