2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« BONNIE PINK 15周年企画 リレー式ショートムービー「フラレラ」 | トップページ | 「ソーシャル・ネットワーク」 »

2011年1月16日 (日)

「僕と妻の1778の物語」

1778  こ、これは真剣つまらない。 

 癌に冒された妻のため1日1編の短編小説を贈る作家の話なのだが、何がダメかって主人公のSF作家の行動が異常!
 夢見がちな想像力豊かな性格なのだが、どう考えても頭のかわいそうな人にしか思えず、不思議ちゃんというより不気味ちゃんの域に突入している。
 そのため、彼がどれだけ妻のために動いていようが、全く共感ができないのだ。
 例えば妻が入院中に病院で原稿を書くのだが、情緒不安定で周りに迷惑かけまくり!
 ところが、物語はそれが正当化されていて、周りの人が彼の行動を理解し協力してくれているのだが、普通に考えたらありえないっちゅうの。
 しかし、それ以前に妻を笑わせるため小説が、ど~考えても面白くないのだ。
 そのため、妻が笑っているシーンが不自然で、抗ガン剤の影響で冷静な判断ができないからかと思ってしまう。
 この映画の本質的にダメなところは説得力が全くないところだろう。
 映画は嘘臭い話でも演出でもっともらしく見せなくてはいけない。
 ところが困ったことに、この映画は全てが裏目に出てしまっているのだ。
 例えば、主人公の想像のイメージ映像は、本来なら物語が平坦にならないよう奥行きを出すためのものなのだが、この映画の場合、浮いてしまい安っぽくなってしまっているのだ。
 難病物はオチも決まっているため、そこに至るまでをいかに感動的に描くかが大切なのだが、はずしまくりなのだ。
 主演の草なぎ剛と竹内結子(B80-W60-H82)は悪くないし、頑張っているんだけどねえ。
 演出のせいか演技が物凄くわざとらしく見えてしまう。
 監督は「笑の大学」の星護。
 後で調べたらドラマの映画化らしいが、これに関しては全くその存在さえも知らなかった。 
 ファンの人には申し訳ないが、自分は観ていて真剣辛く、真剣早く終わってほしいと思っていた。
 だけど上映時間が139分もあるし、また根っから貧乏性で金を払って途中で出る程人間ができていない。
 2009年の「白夜」がかなり辛いものがあったが、この映画もかなり厳しい。
 2011年もまだ1カ月経過していないのに、いきなりワースト当確が出てしまったのは悲しい。

 参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« BONNIE PINK 15周年企画 リレー式ショートムービー「フラレラ」 | トップページ | 「ソーシャル・ネットワーク」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

えっと・・・
この映画は「ドラマの映画化」ではありません。
「実話の映画化」です。
嘘くさいも何も、「実話」です。
もちろん、主人公夫妻の年齢など、かなり変えてる部分もありますし、映画化ですのでもちろん脚色されてますが。
「僕と妻の1778の物語」の公式HPを見て下さい。
私は今日見に行きましたが、すすり泣く人達でいっぱいでした。あっちからもこっちからも。
私も過去一番泣きました。
同行者がいたので、意地でも泣きたくなかったのですが、勝手に涙があふれ出るのでどうしようもなかったです。
ただ、映画前半の、「星護ワールド全開の世界観」は少々困りました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/50597038

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕と妻の1778の物語」:

» 僕と妻の1778の物語 [LOVE Cinemas 調布]
フジテレビ系ドラマの「僕の生きる道」シリーズを手がけたスタッフが、SF作家の眉村卓の原作をベースに映画化。がんに侵された妻と、その妻のために毎日一編の小説を書き続けるSF作家の夫婦愛を描いた感動のヒューマンドラマだ。主演は『黄泉がえり』で共演した草彅剛と竹内結子。監督は『笑の大学』の星護。小説が映像になるファンタジックな演出にも注目だ。... [続きを読む]

» 僕と妻の1778の物語 [だらだら無気力ブログ]
草なぎ剛主演のフジテレビ系TVドラマ『僕の生きる道』シリーズのスタッフ がSF作家眉村卓とガンで亡くなった夫人との間の実話を基に草なぎ剛を 主演に迎えて映画化したヒューマンストーリー。 ガンに冒されて余命1年と宣告された妻のために毎日1篇の小説を書き続け …... [続きを読む]

» 僕と妻の1778の物語 笑えばいいのか泣けばいいのか・・・  [労組書記長社労士のブログ]
【=5 -2-】 年が明けてまだ12日間やのにもう5本も映画を観ている。 こんなペースで見ていたら、この1年間で152本も映画鑑賞することになるやん!←って、ないないヾ( ̄o ̄;)(笑)  SF作家・朔太郎と銀行に勤める妻、節子は、人も羨む仲睦まじい夫婦。朔太郎は一旦小説を...... [続きを読む]

» 『僕と妻の1778の物語』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「僕と妻の1778の物語」□監督 星 護 □脚本 半澤律子□原作 眉村 卓 □キャスト 草? 剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山 泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江、大杉 漣、風吹ジュン■鑑賞日 1月16日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>   今年最初に涙を流したのはこの映画だった 作家・眉村 卓氏と癌で亡くなった悦子夫人との二人の闘病生活がベースとなっているこの作品。 主人公・朔太郎役に草... [続きを読む]

» 『僕と妻の1778の物語』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 僕と妻の1778の物語 』 (2010) 監  督 :星護キャスト :草?剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江、大杉漣、風吹ジュン SF作家である眉村卓と、余...... [続きを読む]

» 『僕と妻の1778の物語』 [cinema-days 映画な日々]
僕と妻の1778の物語 余命1年と宣告された妻の為に 毎日1編ずつ小説を書く夫の物語 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 実話を元にした作品 [続きを読む]

« BONNIE PINK 15周年企画 リレー式ショートムービー「フラレラ」 | トップページ | 「ソーシャル・ネットワーク」 »