2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ザ・ライト -エクソシストの真実-」 | トップページ | 「キュレーター、ジョンフンさんの恋愛日記」 »

2011年4月12日 (火)

「幸せの始まりは」

Shiawasenohajimari  十代や二十代の初めの時は、体力に自信があるから病院に行かないとか、フリーターで十分食べていけるとか、将来なんか考えないとか、息巻いているのだが、3体力は落ちてくるし、正社員が仕事内容があまり変わらないのに簡単に昇給していくに比べて、アルバイトの時給が10円上がるのにどれくらい難しいか等がヒシヒシと感じられてしまう。
 さらには自分よりも両親の方が弱ってくるということを若い時は忘れている。
 しかし、そんなことを気づくのは30歳位なのだ。
 この映画のヒロインも正にそうだ。
 ソフトボールに全てを捧げてきたリサは、31歳の時にクビになってしまう。
 当然これからの将来に不安になってしまう。
 彼女はボーイフレンドのメジャー・リーガー、マティと彼の豪華なマンションで同棲していたが、脳天気でプレ イボーイのマティが本当に自分を愛しているのかハッキリしない。
 一方、たまたま知り合ったジョージは青年実業家なのだが、そうは思えないダメっぷりで、さらには彼の父と共同経営する貿易会社に国税庁のガサ入れが入って、父の代わりに収監されそうになっている。
 どちらの男も一長一短、自分の人生の行く末に悩むリサの明日はどっちだ!!!
 と、こういう話で、よくありがちなハリウッドのロマコメ程能天気でもなく、大人のワビサビが入っているのが良い。
 男子の30歳も大変だが、女子はもっと切実なものがあり、そこをうまく描いていると思う。
 正直、この映画の面白さがわかるのは、十代や二十代の前半ではちょっと無理だな。
 監督は「恋愛小説家」のジェームズ・L・ブルックス。
 出演はリース・ウィザースプーン、オーウェン・ ウィルソン、ポール・ラッド。
 でも一番美味しいとこを持っていくのはジャック・ニコルソなんだよね。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

 

« 「ザ・ライト -エクソシストの真実-」 | トップページ | 「キュレーター、ジョンフンさんの恋愛日記」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/51366021

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸せの始まりは」:

» 幸せの始まりは [LOVE Cinemas 調布]
オスカー女優リース・ウィザスプーン、『エネミー・ライン』のオーウェン・ウィルソン、そして3度のオスカー獲得のジャック・ニコルソンといった実力派が揃ったラブ・コメディ。30歳を越えてソフトボールの全米代表選手から外された主人公が、その後の生き方を模索する中で出会った2人の男性の間で揺れ動く様を描く。監督はジェームズ・L・ブルックス。... [続きを読む]

« 「ザ・ライト -エクソシストの真実-」 | トップページ | 「キュレーター、ジョンフンさんの恋愛日記」 »