2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「信さん・炭坑町のセレナーデ」 | トップページ | 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」 »

2010年12月11日 (土)

「キス&キル」

Kisskill  過保護なお嬢様の結婚した相手は、実は元CIAのスパイで、2000万ドルもの懸賞金が懸けられていたため、必然的に二人は殺し屋に狙われることになる…。

 公開時期的にどうしてもトム・クルーズとキャメロン・ディアスの「ナイト&デイ」と比べられるのは仕方ないとしても、公開が本国では先なのに、日本での公開が後なので、パチモンっぽく見られてしまう不幸な映画。
 だからといってつまらないかといえば、そうでもなく最初のツカミは「ナイト&デイ」より面白かったと思う。
 旦那が元凄腕のスパイであることが、意外に早く妻にわかってしまうのが残念!
 もっと引っ張ることもできたはず!
 後半は近所を含む知り合いが殺し屋という設定は面白いが、設定に無理がありすぎ!(笑)
 しかし、基本がユルユルコメディなので、無粋なことはいうべきではないだろう。
 それよりも家で死んだ男が、帰ってきても死体として転がったままなのには笑った。
 こういう芸の細かいところは好きだな。
 主演は「ベガスの恋に勝つルール」のアシュトン・カッチャーと「幸せになるための27のドレス」キャサリン・ハイグル。
 監督は「キューティ・ブロンド」のロバート・ルケティック。
 ヒロインの父親役でトム・セレックが出ていたのが懐かしかったが、彼が登場した時点で、何かあるなと思わせてしまうのが、ある意味ミスキャストか?
 しかしアメリカの家庭ではサプライズパーティーと称して、人の家に勝手に入られるみたいだが、プロムの次にいやな文化だな。

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「信さん・炭坑町のセレナーデ」 | トップページ | 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/50266223

この記事へのトラックバック一覧です: 「キス&キル」:

» キス&キル [LOVE Cinemas 調布]
平凡な女と、凄腕スパイの男が運命的な出会いして結婚。しかし突然夫に2000万ドルの賞金がかけられて命を狙われるはめに。妻や家族を巻き込んだ大騒動をコミカルに描き出したアクション・ラブコメディーだ。主演は『ベガスの恋に勝つルール』のアシュトン・カッチャーと、『男と女の不都合な真実』のキャサリン・ハイグル。監督は『ラスベガスをぶっつぶせ』のロバート・ルケティック。... [続きを読む]

» キス&キル [だらだら無気力ブログ]
旅行先で運命的な出会いをした男性と幸せな結婚生活を送っていると、 ある日突然、夫が殺し屋から命を狙われてしまい、そこから正体がバレた 夫とその騒動に巻きこまれた妻の逃避行の様をユーモラスに描いたアクション ラブコメディ。 主演は『ベガスの恋に勝つルール』…... [続きを読む]

» 映画「キス&キル」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「キス&キル」観に行ってきました。 元CIAの凄腕スパイと、過保護な両親に育てられたお嬢様によるアクションラブコメディ。 この作品の最初の舞台は南フランスのニース。 それまで付き合っていた男にフラれたか何かで失意に中にあった(らしい)女主人公のジェンは、裕福な両親に連れられ、ニースへ旅行にやって... [続きを読む]

» キス&キル [Movies 1-800]
Killers (2010) 監督:ロバート・ルケティック 出演:アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル、トム・セレック、キャサリン・オハラ 旅先のニースで出会い、結婚した相手が暗殺者だったというアクション・ロマンチック・コメディ。 ポスターや予告編を見ての通り、「Mr & Mrs スミス」と「ナイト&デイ」を足して割ったような内容。 もっとも、本国アメリカでの公開は「ナイト&デイ」より早いので、「トゥルーライズ」&「Mr & Mrs スミス」というのが正しいかもしれない。 面白い映画を参考... [続きを読む]

» 『キス&キル』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「キス&キル」□監督 ロバート・ルケティック □脚本 ボブ・デローサ、テッド・グリフィン □キャスト アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル、トム・セレック、キャサリン・オハラ■鑑賞日 12月12日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 同じようなシチュエーションの映画を最近観たなぁと思ったら・・・、 その映画の2大看板はデカかったものの、やや内容が伴わなかった『ナイト&デイ』じゃあ〜りませんかっ(笑) ... [続きを読む]

» 映画『キス&キル』を観て [KINTYRE’SDIARY]
10-76.キス&キル■原題:Killers■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:101分■字幕:伊原奈津子■鑑賞日:12月4日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,800円□監... [続きを読む]

» 「キス&キル」 渡る世間は敵ばかり [はらやんの映画徒然草]
この手のロマンチック・アクション映画は好きなジャンルだったりします。 最近だと「 [続きを読む]

» キス&キル [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
キス&キル'10:米◆原題:KILLERS/KISS KILL◆監督:ロバート・ルケティック「男と女の不都合な真実」「ラスベガスをぶっつぶせ」◆出演:アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグ ... [続きを読む]

« 「信さん・炭坑町のセレナーデ」 | トップページ | 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」 »