2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「海炭市叙景」 | トップページ | 「ヒア アフター」 »

2011年2月19日 (土)

「YOYOCHU SEXと代々木忠の世界」

Yoyochuu  昔はにっかつのロマンポルノが物凄くいやらしいものだと思っていたが、今観ると極めて普通のドラマだったりする。
 おそらくエロビデオ(いや今はエロDVDか)の内容が激しすぎるからかもしれない。
 そして、80年代初頭のAV黎明期以来、数々のヒット作、問題作を作り続けてきたのが代々木忠だ。
 この映画は、彼の波瀾万丈の人生を各界のインタヴューを交えながら振り返るドキュメンタリー。
 彼の人生は日本のポルノ映画→AVの歴史でもあり、ビデオという家電の歴史でもあるのだ。
 松下がビデオデッキを売るために大量に代々木忠のエロビデオを購入して、買った人におまけにつけていた話は、戦略的にありだと思った。
 また愛染恭子(B83-W60-H85)がおそらく現存するエロ女優では最古部類に入ることを改めて実感した。
 まあ彼の催眠系の作品はキワ物として面白かったが実用性はかなり低かったなあ。
 この映画はリアルな世代には正に追体験を感じさせるものがあると思う。
 大変面白い!
 監督は石岡正人。
 代々木監督の助監督だったそうな。
 日本のエロ映像の歴史を知るための教材としても価値あり。
 ナレーションが田口トモロヲって狙いすぎだろ(笑)

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「海炭市叙景」 | トップページ | 「ヒア アフター」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/50908864

この記事へのトラックバック一覧です: 「YOYOCHU SEXと代々木忠の世界」:

« 「海炭市叙景」 | トップページ | 「ヒア アフター」 »