2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「悪魔を見た」 | トップページ | 「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」 »

2011年3月 6日 (日)

「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~」

Doraemon31  人気が安定しているシリーズ物だが、作る方は相当厳しいと思う。
 何しろシリーズのお約束を守り、新しく話展開を作らなくてはならない。
 ましてや、リメイクはかなり辛い。
 当然オリジナルが傑作だからリメイクとなるわけで、頑張ったところで、思い入れが強い分オリジナルの方がいいよねと言われる可能性は大きい。
 劇場版ドラえもん通算31作目は「のび太と鉄人兵団」のリメイクだ。
 オリジナルが1986年公開なので、当時の子供が大人になって結婚して生まれた子供を連れてくることも想定される。
 長いシリーズはそういう狙いもできることができるのが強みだ。

 ある日、のび太の家の庭に空から巨大ロボットの部品が降ってきて、組み立てて完成させるが、そこへロボットの持ち主だという不思議な少女リルルが現われる。
 彼女は惑星メカトピアが地球を征服するために送り込んだスパイロボットだった。
 メカトピアの地球進攻まであとわずか。
 のび太達は自分たちだけで阻止しなくてはならない…。
 

 まあ、そんなに期待していなかったとうことを差し引いても、大変面白い!
 正に笑って泣いてという盛り沢山の内容だが、まさか、ドラえもんで本格的巨大ロボットアニメができるとは思わなかった。
 敵であるリルルや、巨大ロボットの頭脳であるヒヨコ型ロボット(になってしまった)ピッポとの友情話が泣ける。
 特にピッポの子供っぽい感情の描き方がうまく、なつかしいものを感じた。
 特に最後は真剣泣けた。
 今回のリメイクはオリジナルのまんま作り直しではなく、ベースは踏まえながらも新しい要素を追加している。
 劇場は子供達が笑う時は大笑いし、それ以外は静かにしていたので、つまらないわけではないと思う。
 子供は正直なので、つまらない時は本当に落ち着きがないことからもわかるだろう。
 ゲスト声優は加藤浩次で、思ったほど悪くなかった。
 福山雅治が演じる福山雅秋には笑った。
 この手のネーミングが藤子イズムだね。
 もちろん、細かいところでツッコミ所はあるのだが、勢いがあるのでOKっつうことで。

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

 

« 「悪魔を見た」 | トップページ | 「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/51047231

この記事へのトラックバック一覧です: 「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~」:

» 映画ドラえもん新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
「アバター」は人類が地球と似た星を探す話だったけど、本作は宇宙人が地球にやってくる。子供向けの映画なのだが、大人でもしっかりと考えて鑑賞することができた。歴史は繰り返すという真理が単純なお話の中に凝縮されていて、人類が存在しない鏡面世界まで見せられては驚... [続きを読む]

» 【ドラえもん 新・鉄人兵団】 [日々のつぶやき]
甥っ子と約束していたドラえもん。 見てきましたー 「スネ夫の持っているロボットが羨ましくて仕方ないのび太。そこに突然現れた丸いボール、それが信号を発信すると巨大ロボットの部品が空から落ちてきた。どうしても組み立てたいのび太は、ドラえもんに頼んで鏡面世... [続きを読む]

» ■映画『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
実は、ドラちゃんは私と同じ誕生日。 だからと言ってすごくドラえもんが好きと言うわけではないですが、やはり昔から知っているキャラクターたちが活躍しているのを見るとホッとしますね。 『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』は、ドラえもんに... [続きを読む]

« 「悪魔を見た」 | トップページ | 「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」 »