2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「白夜行」 | トップページ | 「洋菓子店コアンドル」 »

2011年2月11日 (金)

「あしたのジョー」

Ashitanojoe  あまりにも有名なボクシング漫画の実写映画化。
 当然、ファンの思い入れは強いし、主演が山下智久なので意味もなく叩かれそうだ。
 一応、実写化はこれが初めてでないんだけどね。
 基本的に漫画やアニメの実写化はそのまま映像化すると「月曜ドラマランド」になってしまう。
 実写化をうまくやっているのが、アメコミの実写化だ。
 そもそもアメコミのヒーローの格好はありえない。
 現実社会にあんな派手派手のコスチュームの格好で歩いていたら、かなり痛い人でしかない。
 だけど、それなりに不自然さを感じさせないのは、コスチュームの理由付けに説得力があるからだ。
 さらには、原作のセリフや名場面の再現は必要だが、必ずしも劣化コピーでなく昇華が必要であることは言うまでもない。
 そして、ドラマやアニメ化が先行している場合は、それらの音楽をどこかに使うことも大切だ。
 最近の日本映画の実写化はトホホなものもあるが、このアメコミ実写化のセオリーを生かして比較的マシになっていると思う。
 この映画も、無茶苦茶ひどいわけでもなく、まあこんな感じかなあというのが正直な感想。
 「ヤマト」の時も思ったが、絶対に思い入れがある分、オリジナルを越えることは不可能なので同人誌的な感覚で観ることが大切なのだ。
 そう考えると、この映画の場合、あの漫画のジョーの髪型を無理して再現しようとしていなかったし、一応有名すぎるオープニングの音楽も使われていたし、原作の有名シーンもとりあえず再現されていた。
 むしろ時代を現在にしていなかったことは評価しても良いと思う。
 話はやっぱり力石との対戦まで。
 おそらく「あしたのジョー」は力石と戦って真っ白の灰になって終わりという勘違いをしている人が多いので、正解だろう。
 当然131分の枠に収めるため、カットされているエピソードも多く、特に一部で人気の豚を使って脱出の話は全く存在していない。
 しかし、一方で白木葉子の設定がちょっと変更されているが、全く意味なし・・・というかよくわかりにくい。
 出演はジョーに山下智久、力石徹役に伊勢谷友介。
 この二人は割合雰囲気を掴んでいたと思う。
 白木葉子役の香里奈(B78-W58-H85)、丹下段平役は香川照之。
 香川はもろコスプレ状態だが、丹下段平はあの格好でないとダメだしね。
 あと倍賞美津子(B89-W60 -H87←「探偵物語」出演時)の無駄遣い状態も注目だ。
 監督は「ICHI」の曽利文彦。
 「あしたのジョー」を実写化したなら、今度は是非とも「巨人の星」の実写化希望だ。

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「白夜行」 | トップページ | 「洋菓子店コアンドル」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/50837663

この記事へのトラックバック一覧です: 「あしたのジョー」:

» あしたのジョー [だらだら無気力ブログ]
TVアニメ化もされ社会現象とも呼べる人気を博した高森朝雄(梶原一騎) 原作、ちばてつや作画の傑作漫画を、主演の矢吹丈役に「クロサギ」の 山下智久を迎えて実写映画化した本格ボクシング映画。 共演は力石徹役に伊勢谷友介、白木葉子役に香里奈、そして丹下段平役に…... [続きを読む]

« 「白夜行」 | トップページ | 「洋菓子店コアンドル」 »