2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「トリコ 3D 開幕!グルメアドベンチャー!!」 | トップページ | 「ホームカミング」 »

2011年3月24日 (木)

「ソウル・キッチン」

Soulkitchen  ハンブルクにある大衆レストラン“ソウル・キッチン”の若きオーナー兼料理人のジノス。
 店は味にこだわらない常連客だけで、決して儲かっているとは言えない。
 私生活でのジノスは、恋人が仕事で上海に赴任してしまいスカイプで話すだけ。
 さらに突然のギックリ腰で日常生活もままならぬ状態だ。
 服役していた兄のイリアスが仮出所し、レストランの従業員として形式上働かせるハメになる。
 そんなところへ、税務署が、滞納していた税金を徴収しにきたり、衛生局からは厨房を改善しないと業務停止するとの警告を受ける。
 もう恋人のいる上海に行こうかなあと思っていると、休業中の店で従業員がバンドのライブリハーサルを始めると演奏を目当てに人が集まってくる。
 高級レストランをクビになったところをスカウトしたシェフの料理も次第に評判になり、店は繁盛していくのだが…。

 何か物凄い事件が起こっているように思えるが、実は一般に生活していれば大なり小なり似たようなことが発生している。
 実はこの映画の最大の面白さは日常レヴェルの悲喜こもごもを、ユーモアを交えて淡々と描いていることだろう。
 主人公は当然ジノスなのだが、その周りの人々もきっちり描いている。
 群衆劇でもあるのだ。
 出演は、アダム・ボウスドウコス、モーリッツ・ブライプトロイ、ビロル・ユーネル、 モニカ・ブライプトロイ、ウド・キア…う~ん言われても全くわからない。
 監督:ファティ・アキン…当然、わからない。
 調べたらドイツ人らしい。
 自分の中で知っているドイツ人ってクラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐くらいなんだよね。

  参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「トリコ 3D 開幕!グルメアドベンチャー!!」 | トップページ | 「ホームカミング」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/51201204

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソウル・キッチン」:

» [映画][2011年]ソウル・キッチン(監督ファティ・アキン) [タニプロダクション]
最近ずっと考えてたけど、ブログを更新するのをしばらくお休みすることに。 なぜかよくわからないけど、何か書こうとしたりするたびに、自分自身に鏡を向けたような感覚になって、書く前にあれこれ変に考えこんで躊躇うことが増えてしまった。 映画の感想に関しても、だんだ... [続きを読む]

« 「トリコ 3D 開幕!グルメアドベンチャー!!」 | トップページ | 「ホームカミング」 »