2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「八日目の蝉」 | トップページ | 「アバター」(2011) »

2011年5月 8日 (日)

「岳 -ガク-」

Gaku  ビッグコミックオリジナルに連載している石塚真一の漫画の映画化。
 最近、漫画の実写化は多いが、変に固定ファンや絵のファンがいてイメージと違うともめるより、青年誌の当たり障りない絵でそれなりに面白い漫画の方が話も膨らむし映画化がしやすいかも。
 中学時代の同級生のお兄さんがヒマラヤに登って行方不明になって今だに発見されていない。
 そのため、しばらくは山に行くのはやめていたが、数年前に登山をやろうと決意!
 しかし、思った以上に費用がかかるのと、体力と装備のバランスで登れる山が決まってしまうことがわかり、現在の体力だとハイキングコースが一杯一杯であることがわかった。
 今からトレーニングしても、大した山に登れるわけもなく、装備を揃えても無駄になりそうなのでやめた。
 せめて映画の中だけでも高い山に登る気分を味わいたい。
 その意味では、この映画はうってつけだ。
 話は 北アルプス山系を舞台に、山が好きで好きで山岳救助隊のボランティアをしている男・島崎三歩と、北部警察署山岳救助隊に配属された新人巡査の椎名久美の交流を中心に、山に来る人との交流や、遭難事故の怖さ、それらに立ち向かう人達の様子を描いている。
 予告編は安っぽいのだが、本編はそれなりに面白く、原作漫画のエピソードをうまくまとめている。
 主演は小栗旬と長澤まさみ(B83.5-W57-H82.5)。
 長澤まさみは、知名度も人気もあって、東宝の御姫様なのに、出演する映画の興行成績が良くない。
 さらに、最近は同じようなキャラの綾瀬はるか(B88-W61-H91)に追い上げられ、さらには見た目も劣化している。
 この映画を観て、初期型長澤まさみは、もういなくなったことを痛感した。
 監督は片山修。
 原作はまだまだ話があるので、シリーズ化もできそう

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「八日目の蝉」 | トップページ | 「アバター」(2011) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/51608570

この記事へのトラックバック一覧です: 「岳 -ガク-」:

» 岳 -ガク- [LOVE Cinemas 調布]
石塚真一の人気コミック「岳 みんなの山」実写映画化。山岳救助ボランティアの主人公とヒロインの新人山岳救助隊員を中心に、日本アルプスで起こる事故に立ち向かう姿を描く。主演は「クローズZERO」シリーズの小栗旬と共演に『曲がれ!スプーン』の長澤まさみ。共演に『大奥』の佐々木蔵之介、『リアル鬼ごっこ』の石田卓也、市毛良枝。監督は『ヒートアイランド』の片山修。... [続きを読む]

» 岳 -ガク- [だらだら無気力ブログ]
人気コミック「岳 みんなの山」を原作に、山岳遭難救助をリアルに描いた 山岳ドラマ。高度な山岳技術を持ち、山の恐ろしさを知る主人公には原作を 愛読していたという小栗旬がふんし、高所恐怖症にもかかわらず氷壁登りや 懸垂下降に挑む。ヒロインの新人救助隊員を、小…... [続きを読む]

» 映画「岳-ガク-」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「岳-ガク-」観に行ってきました。 小学館発行の漫画雑誌「ビッグコミックオリジナル」で連載中の石塚真一原作漫画「岳 みんなの山」をベースとする、山岳救助にスポットを当てた小栗旬&長澤まさみ主演の映画作品です。 同じく遭難者の救助活動をテーマにしつつも、舞台が海である「海猿」シリーズとは対極に位置... [続きを読む]

» 岳 -ガク- [as soon as]
これ久美ちゃん主役じゃね? 念願の「岳」を観た 初日のレイト なかなか入っている 客層は若いおねーさんから還暦すぎた方まで わたしはちなみに、 原作ファン層、山みたい層です 観る前...... [続きを読む]

