2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「処刑教室」(2008) | トップページ | 「ブラック・スワン」 »

2011年5月12日 (木)

「星を追う子ども」

Hoshiwooukodomo  「ほしのこえ」、「雲のむこう、約束の場所」、「秒速5センチメートル」の新海誠監督の最新作。

 田舎に住む少女・アスナは父親とは死に別れ、母親はナースで家にはほとんどいない。
 孤独な彼女の楽しみは、父親の形見の鉱石ラジオから流れる不思議な音楽を聞くことだ。
 ある日彼女は、地下世界アガルタから来たという少年シュンと出会うが、後日彼は行方不明になってしまう。
 もう一度シュンに会いたいと願うアスナの前に、シュンと瓜二つの少年シンが現れる。
 さらには亡き妻に会うためにアガルタを探すアスナの学校の教師モリサキをも巻き込んで、冒険の旅が始まる…。

 もう随分昔、東京で映画ファンが集まって飲み会をした時に新海誠監督の話題になって、最初は映画について話していたが、途中から彼の映画のあまりにも青臭い話内容から、彼は童貞ではないかという話題に移行。
 酒で酔っていたとはいえ、そんな話題で1時間以上盛り上がっているのは真剣頭悪いと思うが、そんな話が出るのも、彼の作品があまりにもピュアというか、こっ恥ずかしいものがあるからだった。
 しかし、「星を追う子ども」は彼の作劇が裏目に出てしまったとしか思えない。
 今までしこしこと自分の世界観でアニメを作っていた人が、当然大作を任されて、勢いこんで挑んだら宮崎駿の映画を劣化コピーして混ぜ合わせて一本にしたようなものを作ってしまった~という感じかなあ。
 色々盛り込んでいるのに、何故かうまくいっていないのだ。
 絶対に面白くなりそうなのに。
 例えていうなら材料はいいのに、料理方法が良くないみたいかなあ。
 話は中学生がノートに書いている小説みたいな感じで、同じ話でも演出でもうちょっと何とかなりそうなのだが、あのこっ恥ずかしい展開こそ持ち味なんだろうなあ。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

 

« 「処刑教室」(2008) | トップページ | 「ブラック・スワン」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/51646678

この記事へのトラックバック一覧です: 「星を追う子ども」:

» 星を追う子ども [LOVE Cinemas 調布]
『ほしのこえ』、『秒速5センチメートル』深海誠監督最新作。父親を亡くした孤独な少女が、ひょんなことから足を踏み入れることになった地下世界・アガルタを冒険するファンタジー・アドベンチャーだ。美しいアガルタの世界とと神話的なキャラクターが壮大な世界観を醸しだす。... [続きを読む]

« 「処刑教室」(2008) | トップページ | 「ブラック・スワン」 »