2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ショージとタカオ」 | トップページ | 「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」 »

2011年5月26日 (木)

「冷たい熱帯魚」

Tsumetainettaigyo  「愛のむきだし」は上映時間が4時間近くあるが、最後まで飽きさせない。
 そして「冷たい熱帯魚」も上映時間こそ「愛のむきだし」より短いものの、負けず劣らずのハイテンションで最後まで進んでいく。
 小さな熱帯魚屋を営む男が、極悪非道な男に巻き込まれ後戻りできないところまで追い詰められていく姿を描いている。
 とにかく、極悪非道で罪悪感が全くない男をえんじるでんでんが素晴らしく、この男の口八丁な言葉が、観ている自分でさえも、主人公同様に取り込まれていく怖さがある。
 でんでんのハイテンションな演技に比べ、静かな演技の吹越満とのバランスも良い。
 一方ではエロいシーンも徹底しており、これだけアダルトDVDが蔓延している現在に映画のエロなんてしれているのだが、この映画は別格!
 とにかく生々しいエロがあふれており、特に神楽坂恵(B92-W58-H87)は普通に服着ていてもエロいのに、裸であの豊満すぎるくらい豊満な胸を惜し気もなくさらして揉まれていたら、ちょっと普通の男性は抵抗しがたいものがある。
もうこれだけでもいいかなと思っているのに、さらに猟奇的な事件が展開しており、観ている間は緊張感が途切れることがない。
 それでいて、どこか滲み出るようなブラックな笑いがあるのだ。
 下手なアクション映画よりも興奮する。
 さらに実際の埼玉愛犬家殺人事件をベースにしていることを知るとホラーよりも怖さを感じてしまうことは言うまでもない。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ショージとタカオ」 | トップページ | 「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/51770083

この記事へのトラックバック一覧です: 「冷たい熱帯魚」:

« 「ショージとタカオ」 | トップページ | 「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」 »