2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アバター」(2011) | トップページ | 「処刑教室」(2008) »

2011年5月10日 (火)

「アンノウン」

Unknown  これも「アバター」と同じで、同名タイトルの映画があってややこしい。
 さらに、日本人の場合、アンノウン=仮面ライダーの敵と思っている人が多いに違いない。
 学会に出席するため、妻とベルリンに来たマーティン・ハリス博士は、、ホテルへ着いた時に忘れ物をしたころがわかったので、タクシーで空港へと引き返すことにしたのだが、途中で事故に遭って4日間意識不明になってしまう。
 目を覚まして、とりあえず学会の開かれるホテルに戻ったら、マーティンの妻は彼を知らないといい、さらには、マーティンを名乗る人物まで登場する。
 身分を証明するものがないマーティンは、事故当時のタクシー運転手と元秘密警察の老人に協力してもらい、真実究明に乗り出す…。

 この映画ほど情報を入れていくとつまらないものはないと思う。
 もうオチを知ってしまったら観る必要もないかもしれない。
 本当の意味での自分探しである。
 よくよく考えてみたらツッコミ所はあるのだが、テンポよく話が進んでいくので観ている時は気にならない。
 真実は色々な意味で、え~って感じだが、意外であることは間違いはない。
 主演が「96時間」で最強親父の地位を確立したリーアム・ニーソンなので、期待をしていたら、本当に期待を裏切らない展開だった。
 この人、スティーヴン・セガール路線を行きそうな予感。
 共演は「イングロリアス・バスターズ」のダイアン・クルーガーは真剣美人だった。
 監督は「エスター」のジャウマ・コレット=セラ。
 「96時間」のプロローグとして考えると、面白さは倍増しそう。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「アバター」(2011) | トップページ | 「処刑教室」(2008) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/51627703

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンノウン」:

» アンノウン [だらだら無気力ブログ]
「96時間」のリーアム・ニーソン主演で放つ驚愕のアクション・ サスペンス。交通事故から生還後、妻は自分を忘れ見知らぬ他人に自分の 名を騙られるという不可解な状況に陥った男が、身の危険をかいくぐり ながらその謎の真相に迫るさまをスリリングに描き出す。 共演…... [続きを読む]

» No.264 アンノウン [気ままな映画生活]
【ストーリー】 「96時間」のリーアム・ニーソン主演によるアクションスリラー。医学博士のマーティン・ハリス(ニーソン)は若い妻とともに学会に出席するためベルリンへと赴くが ... [続きを読む]

« 「アバター」(2011) | トップページ | 「処刑教室」(2008) »