» 岳 −ガク− 小栗旬がSuperかっちょいい! [労組書記長社労士のブログ]
【=22 -6-】 子供の頃、母はニュースで登山事故の悲報に接するたびに、まだ幼い自分たちに「山行って死んできたら殺すで。」といつも言い聞かせていた。 きっとそのせいだ、自分が海に向かうのは「山は危険だ、母に殺される」と潜在意識に刷り込まれているからだ。  ...... [続きを読む]

» 『岳 -ガク-』が示した落としどころは? [映画のブログ]
 レスキュー物とでも呼べば良いか。  災害・遭難現場での救助活動は、手に汗握る展開にしやすいことから、これまで多くの作品が作られてきた。  代表例は、古くは『タワーリング・インフェルノ』(1974...... [続きを読む]

» 映画「岳 -ガク-」 [FREE TIME]
映画「岳 -ガク-」を鑑賞。 [続きを読む]

» 岳 -ガク- [風に吹かれて]
山に捨ててはいけないもの 公式サイト http://www.gaku-movie.jpコミックの映画化山岳救助隊に配属されたばかりの椎名久美(長澤まさみ)は、山岳救助ボランティアの島崎三歩(小栗旬)と [続きを読む]

» 「岳 -ガク-」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 石塚真一原作の人気コミック(小学館ビッグコミックオリジナル連載)を、小栗旬、長澤まさみのW主演で映画化。  世界の名峰を制覇し、「山そのもの」と称される山岳救助ボランティア・島崎三歩と、北部警察署の新人山岳遭難救助隊員・椎名久美の、山に携わる人々との交流、... [続きを読む]

» 「岳 -ガク-」 自分の無力さに立ち向かう勇気 [はらやんの映画徒然草]
レスキュー隊員や、消防士、自衛隊、もちろん山岳救助隊の方々は凄い。 なぜなら人の [続きを読む]

» 岳-ガク- [WEBLOG:e97h0017]
(C)2011 「岳-ガク-」製作委員会 (C)2005 石塚真一/小学館『 岳-ガク- 』( 2011年 東宝 125分 )監督:片山修 脚本:吉田智子 主演:小栗旬、長澤まさみ          Official ▼ / Wikipedia ▼ / Kinejun ▼          (P)岳-ガク-いかにもテレビのディレクターが撮った映画という感じの作品です。不特定多数の視聴者を想定しているテレビドラマがもっとも注力しなければならないことは「わかりやすさ」ですが、映画というものは必ずしも「わ... [続きを読む]

» 岳 -ガク- [いやいやえん]
原作漫画は存在を知ってたくらい。山岳救助隊員の話なのですね。 人一倍山を愛す小栗旬演じる島崎三歩のもとに、新人隊員の椎名久美(長澤まさみ)がやってくる。彼女は懸命に過酷な訓練を乗り越え成長していくが、実際の救援者を助けることが出来ないでいた。そんな折、猛吹雪の冬山で多重遭難が発生し…というストーリー。 まず、救助隊員って大変なんだろうなあ…と普通に思ってしまいました。実際猛吹雪の中、救助を待つ人を助けるために危険の中へわざわざ飛び込むわけですから、命がけですよね。 自然の機微に真摯に向... [続きを読む]

» 岳-ガク-(2011-034) [単館系]
石塚真一の人気コミック「岳 みんなの山」実写映画化。 Twitterのフロワーさんに実際山登りが趣味だというひと兼映画関係のお仕事を している人のツイートによれば突っ込みどころ満載だそうですがストーリ...... [続きを読む]

» No.295 岳 -ガク- [気ままな映画生活]
山を知り尽くした山岳救助ボランティアの島崎三歩が暮らす山に、新人救助隊員の椎名久美がやってくる。久美は三歩の指導の下、着実に成長していくが、自身の未熟さや厳しい自然の ... [続きを読む]

« 「八日目の蝉」 | トップページ | 「アバター」(2011) »